[ワンピース]世界を巻き込む戦いを徹底考察!最終回の大決戦になる?

Sponsored Link

何度か考察記事でも出ていますが、ワンピースの終盤では世界を巻き込む戦いが起きることは確実で、それが最終回までもつれ込むのかその前に終わるのかはまだ分かりません。

今回はワンピースの最終回までにどんな戦いが起きて、世界を巻き込む戦いとはどういったものになるのかを考察していきたいと思います。

Sponsored Link

世界を巻き込む戦いとは?

 

まず世界を巻き込む戦いがどういったものになるのかを考えていきたいのですが、今までの考察を元にして考えると世界政府や天竜人を権力の座から引き下ろし、世界を自由にするための戦いというものになると思います。

これまでのロジャーや白ひげ達の言動を考えると世界を巻き込むのは、真実を知った者たちであること、Dの意思が関連するものです。

 

さらにルフィのこれまでの戦いの理由は常に仲間と自由という一貫した理由がありますので、全てを知ったルフィが仲間のためと自由のために立ち上がるのは想像に難くありません。

 

この理由を考えていくと、仲間のために戦うことは奴隷解放も含まれてくると思うので、聖地マリージョアに乗り込むことは確実です。

ルフィはそもそも後先を考えずにとりあえず殴るというイメージがありますが、実はそうではなく何があっても自分が守るから諦めるなという意思が彼の行動には込められています。

 

天竜人を殴り飛ばした時も、魚人島でビッグマムに宣戦布告した時も己のためというより仲間のためでしたから奴隷解放のために戦うのは確実です。

 

そしてもう1つの理由が自由のための戦いで、これはルフィにとって海賊王と同じ意味で使われていると考えています。

ルフィは常々海賊王になると言っていますが、ルフィにとっての海賊王は海で一番自由な奴ですから、支配しようとする敵に対しては一切容赦しません。

つまりルフィが天竜人と世界政府にケンカを売るのは決定事項と言っても差し支えないくらい当たり前の事なんです。

 

上記の2つの事からルフィが歴史の真実を知り、仲間が困っており、ルフィにとっても自由を阻害する敵だと明確に認識した時麦わらの一味は立ち上がり今の世界に戦いを仕掛けるはずです。

 

これまでの冒険を見る限りルフィ達の戦いに合わせて周りの人間は動くので、これが世界を巻き込むという意味で間違いないと思います。

 

戦いの規模と参加メンバー

 

では具体的に戦いの規模や参加メンバーはどうなるのかを予想してみたいと思いますが、ここで重要になってくるのが今までルフィ達が出会ってきた人達です。

彼らの助けがない状態ではいくらルフィ達が強いと言っても傘下含め5600人程度ですから、消耗戦を仕掛けられてはまず勝てません。

 

では彼らの味方になってくれる人間がどれくらいいるかというと、今まで冒険してきた土地の数、戦ってきた敵の数、ドラゴンやシャンクスのようにルフィに縁のある人物がほとんど味方になってくれると考えていいでしょう。

 

東の海、偉大なる航路の住人だけでなく、革命軍、果ては海軍まで最終的に共闘してくれる、そう私は考えています。

主に先導するのはジェルマ66がやると考えており、理由は彼らも世界をひっくり返す準備をしているからです。

 

詳しくは以前の考察記事を読んでいただきたいのですが、ジェルマ66と革命軍がトランプゲームに関連していることから今後トランプゲームをモチーフにしたキャラクターや組織は世界と戦うと考えていいかもしれませんね。

そうなるとドフラミンゴやエースの部下達も参戦する可能性があるということで、かなりワクワクしてきますね。

 

次に具体的な戦いの規模ですが、権力を笠に着て横暴を繰り返している世界貴族、彼らに虐げられている住民達はこの機会に立ち上がるでしょうから各地で内乱が起きます。

これは一部ではなくある程度発展した貴族の住む町では起こると考えていいので、偉大なる航路だけでなく4つの海それぞれで起きるでしょう。

 

それらを先導するのが戦争屋ジェルマ66、取りまとめるのが革命軍と役割を分けて各地で内乱が起き、偉大なる航路では4つの海以上の戦いが起きるでしょう。

まず七武海が海軍を裏切るのは目に見えてますし、海軍もコビーや藤虎といった反乱の芽があり、さらに言えばCP0が内部で暗躍する可能性もありますからこちらから火種が広がるでしょう。

 

次に世界政府に不満を持った海賊がルフィ達の動きに合わせて各地の政府主要施設を襲うでしょうし、それに乗じて革命軍やジェルマ66の幹部が暴れるでしょうからまず止まりません。

反乱の火種は少しずつ大きくなり言いなりになっていた住民達も立ち上がるでしょうから、まさに全世界を巻き込む戦いと言っていいでしょう。

 

一言で言えば全ての海で戦いが起き、それに参加しているのは海賊や海軍だけでなく、あらゆる組織と普通の人、生きている人々全てが戦いに参加するようなものです。

 

最終回まで戦いは続く?

 

世界を巻き込む戦いの内容と規模は分かりましたが、ワンピースの最終回までこの戦いは続くのかというと私はそんなことないと考えます。

今までのワンピースを思い出してもらえれば分かるのですが、戦いの後の結末をしっかりと描くというのがワンピースという漫画なのです。

 

それこそゾロを仲間にした時もプチパーティーがありましたし、基本的には大宴会を催して、ルフィ達が次の冒険に出向く姿を描きます。ならば最終回は戦いではなく後始末と日常で終わると考えられ、ラストは次の冒険に出向くところまで描いてくれるのではないかと思っています。

結論として、世界を巻き込む戦いと言えど最終回までもつれ込むことはなく、その前の話で必ず終結させるはずです。

 

まとめ

 

今回の考察で分かったことは世界を巻き込む戦いの規模は4つの海や偉大なる航路を含む全ての海であり、戦いに参加するのは海賊や海軍と言った戦士に限らず一般市民まで巻き込む戦いです。

 

またワンピースは格闘漫画でなく冒険漫画ですので、冒険の結末と次への希望はしっかりと描くはずですから、最終回が戦いで終わることはないでしょう。

これから四皇や革命軍、ジェルマ66といった世界の根幹に関わる組織が続々と登場していきます。彼らは世界に何をもたらし、ルフィ達はどう世界と関わっていくのか、今から楽しみでしょうがありません‼

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想する世界を巻き込む戦いの考察・予想していただければと思います!

※名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ