[ワンピース]フランキーの父親の正体は誰なのか?既出説もある?

Sponsored Link

今まで何度かワンピースに出てくるキャラクターの考察をしてまいりましたが、今回はその中でも麦わらの一味の船大工・フランキーの父親の正体について考察したいと思います。

フランキーの父親と言えばフランキーを子供の頃に捨てたということしか分かっておらず他の情報は全く分かっておりません。

なので今回はフランキーの父親の正体を検証し、すでにワンピースに登場しているのか、登場するのであればいつになるのかを考察から明らかにしたいと思います。

Sponsored Link

鉄人フランキー

 

父親の正体を探るためにまずはフランキーの個人情報から振り返っていきたいと思います。

フランキーは南の海出身の36歳で、凄い腕を持つ船大工でありながらとんでもない変態でもあります。

世界一の船大工が集まるウォーターセブンでも1、2を争う腕の持ち主であり、師匠はロジャーの船を造ったトムさん、兄弟子はウォータセブンの市長アイスバーグです。

 

また彼はウォータセブンでは裏の顔を自称しており、ごろつきの面倒をまとめて見るような人物で一見乱暴者の変態ですが、その実仲間想いで優しい人物です。

フランキーは物心つく前に偉大なる航路に入っており、10歳ころに海賊をやっていた親に捨てられています。

そして廃船島で大砲を造っていたところをトムさんに拾われ弟子として、アイスバーグ、ココロ、ヨコヅナと共に育ちます。

 

その後政府の策略によりトムさんがはめられ捕まったところを取り返すため海列車の前に立ちはだかり、死にかけの体ながらなんとか一命をとりとめます。

流れ着いた船で自信を改造し、サイボーグとなったフランキーはアイスバーグからプルトンの設計図を受け取り以降ウォータセブンに住み着くのです。

 

この際に完全に自分の過去であるカティ・フラムの名前を捨てさり、町のごろつきフランキーとなっています。

さて彼の父親の正体を探るために過去の出来事で注目したいのは、彼は誰に習ったわけでもないのに大砲を造れたというところです。

これは少なくとも大砲の構造を知っていたという事であり、普通の海賊なら使えても作ることはできません。

ということはフランキーの父親の船はある程度科学技術の心得がある船であり、フランキーはその製造過程を見たことがあると予想できます。

 

では次にそのあたりの事から彼の父親の正体を考えていきましょう。

 

科学技術の進んだ船

 

先ほど科学技術が進んだ船で育ったことが分かったフランキーですが、ではその船ではいったいどのようなことが研究されていたのでしょうか?

少なくとも薬学などではなく、兵器関連の技術であることはフランキーが持つ数々の能力を見ても間違いありません。

 

またフランキーの年齢を考えると自身が兵器研究に関わっていたとは考えづらく、せいぜい眺めていた程度でしょう。

それでも頻繁に見ていたことにより造り方を覚え再現できるのですからフランキーの能力の高さがうかがえます。

またフランキーがトムさんの元で造っていた船は鉄製の物もありましたから、おそらく子供の頃に載っていた船も鉄製の物があったと考えられます。

 

そうでなければ木造船を見てさすがに鉄を材料に造るのは難しいでしょう。

そして彼が自身を改造した時に流れ着いた船の上で落ち着くと言っていましたが、あれは単純に廃船島の事ではなく、昔似たような船に乗っていたからではないでしょうか?

 

フランキーが流れ着いた船を見ると、明らかに現在ある船よりも発展しているような印象を受け、昔乗っていた船も中で研究できるようになっていたからこそあの船を落ち着くと表現したのだと思います。

 

南の海

 

では最後に南の海出身の海賊というところから考察していきますが、南の海と言えばワンピースの中でも少し特殊な場所です。

エースが生まれ、ガレオン船が降ってきて、革命軍によって国が滅び、チョッパーが修行のために2年いた場所です。

このことからも分かるように数少ない南の海関係の話題はワンピースにおいてかなり重要な意味を持ちます。

 

そしてチョッパーがいたトリノ王国や200年前にガレオン船で調査に出た国があることからも分かるように元々科学技術がかなり発展した海だったのでしょう。

そこから旅立ったフランキーの父親の船の科学技術が発展していたことも当然であり、父親の正体もそれなりの人物になるでしょう。

 

つまり南の海出身の海賊で科学に精通した人物、さらにある程度の地位を確立したものがフランキーの父親です。

 

まとめ

 

今回はフランキーの父親、その正体について考察してみましたが、意外な事実が見えてきました。

フランキーの父親は科学技術に精通しそれなりの地位を手にしている人物だということ、またこれまでワンピースに出てきた親子を思い出してみると少なからず似ている部分があるので、1番研究の進んでいるベガパンクの近くにフランキーの父親がいる可能性もあります。

 

そう考えればフランキーがベガパンクの生まれ故郷にいたことも彼の父親がベガパンクの近くにいる伏線のように思えてきます。

総合的に考えて既出している可能性は限りなく低いのですが、その姿を見る日も遠くないでしょう。

早ければカイドウ編でその姿を見ることが出来るかもしれないので、その日を楽しみにこれからも応援していきたいと思います!

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想するフランキーの父親の考察・予想していただければと思います!

名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “[ワンピース]フランキーの父親の正体は誰なのか?既出説もある?”

  1. こーめい より:

    フランキーの父親はバーソロミュークマ。確信があるわけでは無いのですが、上の仮説を元にするとクマがサニー号を守った理由。いずれニキュニキュの実をフランキーが食べ、一味の悪魔の実ゴロ合わせの完成。また、感情的で涙脆いフランキー、ロボットで無感情なクマの対比。尾田先生が好きそうな書き方ですよね。フランキーの父親がクマである事で色々な事が辻褄が合うと思います。あくまで独り言ですが…

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ