海の戦士ソラの正体と能力やなぜ海を歩けるのかを考察予想!

Sponsored Link

海の戦士ソラ、この言葉に聞き覚えがない方も多いかもしれませんが、海の戦士ソラとはワンピース世界における物語の中の主人公です。

サンジの出生が明らかになった話の中で、悪の軍団ジェルマ66と戦うヒーローの事ですね。

ただのお話だと思っていたものが、ジェルマ66が実在したことにより一気に現実味を帯び、世界にとっても重要な秘密である可能性が出てきました。そこで今回は海の戦士ソラについて、正体や能力を考察から予想していきたいと思います。

Sponsored Link

「海の戦士ソラって誰?」

先ほども書きましたが、ソラとは物語の中のヒーローであり、世界経済新聞で連載されていたそうです。

海軍の英雄達の実話を元に創られており、海軍の宣伝をすることが目的だったようですね。
次に物語の中で語られているソラの能力について分かっている部分を書き出してみましょう。
・海の上を歩ける
・合体ロボを使用する
・カモメを従えている
今現在分かっているのはこれくらいですが、ソラが登場したコマでは銃のような武器を構えている姿が分かっています。

作中で分かっていることはこのくらいなので、ここからは考察から海の戦士ソラの正体とそこからわかる能力を予想していきましょう。

 

「海の戦士ソラの正体は?」

海の戦士ソラの正体について予想していきますが、結論から申しますと特定の人物は存在しないと言っていいでしょう。

というのも海の戦士ソラは空想上の人物であり、いわば佐々木小次郎のように複数の伝説を合わせたキャラクターだと思います。ということでここからはそのモデルになった人物を予想していきます。
1人目はDr.ベガパンク、彼がソラのモデルになったことは合体ロボを従えていたことからも間違いありません。

フランキーがベガパンクの家で数々の設計図を発見した際にそれを元にフランキー将軍を作り上げていますし、海の上を渡りながらも海王類に襲われないのは足に海楼石を仕込んでいると考えられます。
2人目は青雉、彼は海の上を渡る際に船を使わずにヒエヒエの実の能力で海を凍らせながら渡っていました。

しかしヒエヒエの実の能力は物語の主人公としては強すぎるので、この海を渡ったという部分だけソラのモデルにして、実際は道具で補ったように描かれていると思います。
3人目はセンゴクですが、なぜ彼がモデルになっているかというと頭にカモメのオブジェを乗せているのもそうですが、海軍きっての智将だからです。

おそらく彼が実行した作戦の数々は今までにない革新的なものが多かったと思いますし、ソラも子供向けの話のヒーローという立場上頭を使った立ち回りが要求されたはずです。

そこでセンゴクの頭にカモメを乗せて、ソラのモデルだよということをアピールしたのではないでしょうか?つまりソラのモデルになったのはその頭脳部分でそれをアピールするためにセンゴクにカモメを乗せソラとの共通点をあえて作ったのだと思います。
他にもモデルとなった人物や事件は多いと思いますが、今現在分かるのはこれくらいですね。残りのモデルに関しては物語の中で明かされることを期待しましょう。

 

「海の戦士ソラが創られた目的って何?」

最後の考察はこの物語が創られた目的について考えてみたいと思います。

ヴィトの言葉を借りれば子供達への洗脳教材だそうですが、海軍はいつでも正しく、悪には負けない存在であると印象付け、海軍に対する悪いイメージを払拭することが狙いなのでしょう。
またそれはソラがカモメを従えていることもそうですし、彼がつけているマントのマークからも明らかでしょう。

彼のマントには世界政府と海軍を表すマークを合わせたマークが描かれていました。つまりヒーロー=世界政府&海軍ということをアピールすることが目的だったとみて間違いないです。
そしてもう一つの目的がジェルマ66の存在を公にすることによって、その存在を隠すことでしょう。

これだけ大々的に物語の存在として語られれば嘘つきノーランドと同じくらいの信憑性しか得られないでしょうからね。
ではなぜ隠さなければならなかったのかというと、ジェルマ66が世界政府と協力関係にあるからです。

よくよく考えてみるとジェルマ66の持つ力はベガパンクの協力があってこそのものだと思えてきました。

ベガパンクは純粋に作りたいものを作るが、時としてそれは正義の軍隊が使うにはふさわしくないものが作られたはず。そこでジェルマ66という悪の組織を実験体に効果を検証すれば海軍にとってマイナスにならないうえにどの程度の効果を発揮できるか分かるといいこと尽くめです。
以前の記事でジェルマ66は悪魔の実の能力を研究して兵器に使用していると書きましたが、ベガパンクと協力して兵器を開発しているとすればすっきりします。
サンジが初登場した時、フルボディに対して勘違いした奴を見ると頭に血が上ると言っていましたが、海軍とジェルマ66のことがあったから海軍に対して良い印象を持っておらず逆上したのかもしれませんね。

 

「まとめ」

今回は海の戦士ソラについて考察してみましたが、意外なことが見えてきましたね。
結論としては海の戦士ソラは存在しませんが、海の戦士ソラの物語には重要な秘密が隠されていることが分かりました。

ジェルマ66とベガパンクが繋がっていて、そのことからサンジが飛び出した可能性まで出てきました。
おそらく今回のサンジの結婚騒動でDr.ベガパンクが初登場すると思います。

これだけベガパンクの事を匂わせているのもそうですが、それ以上にシーザーという存在がベガパンクをだすための布石だと思えてならないのです。
今後のサンジの結婚話の中でサンジの家族の事を含めかなりの謎が明かされるはずですから、期待して待ちたいと思います!

 

この記事だけでは到底、予想しきれないので、ぜひ皆様のご意見を聞かせてもらえないでしょうか?

下記のコメント欄に皆様が予想する海の戦士ソラ関する考察・予想していただければと思います!

名前、アドレスは不要なので、お気軽にコメントしてくださいね!!

 

⇒ワンピース伏線・考察資料室へ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ