嫌いなジャニーズランキング2016まとめ!1位はやはりあの人?

Sponsored Link

「週刊女性」では毎年「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」といテーマで、アンケートが実施されています。

さらに、同誌が運営しているWEBサイトの「週刊女性PRIME」でも、WEB上で「嫌いなジャニーズ」というテーマでアンケートが実施(4月12日~18日)され、約1万6000人の方からの回答が、早々に集まったそうです。
そして、2016年版の結果が4月26日に発表されました。

今回は、「嫌いなジャニーズランキング」の結果と、その理由を紹介しようと思います。

Sponsored Link

【嫌いなジャニーズランキング6位~10位】

10位 伊野尾慧(Hey!Say!JUMP
理由は、「先輩に対する礼儀に欠ける」「言葉遣いを何とかしてほしい」といった事が多く、いわゆる社会人としてのマナーが問われているのでしょうか。確かに、芸能人である前に、社会人としての礼儀は大事です。

ただ、本人がそういう人なのか、そういうキャラを作っているのかは、分かりませんが…。

 

9位 菊地風磨(SexyZone)
「赤西仁(元KAT-TUN)の真似ばかりで個性がない」「慶応を主張するわりに、クイズ番組で活躍できない」といった意見がありました。

 

8位 櫻井翔
「高学歴は武器にならない」「体系管理をした方がいい」「人を見下している」という理由が上がっています(あまりそのようには見えないのですが…)。

しかし、好きなジャニーズではダントツの1位です。やはり、あの容姿端麗で知的なイメージがかなりの好感を得ているようです。

また、司会を起用にこなし、後輩にも優しいという見方をしている方が多いようです。

 

7位 大野智
この方は、「女性関連の記事が多く幻滅した」「ファンに対する誠意がない」「ファンに対するマナーがひどい」といった、アイドルとしての姿勢が問われています。

しかし、好きなジャニーズでは3位とTOP3にランクインしています。この方の場合は、歌・ダンス・アートといった、パフォーマーとしての評価がかなり高いようです

。だからこそ、それ以外の素行に関しても、ファンの理想が高くなり、このような結果になってしまったのではないでしょうか。

 

6位 松本潤
嵐のメンバーとしてドラマやCM等でも活躍されている方ですが、「愚痴っぽい」「人に厳しくて面倒」「人(嵐のメンバー)を落とすような発言が多い」「メンバーの意見を取り入れなない」といった意見が多く、自己中心的に見られているのでしょう。

ブレイクしたドラマの役がそうイメージの役柄だったので(かなり前ですが…。)、意外とそのイメージを引きずってしまう人もいるのでしょうか。

しかし、好きなジャニーズでは4位とかなりの上位にランクインしています。

(ちなみに昨年は好きランキングでは1位でした)昨年よりダウンしていますが、プロ意識が高そうな所が評価されているようで、それを自己中心的と取ってしまうと、批判的に見てしまうのでしょう。

 

【嫌いなジャニーズランキング5位~1位】

 

5位 中居正広

この方は、司会業に関する意見が多く、「ゲストを小ばかにしている」「ゲストの上げ足を取っている」といった、

ゲストに対する上から目線的な話し方を批判している声が多いようです。

また、「トークより、ステージで最後まで踊れる体力づくりをしてほしい」といった、本業であるアイドルとしてのパフォーマンスを、指摘する意見もありました。
これまで、たくさんの番組収録やコンサート、映画やドラマの撮影等の合間に、ダンスや歌の練習もしていたのでしょうから、想像もつかないくらいのスケジュールをこなしてきたのだろうと思います。

また、年齢的な事も考えると、あのクオリティーを維持しているだけでもすごいと思いますが…。

 

4位 近藤真彦

長年アイドルのトップの座にいた大御所の方ですが、このランキングでも常連になっているようです。

理由として、「自分の宣伝に、後輩の番組を独占する」「(ゲスト等で出演すると)後輩が気を遣ってしまい、楽しくない」「威圧感がある」といった意見が多いです。

もう30年以上この業界で活躍されていて、ある意味ジャニーズ事務所を引っ張ってきた存在でもあるので、それなりの存在感があるのは、当たり前のような気がします。

また、後輩が気を遣ってしまうのも、会社で上司に気を遣うのと同じ(業界的にはそれ以上かも…)だと思うので、仕方がないのかもしれません。

 

3位 手越祐也

度重なるスキャンダルで、常連の位置にいるのがこの方です。

「遊びすぎ」「自分の立場を考えてほしい」「ファンの事を考えているのか」といった、ジャニーズのアイドルとしての振る舞いを指摘している意見がほとんどです。
ただ、彼は「好きなジャニーズ」にもランクイン(17位)しており、あの“王子キャラ”に好感を持っている人も多いのだと思います。

 

2位 いない
これは、「嫌いなジャニーズがいない」という回答が多かったようです。

多くの回答者が、「厳しい世界で頑張っている」「精神力が素晴らしい」といった、ジャニーズ全体の努力を評価しているようです。
ただ、一方では「メンバーが多すぎて分からない」といった意見もあり、顔と名前が一致しなかったりして、誰に投票すればいいのか分からなかったという方も、中にはいたようです。

 

1位 木村拓哉
今年の1位は、やはりこの方でした。

これまでの「プライドが高い」「カッコつけすぎる」などといったお馴染みの理由もありますが、決定的にこの順位を位置づけたのは、今年のSMAP解散騒動での一件です。

解散騒動に至るまでの様々な噂が、彼が裏切り者であるという印象を与え、さらに、フジテレビで放送された「SMAP×SMAP」での謝罪会見で、彼の言動が横柄に見えた事が、一気にイメージダウンにつながった様です。
しかし、やはり天下のキムタクなので、好きなジャニーズでも7位と上位にランクインしています。

ジャニーズの中でもダントツに人気がある方なので、求められる理想像も高く、それが逆に沢山の批判をされる要因になってしまうのではないでしょうか。

そのような批判を浴びながらも、強い精神力で、彼なりのクオリティーを保つ努力を怠らない姿勢は、ある意味では評価に値すると思います。

 

* 参考までに好きなジャニーズランキングも紹介します
1位 櫻井翔     6位 二宮和也
2位 山下智久    7位 木村拓哉
3位 大野智     8位 相葉雅紀
4位 松本潤     9位 中居正広
5位 亀梨和也    10位 山田涼介

 

以上を見てもわかるように、嫌いなジャニーズランキングで上位になっている方の半分は、好きなジャニーズランキングでも上位にランクインしています。

人気があるからこそより注目され、その人間性が高い事を求められてしまうので、ちょっとした言動で批判されてしまう事が多々あるのだろうと思います。

 

彼らは、常にかっこいいアイドルのイメージを保たなくてはいけないので(女性アイドルも同じですが)、一般人では許されることが、ジャニーズだと指摘されてしまうのでしょう。

ただ、「いない」という回答が2位にランクインしているという事は、理由を見る限りでは、“関心がない”という事ではなく、現在のジャニーズの人たちが、評価されている(関心を集めている)と考えてもいいと思います。

 

まとめ

こういったランキングに関しては賛否両論で、操作しているとか、コアなファンが人気を拡散しているとか、色々な意見がある事も事実です。

特にジャニーズに関しては、そういった意見で極端に好き・嫌いが分かれます。

しかし、「好き」でも「嫌い」でも、人気があって注目度が高い事と、人気が高いほどアンチ的な人が注目して批判する事と、結局は同じ事だと思います。
メディアに写っている彼らは、常に笑顔でカッコよく振る舞っています。

しかし、その裏では沢山の努力があったり、芸能界(事務所)での縦社会に気を配ったりと、身体的にも精神的にも強くないと、活躍し続ける事は難しいと思います。若い時からそういう環境の中で生きてきているという事は、ある意味すごい事ではないでしょうか。

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “嫌いなジャニーズランキング2016まとめ!1位はやはりあの人?”

  1. ジャニオタきゅんきゅん より:

    私Hey!Say!JUMPの伊野尾慧君が大好きなのにーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ