[ワンピース]ルッチの真のスパイ活動の目的を徹底考察!

Sponsored Link

今回は今までにワンピースに出てきたキャラクターの中で、明確に再登場するであろうことが語られているキャラクター、ルフィを死の淵まで追い詰めたナイスガイ、ロブ・ルッチについて考察をしたいと思います。

そもそもなぜ再登場が確定しているのかというと、今年ワンピースの映画が公開されるのですが、そこに登場するというニュースと共に設定画も公開されています。

他にもスパンダム、サボ、コアラの登場も確定しており映画の公開が待ち遠しいですが、その中でもロブ・ルッチのスパイ活動、その目的について考察いたします。

Sponsored Link

ルッチがCP0になれた理由

まずはこの2年でのルッチの変化について考察してみますが、そもそもスパンダムに罪を着せられて逃亡生活を送っていたルッチを含む元CP9がどうやって政府の元に戻ったのかというところから考えていきましょう。

ルッチは闇の正義にプライドを持っており、自分たちがいるから世界を守れているという自負がありましたが、政府に裏切られたことによりその信念は揺らいだのでしょうか?
私が考えるに自分たちのような存在は必要だが、今の政府はダメだと考えるようになり、内部から改革をするつもりで戻ったのではないかと思っています。

そのためには一度政府に捕まらなければいけませんが、ただ捕まっても処分されるだけなので、彼らは彼らしか知り得ない情報を元に政府を脅した可能性があります。
またはその情報を交渉材料に戻ったと考えられますが、一番有力なのはプルトンの設計図と作り方を再現すること、次いでプルトンを見つけ出すことです。

古代兵器は世界政府が喉から手が出るほど欲しがっているものですから、それを再現もしくは見つけているとルッチが言えば少なくとも無視はできないはずです。
そこを起点に彼らの交渉次第では少なくともCP9に復帰、さらに成果を出せばCP0まで昇格することが出来ると思うのです。

 

他のCP9のメンバーがどうなったかは分かりませんが、少なくともスパンダムはCP0にいますし、カクと同じ喋り方の人物もいましたのでカクもCP0にいるであろうことが予想できます。

スパンダムの父親・スパンダインの助力、もしくは親子による何か暗躍の気配も感じられますが、今のところ古代兵器を交渉材料にしたという考え方が一番有力だと思っています。

 

ルッチの能力

 

2年の変化は何も立場的なものだけではなく、彼らの強さにも相当な変化をもたらしたと考えています。
ワンピースの中で2年前と現在で大きく変わったことは、覇気と悪魔の実の覚醒の2つの強さだと思いますが、私はルッチはこのどちらとも覚えているのではないかと思っています。

 

ルフィと戦った時は六式と悪魔の実の能力を使った戦闘をしていましたが、そもそも六式自体が覇気の能力を応用したものだと考えられます。

覇気とは誰もが持っている力だとレイリーが言っていましたが、自身の肉体を鍛え上げ肉体の持つエネルギーを引き出したものが六式なら覇気を使えるはずなのです。
鉄塊や指銃、六王銃なんて武装色の能力に近いですし、紙絵は見分色の能力のようですから類似性が見られるので覚えることは可能なはずです。

そして覚醒ですが、獄卒獣が覚醒をしていることからゾオン系は比較的に覚醒をしやすいのではないかと考えられますので、十分覚醒している可能性はあります。
さらに強くなったルッチですが、では今現在何を目的に活動をしているのか、次はその核心部分に触れていきたいと思います。

 

ルッチの真の目的

先ほど私はルッチの目的が政府内の組織改革にあると言いましたが、では現実に組織を改革するにはどうしたらいいのか、一番手っ取り早いのは全て壊すことです。

 

積みあがったものを少しずつ良くするより、いいものを0から積み上げた方が簡単ですし、確実に政府を良くすることが出来ます。
現在CP0にいるルッチですが、彼は革命軍を利用して政府を叩き潰し、自分が完全に裏側を掌握することで組織を改革しようとしていると考えています。

 

そう考えればCP0という政府の闇に自ら近づく意味も納得ですし、ドレスローザでドフラミンゴの残したものを探っていたのも政府関連の汚職の証拠をつかもうとしていたのではないでしょうか?

 

つまりルッチのスパイ活動は、現在所属しているCP0以上の政府の闇に向けられており、目的は世界をより良くするために政府を叩き潰すことにあったのです。

そもそもルッチがワンピースに初登場した時に説明があったのですが、海賊から国を守れなかったばかりか国を危機にさらしたという理由で兵士を500人殺害しています。
ということはルッチの思う正義を遂行するのに不必要なものは平気で壊すと考えてよいので、世界政府に牙をむくことも十分にあるでしょう。

 

まとめ

今回の考察はルッチの目的についてでしたが、ルッチの目的が世界を守ることなら弱い世界政府を打倒するのは当然の成り行きだと言えるでしょう。
そもそもルッチは敵で冷酷な人間でしたが、悪人ではなかったので政府の横暴が平和維持に必要なうちは言うことも聞くでしょうが、不必要と判断すれば敵に回るのは当たり前なんですよね。

映画で再登場が確定しているルッチはどのような活躍を見せてくれるのか、サボやコアラとの絡みがあるのか、ますます気になる存在ですね。

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想する ルッチの考察・予想していただければと思います!

※名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ