古代兵器プルトンとウラヌスの正体と能力を考察!悪魔の実との関係は

Sponsored Link

強大な力を秘めた古代兵器、それは世界を滅ぼせるほどの力を持つという。

今回はこの古代兵器について考察していきます。

古代兵器と言えばプルトン、ウラヌス、ポセイドンと作中で名前が明かされました。

そのうちポセイドンはしらほし姫のことだと分かっていまして、海王類を自在に操れるというとても強大な力です。しかし、他の2つについてはまだほとんどのことが謎に包まれており、見た目や能力などその正体は一切明かされていません。

ということで今回は今分かっている情報から残りの2つがどういうものなのか予想していきましょう。

Sponsored Link

古代兵器の名前

まずその名前から正体に迫ってみましょう。3つの古代兵器はそれぞれギリシア神話に出てくる神々の名前から付けられています。

 

まずはポセイドンですが、海のゼウスと呼ばれるほど実力も地位も高く、あらゆるものを木端微塵に砕くと言われています。

次にプルトン、あまり聞き覚えがないかもしれませんが実はこれ、ハデスやハーデスと呼ばれるとても有名な冥界の王の名前なのです。

冥界は地下にあるとされているため地下世界を治める神ともされています。

最後ににウラヌスですが、天空神とされていまして、全宇宙を最初に統べた神々の王とも言われており宇宙を身にまとっているそうです。もはや他の神々とスケールが違いすぎて比べようがありません。

 

元はとんでもない能力を秘めている神々ですが、ワンピースではその一部の能力を古代兵器に転用していると思われます。

古代兵器ポセイドンは海を支配する能力と言っても過言ではありませんが他の2つはどうでしょうか?次はプルトンについて考察していきます。

 

古代兵器プルトン

 

先ほど述べたように冥界の王の名前が付けられていますが、ではなぜその名前が付けられたのでしょうか?

それは、プルトンが持つ兵器としての攻撃力の高さ、そしてその用途のためではないでしょうか?

 

まずプルトンの能力はいくつか判明していますので、それと共にプルトンの正体を考えていきましょう。

プルトンが戦艦ということはフランキーが確認していますが、その能力はクロコダイルとの戦いのときに少しだけ明らかになっています。一撃で島を吹き飛ばすことができるというものです。島を吹き飛ばすという点で海に浮かんでいるものを想像してしまいますが、果たしてプルトンは本当に海に浮かんでいるのでしょうか?

まず私が引っ掛かったのはフランキーが作れるか疑問視していたこと。あれだけの造船技術がありながら不可能に思えるほど難しいものなのですから、並大抵の戦艦じゃありません。そこに名前が持つ意味を考えると戦艦プルトンは地中を進むものではないでしょうか?プルトンが出てきたのはアラバスタ編でしたが、そこで衝撃の情報も同時に判明しました。悪魔の実を物に食べさせる技術です。さらに同時に登場したミス・メリークリスマスことモグラ人間も重要な情報だったのではないかと思うのです。

つまりプルトンの正体は地中を自由に移動できる高火力戦艦で、なおかつ悪魔の実によって意思を持った存在でははないかというのが私の予想です。そう考えればプルトンの意味も繋がってきますし、わざわざアラバスタという土地で名前を出した理由も納得です。

 

古代兵器ウラヌス

 

ウラヌスは実は他の2つとは少し違いまして、ウラヌスは簡単にいうとポセイドンやプルトンのおじいちゃんです。

だから少し違和感があったのですが、天体に当てはめると納得がいきました。天体にもギリシア神話の神の名前がついており、今回出てきた神は海王星がポセイドン、冥王星がプルトン、天王星がウラヌスと呼ばれています。

余談ですが、今現在冥王星は準惑星となっており惑星ではなくなっていますので気になる方は検索してみてください。

 

つまり天体から名前をとって、そこから役割を与えたのではないかと思うのです。そう考えれば古代兵器ウラヌスが有する能力は飛行ではないでしょうか?

空を飛ぶ兵器ということであれば海・大地・空とそれぞれの戦いの場が分かれており古代兵器が3つ作られた、もしくは生まれた理由も納得がいきます。

ウラヌスについても悪魔の実で意思を持っている可能性がありますが、私はあえて人間が操作することに特化した兵器ではないかと思います。

意思を持つと自由に動いてくれる分操作は楽になりますが、敵に操られた時の損害もでかいです。だからこそ、一つは完全に機械で作られているのではないかと思います。

 

エネルが見つけた壁画

 

かつてエネルが月に旅立った際に彼が発見した壁画があるのですが、そこに古代兵器と思しきものが載っています。

もしこの壁画が表すものが3つの古代兵器であれば私の予想はおおむね当たりということになりますが、いかんせん肝心の部分が隠れておりエネルも何だこれといった感じで首をひねっています。

これが古代兵器だというにはいささか強引かもしれませんね。

 

まとめ

 

古代兵器については謎が多いですが、今回の考察で見えてきたこともありますね。

古代兵器はそれぞれ担当する場所が違う兵器であること、ポセイドンは生き物、ウラヌスは機械、プルトンは生きている戦艦である可能性が高いことなど、新しい発見がありました。

 

アラバスタで出てきた悪魔の実を物に食べさせる技術はもしかするとプルトンから応用した技術かも知れませんね。

そうであればクロコダイルがプルトンのことを知った理由も見えてきますし、その可能性はありそうです。

世界を滅ぼす3つの古代兵器、今後世界政府と戦ううえで重要な存在になっていくはずです。

もしかすると古代兵器以外にも世界政府はとんでもない兵器を造っているかもしれません。

いずれ最終決戦で明らかになると思いますが、今から登場する日が楽しみです!

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想する古代兵器に関する考察・予想していただければと思います!

名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “古代兵器プルトンとウラヌスの正体と能力を考察!悪魔の実との関係は”

  1. 信玄 より:

    ギリシャ神話考察は作者の仕掛けたミスリード。

    神=恐怖=抑止=過度な科学文明。プルトンには設計図があり、
    ポセイドンはしらほし姫・海王類と関係がある。
    「すべてを繋げて考えれば」ちゃんと答えがでる。

    島一つ吹き飛ばすプルトンは「原子力爆弾兵器」。

    ビックキスは本来小さい魚なのに、姫が巨魚ということは、
    ポセイドンは「水素爆弾兵器」で、海王類はいわば「ゴジラ」。

    となると、ウラヌスは「中性子・対消滅爆弾兵器」。

  2. 匿名 より:

    悪魔の実を食べた戦艦って仮に海なら沈むんかな??
    ノアは何で浮かずに沈む船??
    内部が気になる…

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ