悪魔の実の最強と最弱を考察!今後の幻獣種や古代種の予想も!

Sponsored Link

以前悪魔の実最強は何かを予想しましたが、今回は最強の理由を考察し、それに準ずる強さを持つ実の力を予想したいと思います。また今回のランキングは悪魔の実同士での強さではなく、個人や集団戦闘での強さも考慮し、総合的な強さから最強の実を予想したいと思います。

そして逆に最弱の実は何かも考えながら最強と最弱の悪魔の実を考え、今後出てくるであろう悪魔の実も予想していきます。

Sponsored Link

「悪魔の実で最強の実は?

 

ということで今回は総合力から悪魔の実最強を予測していきますが、これは種類で言えばロギア系と断定していいでしょう。

自然物になれる力を持つロギア系は戦闘の素人が食しても、一気に主力になれるレベルの力を発揮でき、基本的に覇気や海楼石がない限りはダメージすら負うことがないのです。

 

またロギアの中でも上位下位が存在することが分かっていますので、それを加味しなおかつ攻撃力が高い能力を予想しますと、最強はやはりこの実の能力だと思います。

 

1位 マグマグの実

2位 ゴロゴロの実

3位 ヒエヒエの実

 

ということで1位はマグマグの実、これにはいくつか理由がありますが、まず単純に攻撃力が高いということが言えます。

体をマグマに変える能力なので、相手の攻撃をわざとくらっても相手は勝手にダメージを負って倒れていきますし、その能力の特性上近くに火山でもあればその中に火種を注ぐことで範囲攻撃という点でも群を抜きます。

 

また先ほども言ったように覇気や海楼石がない限りダメージを負うこともありませんし、海に落とそうとしても能力の特性上落とす前にやられる確率が高いです。

まず間違いなくこの実の能力者と五分の戦いをできる人間は存在しないと言えますし、存在した場合相手も人知を超えた強さを持っているはずです。

 

2位と3位は単純な火力不足であり、一概に弱いと言っているわけではありませんがやはりマグマグの実の能力と比べると見劣りします。

防御無視の攻撃能力だけで考えるとグラグラの実が一番強いのではないかと思います。

あの能力があれば、大地震を起こすことも可能ですし、地盤ごと海に沈めることもできるはずです。

白ひげが頂上戦争でそのような攻撃をしなかったのはエースを助け出すことが目的だったからで、単純に海軍をつぶすだけならそう難しいことではないはずです。

 

ただあの能力はパラミシア系で防御力という点でロギアには及ばないので今回はランクインしませんでした。

ヤミヤミの実がランクインしなかったのも防御力と扱いづらさという点で他の実に遠く及ばず、対悪魔の実の能力者なら最強でしょうが、それ以外には普通ですからね。

 

「最弱の悪魔の実は?

次に最弱の悪魔の実について考察していきますが、これはかなり難しい考察になります。

というのも悪魔の実自体が攻撃能力に優れた実は意外と少なくて、ほとんどは本人の発想と努力によって支えられているのです。

主人公のルフィを見れば一目瞭然ですが、ゴムのどこに攻撃力があるのか、いくら考えても全く思い浮かびません。

他の実についても全く一緒なので、かなり僅差のランキングになりますが、頑張って最弱の実について考えてみたいと思います。

 

1位 ヨミヨミの実

2位 ナギナギの実

3位 ヒトヒトの実 モデル無し

 

以上のような結果になり、ヨミヨミの実が最弱になった理由ですが、攻撃も防御も出来ずにカナヅチになるだけの能力では最弱と言われてもしょうがないと思います。

もう1つの理由として、ブルックはかなりの修業により様々な使い方を覚えましたが、そもそもこの能力を得た能力者がわざと死ぬとは思えないので持っているメリットよりもデメリットの方が大きいからです。

 

いくら悪魔の実とはいえ死んだ人間が生き返ると信じる人間の方が少ないですし、ブルックは海賊でたまたま死ぬような事態に陥りましたが普通は絶対に回避しようとします。

なので実の恩恵を得るよりも、厄介な能力を得たと後悔し、戦いから遠ざかる可能性が高いので最弱とさせていただきました。

 

2位は使い方によっては強いですが、それには使用者本人が隠密任務や暗殺術に長けている必要があるので大多数の人間からすればただ音が出なくなる能力でしかありません。

 

3位は偶然動物が食べて能力を得たから効果を発揮しましたが、あれを人間が食べた場合おそらく何の効果も発揮せず、カナヅチになるだけだと思うのです。

チョッパーを見ているとかなりの知能を得ているので、もしかすると人間2人分の能力になる可能性もありますので、一応上の2つよりは強いかなと期待値分ランクが上です。

また動物が食べた場合は普通に強くなりますので、そうなるとゴムゴムやバラバラよりも強いと思うのですが、人間が食べる確率の方が高いので3位です。

 

「今後出てくる悪魔の実は?

ここからは今後出てくるであろう悪魔の実を予想していきますが、今回はゾオン系に絞って考えていきたいと思います。

まずゾオン系の中でも種類があるのでそれについての説明と、そこから予想できる悪魔の実を考えていきましょう。

 

通常のゾオン系は現存する生物の能力を得ることが出来、犬ならダックスフントや狼、牛ならバイソンやキリンといった要は現実でも見れる普通の動物の能力です。

しかし中には絶滅してしまった動物や、存在しない想像上の生き物の能力を宿した悪魔の実が存在するのです。

 

そこで現在出てきた古代種と幻獣種の能力を見ていきましょう。

 

古代種

・名称不明 恐竜の力を得る

・名称不明 マンモスの力を得る

 

幻獣種

・ヒトヒトの実 モデル〝大仏〟

・名称不明 不死鳥の能力を得る

 

以上の4つがはっきりと描写があった実の能力で、ここからは描写が少ししかなかったものから私が予想したものと、描写はなかったが出てくると予想できるゾオン系の能力を紹介いたします。

 

古代種

・ドラドラの実・・・ドラゴンの能力を得る。スリラーバーク編でドラゴンが過去存在していた描写があったので古代種扱いだと予想しました。

・トリトリの実 モデル〝翼竜〟・・・厳密に言えば鳥ではないのですが、あえて鳥にしそうな気がしたのでこちらに。

 

幻獣種

・ネコネコの実 モデル〝白虎〟

・ドラドラの実 モデル〝青龍〟

・カメカメの実 モデル〝玄武〟・・・この3つは不死鳥を朱雀と考えれば出した方が自然だと思いますし、実はぺコムズは玄武の能力者ではないかと疑っています。

 

・ヒトヒトの実 モデル〝天使〟

・ヒトヒトの実 モデル〝悪魔〟・・・以前ラフィットが羽を生やし飛んでいたところから、この2つのどちらかを食べたのではないかと予想しました。

・ヒトヒトの実 モデル〝鬼〟

・ヒトヒトの実 モデル〝神〟・・・大仏があるくらいだからこの2つが出てきてもおかしくないですし、カイドウは鬼の能力を得た人物かもしれないと考えています。

・イヌイヌの実 モデル〝ケルベロス〟

・ウマウマの実 モデル〝ユニコーン〟

 

などなど幻獣種は世界の神話や民話からとってくればいろいろと出せそうなのでかなり期待していますが、中でも個人的に出てほしいのはヨルムンガンドです。

というか実はレッドラインってヘビヘビの実 モデル〝ヨルムンガンド〟のなれの果てではないかと疑った時期がありまして、いろいろと考えて今は別の考えにいたったのですが、それについてもそのうち記事にできればいいなと考えています。

 

まとめ

今回の考察では悪魔の実の最強と最弱、そして今後出てくるであろう悪魔の実をゾオン系に絞って考えてみました。

 

最強の悪魔の実

・マグマグの実

 

最弱の悪魔の実

・ヨミヨミの実

 

今後出てくるゾオン系

古代種

・恐竜を始めとした白亜紀前後の生き物

 

幻獣種

・世界の神話や民話を元にした伝説の怪物

 

以上が今回の考察から見えてきたものですが、最強最弱は今後の悪魔の実の展開次第で大きく入れ替わる可能性もあります。

また古代種や幻獣種はぱっと思いつくだけでもかなりの数がいるので正直予想するだけでワクワクが止まりません。

今後も様々な能力が登場するでしょうが、より一層冒険を盛り上げるとともに、初期のような出てくるだけでワクワクする能力に出会いたいですね!

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想する悪魔の実の考察・予想していただければと思います!

※名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

3 Responses to “悪魔の実の最強と最弱を考察!今後の幻獣種や古代種の予想も!”

  1. K.K より:

    ラフィットは羽を生やす人型で、催眠術が使えるという点で、私はヒトヒトの実の幻獣種、モデル・セイレーンだと思いますがいかがでしょうか。

  2. chu3byo より:

    イカイカの実 モデルクラーケン
    該当者が思いつかないのでロジャーと予想

  3. 匿名 より:

    幻獣種で『ヘビヘビの実 モデル:ケツアルコアトル』とか、『ウマウマの実 モデル:ペガサス』、あと名前が思いつかないのですが、『モデル:麒麟』ぐらいしか、動物系は思いつきませんでした…。

    超人系や自然系の実の名前の予想は山ほどあるのですが…。いつか、それらの記事も読んでみたいです。

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ