湿気取りマットの人気おすすめランキング!口コミや感想も!

Sponsored Link

布団をフローリングの床に敷いていて、気が付いたら敷布団の裏に黒い斑点やシミがついていたという経験はないでしょうか。その正体は“カビ”です。梅雨の時期や寝汗をかく夏、冬の結露など、が原因で発生します。布団を天日干しできればよいのですが、それをまめに行うのは困難です。

そこでおすすめしたい物が“湿気取りマット”です。年間を通して人気があり、大活躍の湿気取りマットについて、おすすめの売れ筋人気ランキングと共に紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

  【布団のカビの発生と予防】

布団の裏面にある黒い斑点やシミはカビです。カビの主な原因は「寝汗」と「結露」で、布団の質や種類に関係なく、フローリングの床に直接布団を敷いていると発生します。

 

意外に梅雨や汗をかく夏場よりも、「冬の結露」による湿気に注意が必要です。冬は乾燥の季節だと油断しがちですが、室内の結露は最近の住宅環境で多く発生しやすく、特に床がフローリングの場合は湿気の量が多くなります。

 

つまり、年間を通じて湿気が貯まりやすく、カビも発生しやすいのです。

 

最近では、敷き布団だけではなく、マットレスにもカビが発生して悩んでいるという方も多いようです。スプリングが主流だった頃は、通気性が良いので、カビの発生は比較的少なかったのですが、素材が変わったり住所環境が変化したりして、カビが発生しやすい状態になっているのです。

 

また、「カビ対策敷き布団」となっていても、布の加工で通気性が非常に損なわれたものもあり、表面はきれいに見えても、中綿にはカビが発生しているという事もあるようです。

 

*カビが生えてしまったら…。

アレルギー体質の方は買い替えをするしかありません。そしてその様な体質ではなくても寝具店で丸洗いをした方が良いです。つまり、カビが生えてしまったら、自宅で消すという事は不可能と思った方がいいとおもいます。

 

*布団の手入れ

カビの発生を予防するために、どのようなお手入れをしたら良いのでしょうか。

 

その方法は『湿気抜き』に尽きます。

 

天日干しをするのが一番ですが、中々まめにできないのが現状だと思います。花粉や外気の環境(黄砂・PM2.5など)が気になったり、最近の天候の変わりやすさで外に干すのが心配だったり、時間が無かったりと、人により様々です。

 

布団乾燥機や布団専用クリーナーは布団のお手入れには人気があってメジャーなものですが、機械類は手間がかかったり乾燥機能が無かったりするので、効率的に湿気取りができ、かつ扱いやすい物は、湿気取りマットだと思います。

 

 

【湿気取りマット】

湿気取りマットは、床と敷き布団の間に敷く事で布団からの水分を吸収します。

日常的に布団の湿気の蓄積を減らしていくので手間がかからず、非常に人気があります。

また、ほとんどの商品に湿気取りセンサー機能がついているので、それを目安にマットを乾燥させることで繰り返し使用ができ、経済的にも非常におすすめです。

 

注意点

梅雨時期や冬場など湿度が高い日が続く場合は、こまめに吸湿状態を見ていく事が大切です。

湿気取りマットが飽和状態になってしまうと、吸湿効果が低下し、返って布団に良くない状態になってしまいます。

部屋干しや風通しをして行くだけでも全く違いますので、その点は注意して使用してください。

 

【湿気取りマットの人気ランキング】

人気がある湿気取りマットの特徴は以下の通りになります。

 

1.シリカゲルB型を使用し、高い除湿効果がある

シリカゲル:お菓子などによく入っている乾燥剤と同じ成分で、タイプがA型・B型とあり、B型の方が吸湿力は高いです。

 

2.気になる臭いを吸収する優れた消臭力。

アンモニア等体臭の原因になる物質を吸収する作用を持ちます。

 

3.湿気を吸うと色が変わる除湿センサー付き。

吸湿して色が変わったら(約2週間に1回くらい)、2~3時間天日干しをすると、除湿機能が回復して繰り返し使用する事ができます。

 

次に、大手通販サイトによる売り上げの人気ランキングを紹介します。ここで紹介しているものは、口コミや良い感想が多数寄せられています。

 

楽天

3位 西川リビング シリカゲル入りカラッと寝られます

防カビ・吸湿センサー付き 軽量(1.9kg)でコンパクト 天日干し・部屋干しで繰り返し使用可能です。 レビュー★4.5

値段が比較的安いのでリピーターが多く、口コミでのランキングは1位で人気が高い商品です。

 

2位 西川リバーシブルドライウェルプラス

高吸湿・軽量・抗菌・防臭 吸湿センサーあり 手洗い可能(洗っても効果が落ちにくく長持ちする)

*モイスファインEX(高吸放湿性能を持つ指定外繊維で圧倒的な吸湿力と放湿力、消臭機能が高い)を40%使用しています。

センサーの色が変わったら天日干しで繰り返し使用でき、さらにリバーシブルなので両面を使用する事ができます。(マットレスと布団の間に敷くと両方の吸湿が可能です)。レビュー★4.5

感想

“これまで使用してきたマットで一番吸湿が良いと思います”

“畳と布団のカビ臭さが以前より気にならなくなった”

“しっかり除湿し、外で干したらすぐ乾きます”

 

1位 吸湿センサー機能付き除湿シート

除湿・防カビ・消臭 シリカゲルB型使用 豊富なサイズバリエーション(ベビーサイズからファミリーサイズまで8種類)があります。 レビュー★4.0

値段がリーズナブルで扱いやすく、口コミや感想でも圧倒的に人気が高い商品です。

 

アマゾン

3位 宇部マテリアルズ カラッと快眠プラス備長炭除湿シート敷布団用

除湿・消臭を素早く吸収する高性能B型シリカゲルを使用し、さらに、備長炭を使用する事で高消臭力を発揮します。吸湿センサー付き。 備長炭配合不織布なので天日干しの際太陽熱をよく吸収するため、速乾性があり繰り返し使用できます。

レビュー★4.5

 

2位 テイジン さらっと快眠除湿マットベルオアシス

ベルオアシスを20%使用し吸湿性・放湿性が高いです。 吸湿センサー付きで天日干しで繰り返し使用できます。水洗い不可。 レビュー★4.5

感想

“しっかり吸収してくれます”

“カビに悩んでいましたが、おかげで解決しました”

“マットレスの下の結露が無くなり、カビも発生していませんので満足しています”

 

1位 西川リビング シリカゲル入りカラッと寝られます レビュー★4.5

 

 

やはり寝具を扱っている大手メーカーの商品の人気が高いです。

最近ではシリカゲル以外にも“ベルオアシス”や“モイスファインEX”といった指定外繊維が使用されている物も多くあり、吸湿力だけではなく放湿力や消臭力が加わった良品もあります。

値段は商品によって様々ですが、機能と合わせて参考にして頂ければと思います。

 

*気軽に買えるおすすめの除湿シート

もっと気軽に、また実物を見て選びたいという方に、家具量販店で人気が高いおすすめの商品を紹介します。

・ニトリ 洗える除湿シート

シリカゲルB型使用 ネット仕様で洗濯可能 防カビ加工

・ニトリ 除湿シート

シリカゲルB型使用 消臭 防カビ加工 洗濯不可

・カインズホーム 除湿シート 布団・座布団用

押入れの収納の際に使用すると便利。シリカゲルB型使用。不繊布使用

 

*布団屋さんがおすすめの湿気取りマット

布団の専門家が実際に使用してみて(実験的に使用した結果)お勧めとしている商品なので、確実なものだと思います。

・マニフレックス マニシートプラス2

吸湿繊維のアクリレート系繊維を使用。ネット仕様で洗濯機洗いが可能。

・ニュードライウェル

高吸湿効果を持つベルオアシスを35%使用。天日干しで乾燥させる事で繰り返し使用できる。軽量で扱いやすい。水洗い不可。

 

*その他

すのこ状除湿マット

すのこ状なので、これまで紹介してきたマットより厚みがありますが、その分通気性に優れているのが特徴です。フローリングに布団を直に敷いている方には特におすすめします。

 

・帝人 すのこ ダブルインパクト除湿マット100×205cm

ベルオアシス20%使用 重量1.4kg

 

・TEIJIN 防ダニ抗菌防臭+オーミケンシ紀州備長炭すのこ型除湿マットエアジョブR(シングル)

備長炭の使用で高い防臭・吸湿効果を発揮し、布団の湿度を調節し、カラッとした状態に保ちます。さらに備長炭成分が遠赤外線効果で、冬は暖かく夏は放熱効果で涼しく年間と通して快適に過ごせます。伸縮自在なので、省スペースで多用性があります。

 

・TEIJINのマイティトップⅡ

優れた防ダニ効果(ダニ忌避)があり、抗菌作用で細菌の増殖を抑えます。

 

除湿効果付きの敷きパット

特殊素材を使用して、敷きパッドに除湿機能を付加したものです。形状が式パッドで扱いやすく、洗濯機洗いも可能です。1枚で敷きパッドと除湿シートの効果を得る事が出来ます。

・京都西川 吸汗速乾ドライジェット 汗取り敷きパッド

通気性に優れたメッシュ素材を使用。吸汗速乾生地使用で汗をかいてもべたつきにくく、乾きやすいのでサラッとしている。中綿は抗菌防臭綿使用。

 

 

まとめ

今回は、布団の手入れと湿気取りマットの事について紹介してきました。せっかくのお気に入りの布団がカビてしまったら、がっかりです。

最近は様々な機能を持った湿気取りマットが多くあります。値段も機能や素材によって様々ですが、今回の記事を参考に、布団を長持ちさせ、快適に寝られるようにして頂けたらいいと思います。

http://www.e-nemunoki.com/kabitop.htm

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ