ワンピースひとつなぎの大秘宝の正体が意外!ネタバレ考察予想!

Sponsored Link

週刊少年ジャンプで人気連載中の漫画【ワンピース】

このワンピースの最大の謎と言えば、ひとつなぎの大秘宝-ワンピース-ですよね。

『ワンピースの正体とは一体なんなのか!?』『ひとつなぎの意味とは!?』

これらの考察はワンピースの連載が始まった当初からされており、ワンピース史上最大の謎として考察され続けています。

おそらくワンピースの正体が分かってしまう=最終回になってしまうので、まだまだその正体は掴めないままですが、今回は徹底して謎を突き詰めていこうと思います。

『一体…ワンピース-ひとつなぎの大秘宝-と何なのか…考察を重ねその正体が意外結末に….!?』

Sponsored Link

ひとつなぎの大秘宝の正体が意味するもの

 

まずはこれまでに出ている『ワンピース-ひとつなぎの大秘宝-』に関する情報をまとめてみました。

ワンピース-ひとつなぎの大秘宝は幻想ではなく、白ひげの発言により確実に存在するもの。

スクリーンショット 2016-04-28 4.14.23

白ひげがロジャーから直接聞き、残した言葉『ワンピース-ひとつなぎの大秘宝-は実在する』

はっきりと『実在する』と言っていることから幻想ではないことがわかりますね。

 

そして白ひげは最後にセンゴクにこう言います。

 

そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた

そして未来…いつの日かその数百年分の歴史を全て背負ってこの世界に戦いを挑む者が現れる…

センゴク…お前達『世界政府』は…

いつか来る…その世界中を巻き込む程の巨大な戦いを恐れている

興味はねぇがあの宝を誰かが見つけた時…

世界はひっくり返るのさ

誰かが見つけ出す…その日は必ず来る

この文面はかなり衝撃的でそれまでのワンピースの考察をさらに高めるものとなりました。

いろいろ考察予想すべき点はあるのですが、ここに注目して欲しいと思います。

あの宝を誰かが見つけた時…

白ひげははっきり言っています。『あの』と

つまりひとつなぎの大秘宝とは『固有物』である可能性が高いと思われます。

そしてそれを世界政府は恐れており、明るみに出たら世界はひっくり返ると言っています。

つまり世界政府=正義と認知されいることがひっくり返る、世界政府=悪という位置づけになるからですね。

ワンピースとは空白の百年を証明する唯一の宝、そしてそれを誰かが見つければ、世界のバランスは崩れ、大きな戦争へと発展するということ。

ひとつなぎの大秘宝=海の説

 

このひとつなぎの大秘宝の考察は様々にされており、少しおもしろい予想があったので…

それはワンピース-ひとつなぎの大秘宝-とは海(ウミウミの能力者)であるということ

結構ぶっ飛んだ考察なのですが、その意図としては

 

海が悪魔の実が覚醒した能力者-ウミウミの実- であり空白の100年に存在していた。

海はすべてを吞み込みやがて0に戻す=ひとつなぎになる

それはすべての海が一つになるということ、ワンピース=オールブルー説に発展するということ。

 

しかし、先ほど白ひげの発言で誰かが見つけ、それを知られることに世界政府は恐れているとお話ししました。

この点からもワンピース-ひとつなぎの大秘宝-は『物』である可能性が高く、オールブルーなど『現象、何かの結果』である可能性は低いと思われます。

 

オールブルーの話が出てきたので、巨大な王国との関連性についてもまとめてみました。

 

オールブルーと巨大な王国

 

巨大な王国とはかつて『Dの国』とされており、ラフテルではないかとも言われていますよね。

またロジャーしか上陸したことがなく、そう簡単に誰もが上陸できない?のではないかと言われています。

つまり上陸するには困難、簡単に近寄れない…ようにされた?という説があります。

 

かつてその王国はプルトンとポセイドンにより守られていた。

ポセイドンとは海王類を操る能力をもつ『しらほし姫』と判明しましたね。この能力は受け継がれていき、かつてこのポセイドンが海王類を操り、海の中から王国を守っていました。

 

またプルトンは海上で海流を操作するものとして、敵が近づかないようにポセイドンと一緒に使われていた。

しかし、世界政府の末裔である集団がこの王国を抹消し、自らが世界を操作するためにこの王国の存在を隠そうした。

それまでオールブルーだった海を兵器を悪用し、グランドラインとレッドラインという海を分けた。

つまり、古代兵器をかつての所有者であるDが手に入れ、オールブルーに戻すことがワンピース-ひとつなぎの大秘宝-なのではないかとうのが、ワンピース-オールブルー説-ですね。

 

ワンピースはラフテルに存在しない!?

 

誰もがワンピースの最終=ラフテルだと思っていますよね。

つまりこの物語の要であるひとつなぎの大秘宝もラフテルにあるのではないか…

 

しかし、このひとつなぎの大秘宝-ワンピース-はそもそもラフテルに存在すると誰が言った!?

ある考察予想があったのでそちらを少しご紹介します。

 

それは…

ひとつなぎの大秘宝-ワンピース-はラフテルにではなく、双子岬にある

 

元ロジャー海賊団のクロッカスはこう言っている

『あいつらは…我々の待ち望んだ海賊達だろうか…なぁロジャーよ』

 

この言葉の意味は本当に世界政府を倒し、世の中をひっくり返すほどの期待と希望を寄せてもいい海賊達なのかというこれから冒険へ向かうルフィたちのことを思って言った言葉とされますが、こう考えるのはどうでしょう?

 

ひとつなぎの大秘宝-ワンピース-はラフテルにではなく、双子岬にあり、その門番を任されているのはクロッカス本人である

ということ

このように考えるのであれば、この言葉怖いくらいにマッチしますよね。

 

ルフィはラプーンに会う為に必ず双子岬に返ってきます。つまりそれは本当の最終回。

この設定だとひとつなぎの大秘宝-ワンピース-の正体が謎になってしまいますが、ありと言えばありでしょう。

 

 

人繋ぎの大秘宝こそワンピース!?

 

ひとつなぎの大秘宝であるワンピース

尾田先生はなぜ漢字にせずひらがなで書いたのでしょうか?

それは『一つなぎ』と勘違いさせ実は『人繋ぎ』であるからなのではないかという説がありますね。

人と人を繋ぎ世界を平和に導く、それこそがワンピース

 

人間、巨人、小人、魚人、人魚、奴隷、天竜人など人種や階級があり、またそこから差別が生まれています。

これは現実社会でもありうることで共存していく中でもどうしても生じてしまう問題でもあります。

 

one piece=oneは『一つ』ともとれ、『人』という意味もあります。そしてpieceには一般的にはカケラという意味合いですが、『繋ぐ』という意味があります

 

-人を繋ぎ、一つに繋ぐ-

 

それこそがワンピース=ひとつなぎの大秘宝ということですね。

 

そうなれば世界政府という対場は消え、過去の過ちが露呈され世界がひっくり返るわけですね。

 

 

まとめ

今回はワンピース最大の謎でもある『ひとつなぎの大秘宝の正体』について迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

こうやって考察を予想するのもワンピースの楽しみ方ですし、わくわくしますよね!

この記事だけでは到底、『ひとつなぎの大秘宝の正体』を予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想するひとつなぎの大秘宝-ワンピース-の正体を予想していただければと思います!

名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

9 Responses to “ワンピースひとつなぎの大秘宝の正体が意外!ネタバレ考察予想!”

  1. 湖北羆 より:

    ワンピースはパズル(空白の歴史)の最後の1ピース。
    ラブーンの胃袋にロジャーの船と一緒に沈んでるかも?

  2. 匿名 より:

    ひとつなぎの大秘宝は、直接的にはレッドラインを指していると思われます。

    差別は世界政府が意図して利用しています。そこにも平和という正義があります。

    ルフィを通して尾田さんが理想の世界をどう描くかが今後の見処だと思います。

  3. チョッパーマン より:

    One pieceではなく、One peaceではないでしょうか?
    争いの無い、一つの平和な世界。

  4. アニアニの実の能力者 より:

    ワンピースとは悪魔の実の木なのでは?

  5. アニアニの実の能力者 より:

    ワンピースとは悪魔の実の木なのでは?

    それを使えば世界がひっくり返る

    (ワンピース素人です。)

  6. 岡村文菜 より:

    あうあうあうあー

  7. プリン より:

    麦わら帽子!

  8. プリン より:

    麦わら帽子

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ