脇汗対策でおすすめの簡単で効果がある方法5選を紹介!

Sponsored Link

 

皆さんは脇汗対策どうされていますか?

緊張するとかきたくないのにどんどん汗が出てきて、特に電車の中や会議中など、緊張すればするほど汗が止まりませんよね。

洋服に脇汗がしみになっていたら…と思うと決して腕を上げたり電車などでつり革を持ったりはしたくないですよね。

こまめに汗を拭いたり、女性の方でしたら脇汗シートをつけてみたりと様々な事をしてなんとか乗り切っていると思いますが、脇汗対策で簡単でおすすめの方法がいくつかあるので紹介してみたいと思います。

もちろん個人差があるとは思いますが、簡単なのに効果があるとほとんどの人がおすすめする方法ですので参考にしてみて下さい。

Sponsored Link

脇汗対策、これがおすすめ!簡単なのに効果がある方法5選!

 

1.みょうばん水でスプレー!

みょうばんはよくドラッグストア等で売られている物ですが、みょうばんにはイオンの力で汗を抑える効果と消臭効果がある事が知られています。

このみょうばんを水で薄め、百均などで手に入るスプレー容器に入れて脇にスプレーするだけで、気になる脇汗を抑えてくれます。

市販の制汗剤を使用する方法もありますが、みょうばんという天然の物を使用する事で、市販の制汗剤に含まれている様々な成分を気にしなくても良いですし、コストもぐっと抑える事が出来るのでおすすめです。

稀にみょうばんでかぶれてしまう方もいらっしゃるので一度に大量に使用せず、まずはワンプッシュで皮膚に異常が出ないか試してから脇汗対策として脇にみょうばん水をスプレーしてみて下さい。

 

2.リンパ節を冷やす!

これは医学的にも有効な方法ですが、リンパ節は血管が集中している場所なので、特に太い血管が集中している箇所を冷やす事によって全身の熱を下げる事が出来、脇汗対策にもおすすめなのです。

汗が出る原因として多いのが、「温熱性発汗」という体温の上昇によるものがありますが、このような場合は血管を流れる血液自体も温度が高くなっているので、リンパ節を冷やす事によって結果的に全身の熱を下げる事が可能になるという訳です。

 

冷やす部位として効果的な場所は、首の後ろや脇、左の鎖骨下、太ももの付け根、ひざの裏などのリンパ節部分です。

これらの部位はよく発熱したときに冷やす所と一緒ですよね。熱を下げるという意味で昔からこれらの部位を冷却してきているので脇汗対策の方法としても簡単で効果のある方法だと思います。

冷やす際には冷却シートや冷たいペットボトル・缶などで、汗ばんできそうだなあと感じた時に冷やすと効果があるようです。

 

3.ツボ押しをする!

手・胸・脇に汗を抑えるツボがある事は知っていましたか?

手にある汗を抑えるツボには「合谷」「こけい」「陰げき」というツボがあります。

「合谷」はよく知られている万能のツボであり、手を横から見たときに親指と人差し指の骨の接合部の人差し指寄りのくぼみを指します。

「こけい」はこぶしを作って小指の付け根の下に出来る突き出た部分を指します。ここのツボを反対側の親指で強く押します。

そして「陰げき」は手のひらを上に向けた時に、小指側の手首の付け根から指一本分ひじに向かった所にあります。どのツボも押してみて分かるように、何か効果がありそうなツボである事を実感出来るのではないかと思います。

そして、顔や脇の汗を抑える効果があるツボは、「屋えい」という両胸の上の辺りにあるツボがあります。乳首の3㎝~5㎝上にあるそうですが、広めに手で押せば効果があるようです。

それから、脇のツボはより効果的で、脇の真ん中から下、乳首の真横にある「大包」というツボがあります。

そのツボは昔から舞妓さんも行っている方法で、顔に汗をかかず、化粧崩れをしないで済んでいると言われている程です。

舞妓さんは、このツボの辺りを帯で圧迫することによって、化粧崩れを防止しているのです。顔の汗と脇汗と両方に効果があり、しかもツボを押すだけなのでとても簡単で良いですよね。

 

4.ベビーパウダーを塗布する!

ベビーパウダーはその名の通り、赤ちゃんの物と思っている方やお子様がいらっしゃる方は、赤ちゃんのおむつかぶれやあせも対策に使用している方が多いと思います。

このベビーパウダーには汗を吸い取るという効果があるのはご存じでしたか?

外出前などにベビーパウダーを脇に塗布するだけで、汗をかいてもさらさらの状態が続きます。

しかし、スポーツ等をして大量に汗をかく場合や脇汗の量が多い方には、申し訳ないですが向いていない場合が多いです。

やはり、ベビーパウダーだけでは多くの汗の量を吸い取りきる事は難しいからです。けれど、通勤中にかいた脇汗を朝の通勤後に綺麗に拭きとり、再度ベビーパウダーを塗布して仕事をする…などのこまめな方法で脇汗対策をしていくと、効果が見えやすいかもしれません。

 

5.食生活や生活リズムの見直し!

やはり、脇汗となると日々の生活リズムや生活環境が影響してきます。

脂っこい食事が多かったり、睡眠時間が不規則であったりすると身体の中に悪いものが溜まっていきますよね。

主食・汁物・主菜・副菜といった食事のバランスを意識してみたり、良質なたんぱく質や野菜や果物からのビタミン・ミネラルをしっかり摂取する事でも確実にデトックス効果を得られ、大量にかいていた脇汗も抑えられたり、脇汗の臭いの心配も減ります。

規則正しい生活を少しずつ取り入れる事で、体質改善にも繋がり、脇汗対策にも効果があるので是非意識してみて下さい。

 

まとめ

脇汗対策でおすすめの簡単で効果がある方法5選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今は脇汗対策として様々な方法がメディア等でも言われ、脇汗対策に関する様々な商品も多くあります。

今回紹介した方法は主に、お金も時間もかけずに簡単に脇汗を抑えられる効果のある方法でした。これらの方法で自分にあった方法を見つけられたら、急な会議や急なデートなどがあって緊張しても、もう脇汗に悩まされる事がなくなりますね。簡単に出来るので、是非一度試してみて下さい。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ