[ワンピース]七武海の強い順ランキング!最強の能力を持つのは誰?

Sponsored Link

今回は王下七武海の強さについて考察をしたいと思います。

七武海と一口に言っても元を入れれば10人を超えますので、今回は新旧織り交ぜて強さランキングを作成したいと思います。

Sponsored Link

まずは七武海の構成メンバーですが、以下のようになります。

現七武海

・ミホーク、くま、ハンコック、バギー、ウィーブル

元七武海

・クロコダイル、ドフラミンゴ、モリア、ジンベエ、黒ひげ、ロー

以上の11人になりますが、このメンバーを1~11位まで1対1の正面戦闘というシチュエーションで順位付けしたいと思います。順位付けの基準は今までの作中描写から決めていきたいと思いますので理由ともども良かったら読んでみてください。

 

「七武海の強い順ランキング11位→8位」

 

11位 バギー

10位 サー・クロコダイル

9位 ジンベエ

8位 トラファルガー・ロー

 

11位 バギーは説明の必要もないと思いますが、彼自身の戦闘能力はおそらくベラミーよりも下だと思われます。

しかし彼の持つ能力は侮れず、その能力によって集められた部下達の力は強大です。

一言で言えば悪運とカリスマ性、ウソップをより凶悪にしたような人物がバギーということですね。ですが単体の能力は本当に低いので、11位というのは覆りません。

 

10位 サー・クロコダイルは自分でも意外でしたが、考え始めると彼が他の七武海に勝つ確率がかなり低くなるのです。

というのも能力の相性が悪く、彼の持つスナスナの実の力ではあまり勝ち目がありません。

策謀を張り巡らせば勝ち目も見えてきますが、あくまでも今回は1対1の正面戦闘というシチュエーションですので10位になりました。

それに彼の持ち味は戦闘能力ではなく、その頭脳に真価があると思っていますので10位だから他の海賊に劣るということでもありません。

 

9位 ジンベエは作中描写が少ないことも理由の一つですが、彼の能力で明かされているのは今のところ魚人空手・柔術とサメを呼ぶの2つです。

この能力では砂であるクロコダイルには勝てても絡め手の多い他のメンバーとは相性が悪いでしょう。

もちろん他の能力を持っているかもしれませんし、戦場が海なら彼に勝てる人物を探す方が難しいでしょう。

先ほどのクロコダイルも砂場なら彼の方が有利ですし、このレベルになると地形次第でも勝敗は大きく変わりそうです。

 

8位 トラファルガー・ローはかなり強い能力を持っていて、ほとんどの場合負けないと思います。

しかし戦闘経験が他の七武海に比べて劣る彼はやはり残りのメンバーの厄介な能力に惑わされ体力的に勝てないのではないかと推測いたしました。

彼のオペオペの実はある意味最強といってもいい能力ですが、円の外からの攻撃には少々弱いように感じます。

残りのメンバーは遠距離攻撃も含め穴を突いてくるように思えますので8位になりました。

 

「七武海の強い順ランキング7位→4位」

 

7位 ゲッコー・モリア

6位 ボア・ハンコック

5位 ドンキホーテ・ドフラミンゴ

4位 バーソロミュー・くま

 

7位 ゲッコー・モリアは仲間がいてこそ真価を発揮できる人物ですが、彼の場合単純な戦闘力でも実は他を圧倒しています。

その証拠に彼の一撃はリトルオーズに多大なダメージを与えていますし、影という特性上避けるのも難しいのです。

しかも彼の場合一撃でも食らわせ怯ませてしまえば影を切るという荒業が使えます。

これはローの心臓を奪うと並ぶ最強の攻撃だと思いますが、いかんせんリーチが短いです。ロー相手なら手数でどうにかなると思うのですが、上位陣には通用しないでしょう。

 

6位 ボア・ハンコックは男ならほとんどの場合無敵だと思われます。

しかしルフィのような一部の変わり者やモモンガ中将のような歴戦の強者には効きません。

ですがそれ以上に彼女の強さはその覇気を操る能力の方にあると思われます。

正直あの時のルフィが本気でハンコックと戦っていればハンコックが余裕で勝っていたでしょうし、今現在でもルフィのためにより強く美しくなるよう努力を重ねているはずです。

単純に覇気の強さで彼女は他の七武海を上回っているように感じましたので6位にしました。

 

5位 ドンキホーテ・ドフラミンゴは悪魔の実の次のステージ覚醒に辿り着いた強者です。多

彩な技を持ち、ルフィの攻撃にも耐えうる頑強な肉体も持っています。

またその頭脳は凶悪で人を人と思わない作戦を次々に実行していました。しかしそんな彼でも真正面からの圧倒的な攻撃力の前では敗れ去る、それはルフィが証明してくれました。絡め手なら1番だと思いますが、総合的な戦闘能力ではこの順位だと思います。

 

4位 バーソロミュー・くまはワンピースきっての天才Dr.ベガパンクが改造手術を施した人間兵器です。

改造前ならこんなに強いとは思わないのですが、ニキュニキュの実の能力を始めとした多彩な技、圧倒的な攻撃力を秘めた彼は1人でバスターコール並みの戦力だと思われます。

今後しっかりとした描写もあるでしょうが、その時にはもしかすると四皇とも戦えるほどの力を手に入れているかもしれませんね。

 

「七武海の強い順ランキング3位→1位」

 

3位 エドワード・ウィーブル

2位 ジュラキュール・ミホーク

1位 マーシャル・D・ティーチ

 

3位 エドワード・ウィーブルは白ひげの息子という触れ込みで登場しましたが、今のところ戦闘力以外ではそのようには見えません。

ワンピースにおいて白ひげといえば一時代を築いた海賊ですし、ロジャーと互角に渡り合えた海賊唯一の生き残りです。そんな彼の息子であるならばあんなに頭が悪そうに描くでしょうかと疑問に思います。

しかしその戦闘力が並外れていることは確かで、白ひげ傘下の海賊団の船長を16人も打倒しています。黄猿すら若い頃の白ひげのように強いと認める実力者ですから、3位は妥当といえます。

 

2位 ジュラキュール・ミホークは言わずと知れた世界最強の剣士です。

シャンクスのライバルであり、ゾロの師匠でもある彼は現七武海最強といえるでしょう。

最近ではペローナや動物達と仲睦まじく暮らしている様子を見せていましたが、その強さは折り紙付きです。

少なくとも腕を失う前のシャンクスと互角だったという時点で四皇に勝らずとも劣らない実力の持ち主であることは明白です。

 

1位 マーシャル・D・ティーチは四皇にして最悪の世代筆頭でもあります。

ワンピースを巡る冒険の中で彼との戦闘は避けられないでしょう。また彼には多くの謎があり、複数の実の能力を得られたこともその一つです。

未だその強さの底は見えず、2年の間に白ひげを倒した時以上の力を得ていることは当たり前、さらに言えば世界を滅ぼすほどの力を得ている可能性があります。

実の能力を得る前にシャンクスに手傷を負わせている彼が今どれほどの力を持っているのか考えるだけでも恐ろしくなります。

 

 

まとめ

 

七武海の強い順ランキング

1位 マーシャル・D・ティーチ

2位 ジュラキュール・ミホーク

3位 エドワード・ウィーブル

4位 バーソロミュー・くま

5位 ドンキホーテ・ドフラミンゴ

6位 ボア・ハンコック

7位 ゲッコー・モリア

8位 トラファルガー・ロー

9位 ジンベエ

10位 サー・クロコダイル

11位 バギー

 

以上の順位になりますが、1位と11位以外は状況次第で順位が入れ替わると思います。

限定条件をつけなければ順位付けができないくらい実力は拮抗していますし、力自体は弱くても型にはまれば強いタイプが多いので一概に誰が誰より強いとは言えません。

その代わりバギーとティーチは違う意味でぶっちぎりの実力者ですのでこの2人の順位は不動といえるでしょう。

 

今現在七武海は5人しかおらず新たに2人加わるのかそれとも制度自体が廃止になるのかは分かりませんが、どちらにしてもその時はワンピースの世界情勢が大きく変わることでしょう。

またウィーブルの動向も先が読めず彼が今後の展開をかき乱すことは容易に想像できます。今後ともワンピースから目が離せませんね!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ