ガールズ&パンツァーの名前の元ネタとは?意味や由来のまとめ!

Sponsored Link

2012年秋から2013年春にかけて放送された大人気アニメ「ガールズ&パンツァー」。ファンからは「ガルパン」の愛称で親しまれ、アニメ放送が終了してから3年が経った現在でもその人気は衰えておりません。

衰えぬガルパン人気の中、2015年にはアニメの続編となる劇場版が公開され、興行収入が約20億円に迫る大ヒットを記録しました。

 

そんなガールズ&パンツァーですが、作中では様々な個性的なキャラが登場し、そのキャラの名前には様々な由来があります。

そこで今回は、ガールズ&パンツァーに登場するキャラの名前の元ネタや、その意味や由来をまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

ガールズ&パンツァーのタイトル名の意味や由来は?

 

まず、ガールズ&パンツァーというタイトル自体どういう意味なのか初めて聞いた人はパッとしないと思います。

ガールズは説明不要かと思いますが、「パンツァー」というのはどういう意味なのか気になる人もいますね。

「パンツァー」というのは、ドイツ語で「戦車」という意味です。つまり、「ガールズ&パンツァー」は「少女と戦車」という意味になりますね。

 

また、作中でよく耳にする「パンツァーフォー」というのは、ドイツ語で「戦車出発」「戦車発車」というのが本来の意味ですが、ガルパンファンの人は日常でも使用することがあったりします。戦車ではなく自動車などを運転する時でも、冗談半分でパンツァーフォーを使うこともあります。

 

私もたまに使ったりします。何かを運転するだけでなく、何かに挑戦する時などに。笑

このように、パンツァーフォーは意味こそ違ってきますが、日常でも使える便利な言葉です。

 

ガールズ&パンツァーのキャラの名前の元ネタは?

 

ここからは、ガールズ&パンツァーに登場したキャラの名前の元ネタについて紹介していきたいと思います。

まずは、主人公の「西住みほ」です。

 

西住みほの元ネタは、大日本帝国陸軍で歩兵大尉だった「西住小次郎」です。

西住大尉は、作中でバレーボール部(アヒルさんチーム)が乗車している「八九式中戦車」の戦車長として活躍し、大日本帝国陸軍では、公式に「軍陣」と呼ばれていました。

 

みほも、ガルパンファンからは「大洗の軍陣」と呼ばれていることが多いです。

では、その他のキャラの名前の元ネタはどのような由来となっているのでしょうか。

まずは、生徒会チーム(カメさんチーム)です。

 

生徒会チームの「角谷杏」「河嶋桃」「小山柚子」の下の名前は、いずれも果物が由来となっているようです。確かに、言われてみればそうですね。

次に、バレーボール部(アヒルさんチーム)の名前の元ネタですが、全員が1964年に開催された東京五輪の女子バレーボール日本代表メンバーが由来となっています。

バレーボール部キャプテンであり、アヒルさんチーム車長兼装填手である「磯部典子」は、代表メンバーの「磯部サタ」が由来となっています。

 

他3人の「河西」「近藤」「佐々木」も全て代表メンバーの名前から取っています。

1964年の東京五輪女子バレーボール日本代表は、東京五輪で金メダルを獲得し、「東洋の魔女」と称されていました。

次に、一年生チーム(ウサギさんチーム)ですが、メンバー全員の名前が、2011FIFA女子W杯優勝メンバー(なでしこJAPAN)が元ネタとなっています。

 

ウサギさんチーム車長の「澤梓」は、長年女子サッカーを牽引し、2015年に現役を引退した澤穂希さんと、2012年ロンドン五輪銀メダルメンバーで2015FIFA女子W杯準優勝メンバーでもある岩清水梓選手が由来となっています。

このように、メンバー6人全員が2011年のW杯優勝メンバーの名前を合わせて付けられています。

また、大洗の戦車全てを整備するだけでなく、自らも全国大会決勝の黒森峰戦でポルシェティーガーに搭乗し、大洗では唯一無二の存在である自動車部チーム(レオポンさんチーム)の名前の元ネタは、全員F1レーサーやレーシングドライバーが由来となっています。

 

レオポンさんチームの「ナカジマ」は、元F1レーサーの中嶋悟さん。

操縦手の「ツチヤ」は土屋圭一さんと、モータースポーツ界に名を残した名選手から取っています。

大洗でも名前の元ネタがあるキャラは結構多いです。

 

ライバル校は?

 

アニメ・劇場版の中で最初に大洗と対戦した聖グロリアーナ女学院。

その隊長とその部下である「ダージリン」「オレンジペコ」「アッサム」の名前は、紅茶の種類やその原材料が元ネタとなっています。

 

また、アニメ本編ではわずか十数秒だけの登場だったにも関わらず、後のOVA編・劇場版で大活躍を遂げたアンツィオ高校の隊長である「アンチョビ」。またその副隊長である「カルパッチョ」「ぺパロニ」は、イタリア料理の料理名や食材が元ネタになっています。

 

このように、大洗のキャラは実在した人物が元ネタになっているのに対し、ライバル校のキャラは、飲食料の料理名や食材・原材料となっています。

ちなみに、ライバル校(黒森峰以外)は外国人のような容姿をしているキャラが多いですが、全員日本人ですのでお間違えないようにしてください。(ハーフなのかどうかは不明)

また、劇場版では新キャラも登場するので、既にご存知の人でも、新キャラは要チェックしておくことをオススメします。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ