ガールズ&パンツァー2期の放送は?あらすじやストーリー予想

Sponsored Link

2012年から2013年にかけて放送された大人気アニメ「ガールズ&パンツァー」。

ガールズ&パンツァーは、ファンの間では「ガルパン」と呼ばれており、アニメが放送終了した後も人気が衰えることがなく、アニメ本編が終了してから3年経った現在でもガルパン関連のイベントが開催され大盛況となっています。

 

そして、そんな人気の中、2015年にはアニメの続編となる劇場版が公開され、興行収入約20億円を記録する大ヒットとなっています。

そんなガールズ&パンツァーですが、私を含めファンの方が気になっているのは、ガルパン2期の放送はあるのかということです。

 

そこで今回は、ガールズ&パンツァー2期の放送はあるのかを検証し、もしも2期の放送があるならどのようなあらすじやストーリーになるのか予想していきたいと思います。

 

しかしその前に、復習としてアニメ1期のあらすじとストーリーを振り返り、さらに、続編となる劇場版のストーリーを少し紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 ガールズ&パンツァー1期のあらすじとストーリーをおさらい!

 

まずは、ガールズ&パンツァーのあらすじをおさらいしていきましょう。

ガールズ&パンツァーは、女子が実際に活躍した戦車に乗って競い合う「戦車道」が、華道や茶道と並ぶ女子の嗜みとして世間に流行している現代の世界が舞台のアニメです。

 

戦車で戦うと言っても、戦争ではなく競技として安全面を十分に考慮しているので、血生臭さが全くないスポ魂アニメのような作品です。

作中では、「学園艦」と呼ばれる、学校を始め、学区内付近の地域が船の上に立地しているのが特徴で、第二次世界大戦などで実際に活躍した戦艦などをモデルとなっています。

 

そのことを踏まえて1期のストーリーをおさらいします。

茨城県にある大洗女子高校に転校した「西住みほ」。みほは引っ込み思案な性格のせいで周りに溶け込めずにいたが、ある日、クラスメートの「武部沙織」と「五十鈴華」に昼食に誘われ、それ以降仲良くなり友達になる。

 

普通の学校生活を望んでいたみほにとっては理想の展開となり、順風満帆な学園生活が待っていると思っていた矢先、ある日生徒会から、今年から必修選択科目に取り入れた「戦車道」を履修するよう脅された。

 

その後に行われたオリエンテーションによると、2年後に開催される世界大会に備え、大洗で昔盛んだった戦車道を復活させたという。

 

戦車道の履修強要に動揺するみほ。実は、みほは戦車道の中でも最も歴史と威厳のある名家「西住流戦車道」家元の娘だった。

しかし、ある出来事がきっかけで戦車道から逃げ出し、戦車道が無い大洗へ転校してきたのだった。

 

その事実を知った沙織と華は、戦車道に興味を持ちながらも、みほに合わせるように戦車道ではない別の科目を選択した。

ところが、後日みほは生徒会室へ呼び出され、なぜ戦車道を履修しなかったのかを問い詰められるが、同行した沙織と華がみほを必死で庇う。その姿を見たみほは、これ以上2人に迷惑を掛けられないと、遂に戦車道履修を決意する。

それから、強豪相手に全国大会を戦っていく。

 

これが1期の基本的なストーリーですが、アニメ中盤で生徒会が戦車道を復活させた本当の理由が、大洗を廃校から救う為であり、昔盛んだった戦車道で全国大会で優勝すれば廃校を撤回されると目論んだことをみほ達戦車道メンバーに打ち明けました。

その事実を知ったみほ達は、全員で大洗を廃校から守るため奮起し、決勝戦でみほの古巣である黒森峰女学院に勝利し優勝を勝ち取りました。

これが1期のストーリーです。

 

劇場版ガールズ&パンツァーのストーリーを紹介!

 

ここからは、ネタバレを含みますが劇場版のストーリーを少し紹介していきます。

 

全国大会で優勝し廃校を免れたみほ達に日常が戻り全国大会前のような生活を送っていた。

それから数日後、大洗の全国大会優勝を記念して、全国大会に出場した知波単(ちはたん)学園が大洗と連合チームを結成し、全国大会では対戦が無かったが、練習試合で対戦した聖グロリアーナ女学院と、準決勝で対戦したプラウダ高校連合チームと大洗町でエキシビジョンマッチを行うことになった。

 

試合後、両チームが交流を深めるが、その後みほ達大洗の生徒が学園艦に戻ってみると入り口が立ち入り禁止となっていた。

なんと、全国大会したら廃校を撤回するというのは公的文書で交わされてないあくまで口約束であり、全力で検討したが撤回は出来なかったという文部科学省学園艦担当者から衝撃の事実が告げられ、当初の期日より前倒しして廃校を強行されてしまった。

 

つまり、大洗は全国大会で優勝したことによって廃校を回避するどころか強制的に廃校になってしまったのだ。

 

大洗の生徒達は転校先が決まるまで分散して生活をすることになるが、戦車道履修者のみ共同生活を送ることになった。

今後に対し不安になりながら生活を送るみほ達だが、その間生徒会長の角谷杏は、日本戦車道連盟や西住流戦車道家元でみほの母親であるしほの後ろ盾を得ながら密かに担当者と交渉をしていた。

 

そして、その交渉の末「大学選抜チームに勝利すれば今度こそ廃校を撤回する」という条件を、今度は正式な署名入り文書で交わした。

 

しかし、その大学選抜チームは、天才少女と呼ばれる島田流戦車道家元の娘「島田愛里寿」が率いており、それに加え意地でも大洗を廃校したい担当者は、大洗が8輌しか戦車を所持していないことを知りながら、使用可能台数を30輌までとし、試合形式を全国大会で採用している「フラッグ戦」ではなく、プロリーグで採用される「殲滅戦」とし、さらに、使用を検討中だったカール自走砲の使用を急遽認めた。

 

圧倒的不利となった大洗チームは、直前まで作戦を練り試合当日を迎えた。

 

そして、試合を開始しようとしたその時、黒森峰女学院の隊長でありみほの姉である西住まほと、副隊長の逸見エリカを始めとする黒森峰チームが所有戦車ごと大洗へ転校してくる。続いて、サンダース・プラウダ・聖グロリアーナ・アンツィオといった全国大会などで対戦した学校に加え、エキシビジョンマッチで共に戦った知波単学園、さらにエキシビジョンマッチに招待されたが参加を辞退した継続高校も次々と大洗へ転校してきた。

 

実は、聖グロリアーナの隊長ダージリンが密かにお茶会を開き、大洗救済のため各校に協力を呼び掛けていたのだ。

強力な援軍を得たみほ達大洗メンバーは、自分達の学校を取り戻すため大学選抜チームと対戦する。

 

私がガルパンに興味を持ったのは劇場版が公開された後なので、劇場版のストーリーを知ってもあまり何とも思いませんでしたが、リアルタイムでガルパンを見ていた人からすれば衝撃的なストーリーだったのではと思います。

 

ちなみに、劇場版についてですが、私はまだ見ていません。

ストーリーはネットにあったのを調べて記載しました。

 

本当はとても見たいんですよ。でも既に地元の映画館での公開は終わっていましたし、最近再上映が決定しましたが、その上映している劇場が私の住んでいる所から電車で1時間半くらい掛かるくらい遠い場所なので断念しました。泣

今はレンタル待ちです。入荷されたら絶対レンタルします。

 

ガールズ&パンツァー2期の放送は?あらすじやストーリーを予想

 

ここからは本題であるガルパン2期について述べていきます。

ガルパン2期については、率直に言ってまだ何も決まっていません。

しかし、一部では公式で「2期はやらない」と公言していたという憶測も飛んでいます。もしそのことが本当なのなら、劇場版で完結することを考えていたのでしょうか。

 

たしかにそのことも十分考えられますが、妙に引っ掛かる点があります。

2年後の世界大会やプロリーグ設立など、ガルパンには伏線が多数あることです。

 

その伏線を回収せずに終わってしまうのは、ファンとしては納得いかないと思います。

それに加えて劇場版は私達の予想をはるかに超える大ヒットとなり、ガルパン人気はさらに加熱しています。

 

こうなると、静観していた制作陣も重い腰を上げざるを得なくなると思います。

となれば、あらすじやストーリーはどうなっていくのでしょうか。

 

これは私の勝手な予想ですが、2期のあらすじは劇場版の後の話になるのは確実ですね。

全国大会が行われたのが初夏であり、大学選抜チームとの試合が真夏と予想しているので、秋以降が2期の基本的なあらすじになると思います。

 

そしてストーリーは、秋に行われる秋季大会に向けて練習試合を行ったりのではと思います。練習試合では、劇場版のように大洗町で行いますが、その対戦カードが少し変わってくると思います。

 

大洗VS黒森峰のような全国大会決勝戦と同じ組み合わせになるのか、はたまた劇場版のようなタッグマッチとなるのか。何通りもあって組み合わせだけで迷いますね。笑

 

個人的には、西住姉妹率いる大洗・黒森峰連合チームと聖グロリアーナ・プラウダ連合チームの試合を見てみたいですね。

劇場版とほとんど変わりませんがちゃんと理由があります。

 

聖グロリアーナは唯一大洗に勝利している学校で、絶対王者である黒森峰が苦戦したみほの戦術と相性が良いです。それに対して、前進あるのみの西住流の戦術である黒森峰には全国大会準決勝で敗れています。

また、プラウダも黒森峰には勝っていますが大洗には敗れています。(いずれもみほが勝敗のカギを握っていたが)

 

つまり、西住流に勝つことが出来るのは事実上この2校だけだと思います。

猪突猛進と変幻自在の2つの顔を持つ西住流が同じチームでどのような戦い方をするのか見てみたいですね。

 

そして、秋季大会では、1期や劇場版で登場していない新たな学校が登場すると思いますね。どこの国をモチーフにしている学校が登場するかも見所ですね。

 

仮にですが、中国をモチーフにしている学校が登場すると、戦車道の他に麻雀をやっていそうな予感がします。それに大洗が巻き込まれて麻雀をする羽目になったりしたら、違うアニメになってしまいますね。笑

 

たしかに2期の放送も期待しますが、個人的には2期とは別にスピンオフでガルパンの関連コミック「もっとらぶらぶ作戦です」をアニメ化してほしいですね。

 

こちらは主に日常を描いているので、2期本編は戦闘シーンをガッツリと。スピンオフでは日常を中心に作ってほしいですね。同じガルパンでも2つの楽しみ方が出来ますからね。

 

劇場版大ヒットし、2期制作・放送に関する期待が日に日に高まってきています。

ガールズ&パンツァー2期が決定する日が来ることを、私を含め全国のガルパニスト(ガールズ&パンツァーのファンの別称)は心待ちにしています。

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “ガールズ&パンツァー2期の放送は?あらすじやストーリー予想”

  1. 匿名 より:

    大戦中のシナの戦車無いからですね
    トーナメント表以外の学校は無さそうですね

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ