[ワンピース]歴史に名を残す一大事件の伏線を考察!ルフィが海賊王?

Sponsored Link

ワンピースの中で麦わらの一味はこれまでに様々な事件を引きこ起こしてきましたが、その中でも忘れられないのは天竜人を殴った事件です。

あれはすっきりするとともに一味離散や頂上戦争参戦など様々な事件の元になった、世界的にもルフィ達にも大きな事件です。

しかしそれ以上に大きな事件が起こることがナレーションで予告されていました。

 

「極めて異例の子分盃―― 引き寄せられてか図らずか 麦わらルフィの子分にと名乗り集った曲者7人 この先各個に成長を遂げ… いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすのだが… 今はまだ…誰も知らない物語」

この歴史に名を遺す一大事件というのは一体何なのかを考察していき、その伏線はどれになるのかを読み解いていきたいと思います。

Sponsored Link

「ルフィ海賊王説」

 

ワンピースの世界で歴史に名を遺す一大事件とはルフィが海賊王になることの暗示ではないかと思ったのですが、よくよく考えるとすでにロジャーという先駆者がいる限り海賊内で一番凄い人間になっても今までよりは大きな扱いはされないと考えます。

 

それにルフィは海賊王のことをこの海で一番自由な奴の事だと言っていましたので、世間が認めたものではなくルフィが一番自由な奴だと認識しない限り海賊王ではないのです。

 

つまり他の海賊や海軍、世界政府、天竜人などの敵がいる限りルフィは自由ではいられないということですから、ルフィが海賊王になることが歴史に名を遺す一大事件ではなく、そこに至るまでの数々の出来事を総称して歴史に名を遺す一大事件と呼ぶのではないでしょうか?

 

「奴隷解放と聖地マリージョアの崩壊」

 

ワンピースの世界において歴史に名を遺す一大事件とは総称の事だと言いましたがそのうちの1つにこの奴隷解放と聖地マリージョアの崩壊が入っていると思います。

 

こう考察する理由はルフィの傘下に入った海賊団に属する種族の多様性と、友達が奴隷として扱われていたことです。

今考えるとこの伏線は各地に散りばめられており、例えばハンコックが奴隷であったり、魚人や人魚を魚類扱いしていたり、極めつけはシャボンディ諸島での天竜人との一件です。

この時点でルフィがかなり怒っていたことを考えると奴隷解放をしてもおかしくないのですが、さらにドレスローザの一件は今後の展開の縮図であり、あの事件が大きな伏線となっているのだと思います。

 

ドレスローザではドフラミンゴによりおもちゃの奴隷達がおり、あの国の歴史はドフラミンゴにより操られ、鳥籠で囲って国民のすべてを支配していました。

それをしていたのが天竜人をトップに据えた組織という、まさに世界の縮図ともいえるべき事件だったと考えられます。

あの事件を伏線としてもっと大規模な事件と考えれば、奴隷解放と聖地マリージョアの崩壊という予想は間違いないと思います。

 

「頂上戦争を超える海軍との戦い」

 

そして歴史に名を遺す一大事件の2つ目が海軍との戦いであり、その戦いの結果は頂上戦争の比ではないと考えます。

海軍が崩壊まで追い込まれることは予想に難くないのですが、それは内部と外部の両方向からの崩壊だと考えます。

 

ルフィの最も恐るべき力はその身体能力ではなく彼の持つ人間性により仲間を増やすことにあります。

この力はミホークのお墨付きで、まさにこのセリフが伏線となっていて海軍すら味方につけると私は考えています。

 

私の考察ではルフィのこの力により元々海軍がおかしいと感じていた海軍側の人間、藤虎やコビーを代表にしたルフィに好意がある人間、もしかするとスモーカーやルッチなんかも味方になってくれるかもしれません。

よってルフィは打倒すべき海軍すら味方につけ、自由を阻害する敵を一掃するのではないかと考えられます。

 

「大海賊同盟の結成」

 

そして最後の事件が大海賊同盟の結成だと考えられますが、これについてはいくつか理由があります。

1つ目は先ほど説明したルフィの力により傘下にはならなかったものの、ルフィに協力することをいとわないもの。ルフィは今まで行く先々で大なり小なり海賊と戦ってきましたが、その中でルフィに怨みを抱く者よりも実は感謝している存在の方多いのです。

 

例えばドリーとブロギー、ベラミー、猿山連合軍等々数えるときりがありませんし、何より海賊以外の存在もかなり助けています。もはや海賊というより海軍というべき活躍の数々で、この力で傘下に5600名を超える海賊を得ました。

 

2つ目はその傘下の海賊にいる各種族が、ルフィ達のために立ち上がってくれると信じていて、特に魚人や巨人はまず間違いなく総出で手助けしてくれるはずです。

3つ目は四皇を始めとした大海賊たちに認められているということですが、この伏線はシャンクスに守られたことと白ひげに気に入られたことで十分だと思います。

 

なんだかんだでローもルフィの事を気に入っていますし、他のルーキーもルフィの事を気に入る可能性が高いです。

七武海に至ってはほとんどの海賊と面識がありますし、ハンコックとミホークに関しては確実に味方になってくれるはずです。

以上3つの理由から大海賊同盟を結成すると考察しましたが、この考察はかなり自信がありますし、ここに記載していない人物達も味方になってくれる可能性が高いです。

 

まとめ

 

ワンピース世界における歴史に名を遺す一大事件について考察してみましたが、こう考えると世界がひっくり返るほどの事件というべきですね。

大海賊同盟が天竜人をトップとした世界政府を打倒し、今までの間違ったルールを壊し、自由な世界を創る!

 

私の考察はルフィの味方を増やす能力と、自由な人間が海賊王というものに基づいていますから、その他の種族の多様性や立場を超えた協力は全てこの2つが元になっています。

まだまだ歴史に名を遺す一大事件は起きないでしょうが、その伏線は今も確実に張り続けているはずなので、これからも見逃さないようにしていきたいです。

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想するこの事件の考察・予想していただければと思います!

※名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “[ワンピース]歴史に名を残す一大事件の伏線を考察!ルフィが海賊王?”

  1. ミョウジン より:

    俺も仲間になるー!
    バスティーユくらいなら倒せると思う

  2. 衝撃二世 より:

    歴史に名を残す
    一大事件とは
    世界会議に関係します!
    詳しくは言いませんが
    一応ビビとは仲間
    ですからね~

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ