ドラマ5時から9時まで1話ネタバレと視聴率!評価や全何話まで?

Sponsored Link

10月スタートの月9の新ドラマが『5時から9時まで〜私に恋したイケメンすぎるお坊さん〜』に決まりましたね!

主演キャストに石原さとみさんと山下智久さんの美女・イケメンコンビということで今からどんな展開になっていくのかが楽しみです。

 

また石原さんも山下さんも月9ドラマには出演したことがあるものの共演は初めてなのでそこら辺の新しさも期待できる作品になりそうです。

 

今回はそんな『5時から9時まで』の1話のあらすじやネタバレ、月9につきものの視聴率などの情報をまとめてみました!

Sponsored Link

あらすじ(原作)ネタバレ

『5時から9時まで』の原作あらすじは、英会話教室の講師を務める27歳の桜庭 潤子(石原さとみ)が主人公。

 

原作漫画第1巻の1話の時点では、潤子と星川(山下智久)はすでにお見合いを済ませている設定でスタート。

 

お見合いシーンや何故そのような経緯に至ったかは描かれておらず、ドラマではお見合いのシーンが細かく描かれるのでは?

と予想しています。

 

潤子の理想は海外勤務で国際結婚が理想

しかし、星川は高身長、高学歴、イケメンで土地持ちだが職業はお坊さんと完全に潤子の理想の相手とはかけ離れた恋愛対象外

その潤子の気持ちとは反対に、星川は一歩的に強い恋心を抱いてしまう。

 

社会人になってろくに彼氏もできないままもうすぐ27歳の誕生日を迎えようとしていた時に突然のモテ期が訪れる・・・

 

誕生日に一人じゃかわいそうだと大学の同級生である三嶋に誘われたり、同僚のモテ男アーサー・ラングからコンサートに誘われたり、英語教室の生徒からもアプローチされたりするが、どれもうまくいかない結果になるのだが…

 

人一倍に嫉妬心がある星川は三島やアーサーと一緒にいることを止めるように潤子に言うが、当の潤子は特に好きでもない星川の言う事など気にもかけない

 

しかし、27歳の誕生日目前にいきなり星川から花束をプレゼントされ、誰よりも早く誕生日を祝われることになる。

 

そんな純粋な星川に潤子は突然キスをし、そのままホテルで一夜を過ごすことになる・・・

 

『5時から9時まで』は潤子・星川・三島の三角関係を中心にその周りの人物の恋愛関係も描いていくラブコメディ

星川は潤子のハートを射止めることができるのか、そして三嶋と星川との潤子の奪い合いの結末は…!?

 

ドラマ1話のネタバレと見どころは?

原作では潤子から星川へいきなりキスをするシーンがあるのですが、石原さとみさん演じる潤子が気にもかけなかった山下智久さん演じる星川にどういうアプローチでキスするのかが楽しみですね。

 

実際、二人が共演するのは初めてなので、キスシーンも新鮮で見どころではないでしょうか?

 

『失恋ショコラティエ』では小悪魔の女の子を演じた石原さんと『プロポーズ大作戦』、『ブザー・ビート』、『SUMMER NUDE』など数々の月9のラブストーリーで主人公を演じてきた山下さんとの共演なので、一体どんな展開になっていくのかが今後期待できるポイントではないでしょうか?

また結構クールな役柄が多い山下さんなので、嫉妬深い星川をどう演じるのかも見どころですね。

 

アルジャーノンの花束でこれまでにない役に挑戦し、役者の幅を広げていっている山下さんなので、今回の星川の役も期待できそうです。

 

↓ここからネタバレ↓

 

第1話は知人の葬儀のシーンから始まる。

そこでお経を読む住職・星川高嶺(山下智久)と桜庭潤子(石原さとみ)の出会いが描かれている。

 

潤子が仕事は終わり、家に帰ると家族から誕生日のお祝いといい秘密でお見合いをセッティングされる、

 

その相手こそが星川高嶺だった。

 

『おめでとうございます。あなたを私の妻にして差し上げます。』

 

星川は唐突に潤子に淡々とした口調でそう告げる。

 

明らかに驚きを隠せない潤子。

 

『結婚するつもりはないので』

と断る潤子だったが

 

豪華な食事を目の前についつい会食をしてしまう…

 

ある日潤子の英会話教室に星川が訪れる。

そして星川は英会話教室へ通う事になる。

(原作はここからスタートする)

 

星川は潤子のプライベートまで付き添っていたが

祖母から桜庭との縁談はなかったことにすると言われてしまう。

 

縁談の断りは自分で言うという星川は桜庭のもとを訪れるが

切り出すことができず終わってしまう。

 

潤子はアーサークラスの婦人達の代理授業をまかされるが

下手な英語を教えてしまい恥をかかせたことで、誕生日に謝りに行く事になる。

 

帰りに雨の中一人寂しく泣く潤子のもとに車に乗った星川が現れる。

それは彼女にとってまるで救世主かのように映った。

 

星川は潤子に『おめでとうございます』

と誕生日の祝いを告げる。

 

ただそれだけを言いたくて会いにきたという星川に

潤子は抱きしめられてしまう。

 

星川は車に準備しておいた誕生日プレゼントのバラを渡す。

 

そして星川は潤子を実家へ連れていき

『ここから出さない』と言い

監禁してしまう。

 

ここで第2話へ続く…

 

第1話の感想まとめ

 

『5時から9時まで』は全何話まで?

2015年の月9ドラマを見てみると・・

『デート〜恋とはどんなものかしら〜』全9話

『ようこそ、わが家へ』全10話

『恋仲』全9話

1年前の同時期のクール『信長協奏曲』は全10話となっています。

 

9話⇒10話⇒9話という規則に基づいているわけではありませんが、例年通りにいくと『5時から9時まで』は全10話の設定になります。

 

 

 

初回視聴率は?

 

第1話の視聴津は12・6%を記録し、前作の恋仲の初回9・8%というまさかの一ケタ台とは違いかなりいいスタートをきれました!

 

しかし、お坊さんと英会話講師という日常ではありえない設定ということとそれを演じるのが石原さとみさんと山下智久さんだったので

『どんな演技なのか』

という興味本位の人もこの数字に入っていることから実際の視聴率は2話以降に表れてくるでしょう。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ