大晦日格闘技2015の魔裟斗と山本KIDの結果予想!視聴率は?

Sponsored Link

いよいよ、「反逆のカリスマ」魔裟斗と「神の子」山本KIDが大晦日格闘技2015にて

電撃的な再戦をすることになりました!

この対戦は11年前のK-1以来であり、当時は衝撃的な展開と結末に世間を騒がせたのを覚えている方も多いと思います。

今回はこのゴールデンカードの結果予想と視聴率について考えてみたいと思います。

Sponsored Link


魔裟斗のコンディションは?

大晦日格闘技2015における魔裟斗の実戦は6年ぶりになります。

いくら「反逆のカリスマ」とはいえ6年のブランクは大きいと言わざるおえません。

肉体面及び精神面においては魔裟斗クラスであれば仕上げてくることが出来るでしょう。

しかし実戦感覚となれば話は別です。
6年間もの間実戦から遠ざかった経験は今回が初めてです。当の魔裟斗もこの対戦に対して、
「オファーをもらったのは7月中旬。まさか現役選手が相手とは思っていなかった。こっちは
6年のブランクですよ。練習でも若い子にやられてばっか」と弱気ともとれる発言をしています。
よって魔裟斗がコンディションをどこまで現役時代に近づけられるかがキーとなりそうです。

 

山本KIDの経験値とは?

もともと空手、キックボクシングといった立ち技系格闘技出身ではなくレスリング出身の山本KIDは、キックボクシング主体のK-1ルールで行われる今回の試合では一見不利に思われるかも知れません。

しかし山本KIDは総合格闘技を通じて豊富な実戦経験を有しており、勝負勘や格闘センスといったものに関して比類なき面を持ち合わせています。

今回の大晦日格闘技2015に向けても「久々の大晦日の試合、楽しみながらやるけど、リングに上がったら情け無用!」
と山本KID自身も精神的余裕も伺え知れます。

ただ、大晦日格闘技2015においての不安要素として、直近の総合格闘技の試合では負けが続いているということがありますが、その負けの殆どが寝技によるものであり、立ち技では対戦相手に引けを取ることはありませんでした。

故に立ち技で行われる今回の魔裟斗戦においては不安要素とは言えなさそうです。

後は故障した右ひざがどの位回復しているのかということになりそうです。

ズバリ結果予想!!

前述の通り、コンディション調整が順調に進めることが出来れば魔裟斗の勝利に終わると結果予想します。

しかし実戦経験の不足から来る油断が少しでもあれば、経験値豊富な山本KIDによってマットに沈められることになると結果予想します。

全体としてはやはり山本KID有利は動かないでしょう。ただ魔裟斗も「とにかく勝ちたい。
昔と同じ動きができるかといえば無理だけど、どこまで近づけることができるかが勝負」とも言っています。
山本KIDも右ひざに故障を抱えており、下半身への攻撃が許されているK-1ルールでは魔裟斗にとって有利な面もあります。「反逆のカリスマ」魔裟斗のキックボクサーとしての意地にも期待したいところですね。

視聴率はどれくらい?

大晦日格闘技2015は、同じ時間帯のNHKの目玉番組である紅白歌合戦の裏番組に相当しますが
前回の2004年の対戦では瞬間最高視聴率31・6%をマークし、民放の同時間帯の番組では唯一NHKの紅白歌合戦の視聴率を超えています。

今回も注目度の高さから前回に匹敵する高視聴率が予想されます。

しかし、現在は11年前と比べて格闘技ブーム自体が下火であるため魔裟斗VS山本KIDの好カードをもってしても前回同様の高視聴率を得るのは難しいとする向きもあります。

ここまで、大晦日格闘技2015、魔裟斗VS山本KIDの結果予想及び視聴率について考えてきました。今年屈指の
好カードを観ない手はありませんよね。皆さんこの世紀の対戦の目撃者となり、新しい年を迎えましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ