ワンピース最終回が意外!今後の展開予想や考察・伏線ネタバレまとめ

Sponsored Link

尾田栄一郎さんの週刊少年ジャンプで1997年から連載されている大人気マンガ『ONE PIECE(ワンピース)』

 

このワンピースは国内のみならずその人気が海外まで渡り、日本を代表するマンガになっていますね!

またワンピースと言えば、読者を驚かせる展開だったり、伏線が天才・尾田栄一郎さんによって多数盛り込まれています!

なので我々読者からすれば「伏線を考察・予想する楽しみ」や「今後の展開はどうなるのだろう?」

といつもワンピースの話が展開されていく度にワクワクしちゃいますよね!

私、自身もいつも「伏線のネタバレ」を調べてしまいます(笑)

 

数々の伏線や考察予想はあるかとは思いますが、あなたが一番気になっているのは『ワンピースの最終回』ではないでしょうか?

数々のマンガの最終回予想の中でワンピースは謎が多い分、一番気になっている方が多いように思えます。

 

なので今回は大胆にも『ワンピースの最終回予想説』の考察・伏線まとめと最終回を予想していこうと思います!!

では本編の方いってみましょう!!

Sponsored Link

ネット上に拡散されている最終回説

 

多くの方が『ワンピースの最終回予想』を考察されていて、そこまでの今後の展開や伏線なども高度なまとめとしてネット上に上がっていますよね!

ワンピースの考察サイトをみると、いつも「すごいな!!どうしてこんな展開予想や考察」ができるんだ!!

と関心するばかり

 

まずここではネット上でよく考察予想されている説をあげてみます

 

・麦わら海賊団の一人一人が各々の夢を叶えて行く

・ロジャーの処刑から始まるワンピースの始まりを連想させ、ルフィもまた処 刑されあらたな時代が幕開けする

・ルフィがまた誰かに麦わら帽子を託す

・ウソップが今までの冒険を子供達に語る

・シャンクスvsルフィの戦いの前で終わる

・ルフィ(海賊王)vsコビー(海軍大将)

 

こんなところでしょうか。

上記の内容はかなり最終回のパターンとして有力候補として挙げられていますね。

まず尾田栄一郎さんの考えからして、バッドエンドのストーリーは描く事はないのでハッピーエンドということは間違いないです。

また天才・尾田栄一郎さんですから現時点で噂されている最終回は目に通されていると思いますし、「最終回は決まっています」という発言がありましたが、この考察以上の展開にしてくることは間違いないでしょう。

 

そこでここでは尾田栄一郎さんの思考・ワンピースの物語の原点から最終回を予想して見ようと思います。

 

尾田栄一郎と鳥山明の関係

 

尾田栄一郎さんが漫画家を目指していたころ鳥山明さんが描いた『ドラゴンボール』に非常に影響を受けたということを公言しています。

尾田さんが絶賛していたのは「鳥山明さんの画の上手さ」「読者をワクワクさせる演出」

そしてまたワンピースを描くにあたってこうも言っています。
「もう一度今の少年たちにジャンプの発売日が待ち遠しくなるワクワク感を与えたい」

 

つまり尾田さんがワンピースを描く理由は

「自分が鳥山明さんのドラゴンボールで感動したように、今度は自分が子供達を感動させワクワクさせたい」

ただ一心にこれを貫き、描き続けてきたのがワンピースと言えます。

これこそ尾田栄一郎さんが考えるワンピースの原点なんですね。

 

本当の最終回はない!?

 

私が考えるワンピースの最終回は「ない」です。

尾田さんがワンピースを描く理由は先ほどお話しました。

ワンピース=いつまでもワクワクを与え続ける作品にすることです。

その意味でも『ひとつなぎ』なのではないでしょうか?

ワンピースを通して、「ひと」と「ひと」がつながり、「ひとつながり」になる

尾田さんがワンピースに込めた裏設定としてもとれますね。

 

ネット上で考察予想されている「ワンピース最終回」はありうる展開ですし、この結末になる可能性もなきにしもあらずでしょう。

しかし、これは今までルフィが冒険を重ねてきた結果であり、ワンピース物語自体の最終回としてはなりえないと考えます。

また同じくしてドラゴンボールの本当の最終回は描かれておらず、今も新作として登場して子供たちにワクワクを与えています。

 

最終回がないのならば・・・?

 

ではワンピースの本当の終わりがないのならば、どうなるの!?

って感じですが、現在連載されているワンピースの最終回は次期作品の伏線になるのか?

と考えてみました。

(ドラゴンボールでいうドラゴンボールGTですね。反響が多かった作品でもあり、時間軸もことなり一番は鳥山さんが描きたくなかった展開である作品としても有名ですよね)
>>ワンピースからもこのGTのようなスピンオフ的な作品が生まれるのか?

私が考えるに『微妙・・』って感じですね。

事実、GTでは悟空が亡くなったシーンも描かれ、その100年後の天下一武道会まで描かれており、一種の最終回とアフターストリーとなっています。

 

当時、このGT放映終了後の反響が大きく、誰もが「消化不良」で終わりました。

そして2015年7月は魔人ブウ編からGTまでの間の時間軸で新たに描かれる新作ストーリーが放送されています。

 

尾田さんはまずこのようには描かないでしょうね。

ルフィが亡くなるシーンやキャラの100年後の姿を描きたくないのではないかと思ったのです。

これらの描写はいつまでもワクワク感というワンピースの原点とは異なり、「終わり」を感じさせるからです。

 

 

↓皆さんの考察予想を受付中!!↓

関連記事:ワンピースひとつなぎの大秘宝の正体が意外!ネタバレ考察予想!

 

 

抽象的な最終回が理想

 

今後の展開からして、最終回に向けて物語が進んで行っていることは確実ですし、そのための伏線も次々出現し、また少しずつ回収もされています。

しかし、本作品最大の伏線は最終回に貼られるのではないか?

ということですね。

全部伏線が回収されてハッピーエンドことにはならず、謎を残したまま最終回をむかえるのが妥当ではないかということですね。

 

そして本編最大の伏線、「最終回そして、麦わら海賊団のそれから」でしょう。

これは今後アフターストーリーで描かれるかどうかは分かりませんが、最終回以降の特別編や映画化となった場合、やはりドラゴンボールのように、麦わら海賊団が航海中のエピソードが描かれると思われます。

 

本当の意味での『ワンピースの最終回』は尾田栄一郎さんの頭の中でしか分からない事なので、それこそワクワクですよね!

今後のワンピースの展開を楽しみに待ちましょう。

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “ワンピース最終回が意外!今後の展開予想や考察・伏線ネタバレまとめ”

  1. わんこ より:

    ワンピースを書いてる理由に

    子供たちを感動させワクワクさせたい

    とありましたが
    ゴールドのインタビューで

    ワンピースを書いてる、書き始めた理由は

    昔見たアニメか漫画(どちらか忘れましたすみません)にあったのか、子供の自分が勝手に追加したシーンかは分からないが、航海に出るシーンが印象的だった、だから海賊の話を書きたかった そして、ワンピースは 子どもが納得できる話 をコンセプトに書いている
    と話してましたよ。

  2. 波のゆくさき より:

    最後はマキノの子どもに帽子をわたしてまた冒険を続ける感じ

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ