宝樹アダムと陽樹イヴの正体は?悪魔の実やDと関係があるのか?

Sponsored Link

ワンピースには未だに多くの謎があり、その正体に関してシルエットすら出てこないものもあります。

そんな数多くの謎の中から今回は宝樹アダムと陽樹イブについて考察していきたいと思います。

Sponsored Link

「宝樹アダムと陽樹イブって何?

 

まずは宝樹アダムと陽樹イブについて現時点で分かっていることを説明していきます。

宝樹アダムと言えばルフィ達が乗る船・サウザンドサニー号を作る際に用いられたことで知られていますが、その特性としては凄く強く稀少な樹ということしか分かっていません。

ウソップから奪った2億でやっと買うことができたというほど高価なものであり、世界にたった数本しか生えておらず、戦争があっても決して倒れないということでした。

 

一方陽樹イブは太陽の光を海底まで届ける巨大な樹であり、その根からは光に加え空気も供給しています。魚人島で初めて名前が出てきたもので、未だに詳しいことは分かっておりません。

 

ではこの2つの樹はいったいどういうもので、どんな関係性があるのでしょうか?

 

「宝樹アダムと陽樹イブの関係性は?

 

2つの樹の名前アダムとイブで真っ先に思いつくのはやはり聖書に記された禁断の果実の話ではないでしょうか?

命の木と善悪の知識の木の2本があり、神が知識の実は食べてはいけないと言ったのに誘惑に勝てず食べてしまい現在の人間に繋がる諸々が出来上がったという話です。

もしこの2つの樹がその話をモデルにしているとするならば、禁断の果実というところにポイントがありそうです。

 

禁断の果実の話に行く前に2つの樹の関係性をもう少し掘り下げると、この樹はそれぞれではあまり意味がなく2つ揃うことで真価を発揮するのかもしれません。

イブがアダムを誘い善悪の知識の実を2人で食べるのですが、この時食べたのがどちらか1人であったなら楽園から追放されるのも1人であり、その後の世界はできていなかったものと思われます。

また聖書にはイブをそそのかす蛇が出てくるのですが、ワンピースでは今のところ出てきていません。このあたりの事も2つの樹の秘密に繋がっていそうですね。

 

「禁断の果実は悪魔の実?

 

では先ほどの話の続きで禁断の果実についての考察をしていきますが、これについてはおそらく禁断の果実の正体は悪魔の実で間違いないと思います。

というのも禁断の果実が何かの作品で取り上げられる場合その多くはリンゴの形をしています。

そこで思い出してほしいのがシーザーが作った人造悪魔の実「SMILE」の形です。

あれは明らかにリンゴの形でしたし、尾田先生が大事な場面で描くものには関係がないように見えて深い意味を持たせていることが多いです。

つまり本来の悪魔の実はおそらくリンゴの形をしていて、それが生っているのは陽樹イブなのではないでしょうか?

 

というのもイブは聖書で女性であり、アダムは男性として描かれています。

2つの樹にも同じことが言えて、実をつけるのはイブでありそのための何かしらの要因を運んでくるのがアダムなのではないでしょうか?

その要因が何かははっきりとは分かりませんが、その要因によって悪魔の実に多様性が生まれ、多種多様な能力と共に実の形までも変容したのだと思われます。

 

「悪魔の実に多様性をもたらしたのは何?

 

悪魔の実に多様性をもたらしたものについてはっきりとは分からないと書きましたが、1つ思い当たるものがあります。

それはDの一族だけが持つ遺伝的な何かに起因していると言うことです。

というのも天竜人や世界政府はDに対してあまりに過剰に反応していると思うのです。

 

ではなぜそれほどDを恐れるのかと言えば、Dこそ世界を破壊しうるものだからです。

 

Dについては各所でいろいろな噂がありますが、目立ったもので言えば破壊や悪魔、竜と言った攻撃的なイメージの単語ですね。

Dとはそう言った攻撃的なDNAの総称であり、元々はただ人に栄養を与えるだけだった果実に悪魔のような力を宿らせた要因だと考えられます。

もしかするとDとはイブをそそのかした蛇の役割を持っているのかもしれませんね。一説では蛇はサタンであると言われていますから、そうであればDが持つ意味もはっきりします。

 

つまりそれを恐れた天竜人と呼ばれる人々が陽樹イブを監視下に置くため住み始めたのが聖地マリージョアであり、陽樹イブこそが聖地マリージョアの土台なのではないでしょうか?

 

以前天竜人は月から来たと考察しましたが、その時に恒久的な食料として持ってきたのが2つの樹だったのだと考えれば、Dという地球に先住していた不確定要素のせいで悪魔の実が生まれた事にも納得がいきます。

 

まとめ

 

今回2つの樹から見えたものが世界の成り立ちに関わっていることが考察で見えてきました。

2つの樹にはまだまだ謎が多く分かっていることも極一部でしかありませんが、悪魔の実や天竜人、Dの一族を絡めて考えるとその重要性が分かりますね。

 

宝樹アダムが因子を運び、その因子を受け取った陽樹イブが悪魔の実を新たに作り出す。そう考えれば多種多様な悪魔の実が生まれたことも、陽樹イブがあると思われる場所に天竜人が住む聖地マリージョアがあることにも納得がいきます。

もしかするとラフテルを確認したのがロジャー一行しかいなかったというのもその船に秘密があるのかもしれません。ロジャーの船オーロ・ジャクソン号も宝樹アダムで作られていましたからね。

 

こうなってくると2つの樹の正体がとても気になってきますし、これからの冒険で謎が明かされる日がますます楽しみになってきました。早く2つの樹や悪魔の実の正体が解き明かされてほしいですね!

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想する宝樹アダムと陽樹イヴに関する考察・予想していただければと思います!

名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ