ラブライブサンシャインのCD売り上げは?μ’sと比較してみた!

Sponsored Link

2013年から2014年まで2期にわたって放送された大人気アニメ「ラブライブ」。

ラブライブは、社会現象に発展するまで人気を博し、2015年には、ラブライブの完結とも捉えることが出来る劇場版が上映されましたね。

そして、アニメから生まれたユニット「μ’s」は、現実世界では担当声優で結成されており、数々のヒット曲やライブは全て大盛況となりました。

そんなラブライブのスピンオフ作品である「ラブライブサンシャイン」が、2016年夏に放送を予定しており、放送に先立ち、ラブライブサンシャイン内で結成されているユニット「Aqours(アクア)」名義でシングルCDがリリースされています。

 

今回は、ラブライブやサブライブサンシャインについての説明や、ラブライブサンシャインでのユニットAqoursのCD売り上げについての情報や、Aqoursとμ’sのCDの売り上げ数を比較していこうと思います。

Sponsored Link

ラブライブとラブライブサンシャインとは?

 

まず、本題の説明の前にラブライブについておさらいしていきましょう。

 

「ラブライブ」は、東京千代田区にある伝統校「国立音ノ木坂学院」が舞台となっており、生徒数などの減少により数年後には廃校になってしまいます。

 

そのことを知った主人公「高坂穂乃果」は、廃校の危機から救う為、幼馴染の園田海未、南ことりと共に、学校専属のアイドル「スクールアイドル」を結成し活動していくところから物語が始まります。

 

そして、タイトルである「ラブライブ」とは、日本一のスクールアイドルを決める全国大会で、穂乃果達はラブライブ出場、優勝を目指していきます。

 

これがラブライブの基本的なストーリーです。

 

では、「ラブライブサンシャイン」はどうなのでしょうか。

 

ラブライブサンシャインの舞台となるのは、静岡県沼津市にある女子高校「浦の星女学院」です。浦の星女学院は、全校生徒が100人にも満たない過疎化が進んでいる学校です。

 

ラブライブの主人公「高海千歌」は、スクールアイドルとして活躍したμ’sに憧れており、学校を盛り上げるためスクールアイドルを結成することから物語が始まります。

 

つまり、ラブライブサンシャインは時系列で言うと、ラブライブサンシャイン第1話は、ラブライブでいう第2期終盤~劇場版の間。もしくは、それ以降になりますね。

関連記事:ラブライブサンシャインの聖地巡礼ルートは?学校モデルはどこ?

 

 

ラブライブサンシャインのCD売り上げは?

 

ラブライブやラブライブサンシャインの予習・復習が済んだところで、本題のCD売り上げについて触れていきたいと思います。

ラブライブサンシャインはまだアニメ放送前ですが、Aqours名義で既にシングルCD1枚をリリースしています。

 

Aqoursのデビューシングルとなる初シングルCDのタイトルは「君のこころは輝いているかい?」で、2015年10月7日に発売されています。

 

さて、その気になるCDの売り上げはどうなのでしょうか。

私が調べてみたところ、2015年10月19日付のオリコン週間ランキングで約4万8千枚を売り上げ、初登場で3位を獲得しました。

アニメのシングルで、初週5万枚を売り上げるのは異例のことです。

 

ちなみに、デビューシングルだと、μ’sの約110倍だそうです。μ’sと比較してみても華々しいデビューなのが一目瞭然ですね。

 

このシングルCDには、アニメPVが付いており、価格も2000円と、一般的なシングルCDとしては少し高いですが、それでも5万枚近く売り上げているので、ラブライブ効果はすごいと思いました。

 

ラブライブサンシャインCD売り上げをμ’sと比較してみた!

 

前述の通り、ラブライブサンシャインのデビューシングルはμ’sの約110倍となっており、2016年4月27日に発売された2rdシングル「恋になりたいAQUARIUM」のCD売り上げが注目されています。

 

現状を見ると、「Aqoursはμ’sを超えるのではないか?」と期待する声もいくつか挙がっています。

 

まだアニメ放送前なので、アニメが放送されると、アニメの展開にもよりますが、今後発売するシングルやアルバムが大ヒットする可能性が極めて高いと予想します。

 

もしかすると、μ’sでも成し遂げられていないミリオンヒット(シングルorアルバムCDの売り上げ枚数が100万枚以上)を達成することも遠い話ではないかもしれませんね。

 

仮にそうだとしても、100万枚どころか50万枚でもアニメ業界全体としては超異例となります。

 

ちなみに、μ’sの歴代CD売り上げランキングは….

 

1位:「Best Live!collection」で13万3600枚(2013年1月発売のμ’s初のベストアルバム。100週連続ランクイン。初動9千枚)

2位:「Best Live!collectionⅡ」で13万3100枚(2013年から2014年のシングル全曲を収録したベストアルバム第2弾)

となっています。

 

μ’sはベストアルバムで10万枚を超えましたが、Apouursは、シングルで初週約5万枚売り上げたので、μ’sの売り上げ枚数を抜く可能性は高いですね。

 

ちなみに、μ’sのデビューシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」は、μ’sメンバーの家族の大人買いを含めても500枚には届かなかったみたいです。

 

デビューシングルが発売されたのは、アニメが放送される約2年半前で、ラブライブが世間にまだ知れ渡っていなかった頃なので、売り上げ数が少ないのは当然かと思います。

 

μ’sのデビューシングルは、13万枚の売り上げを記録した初のベストアルバムに収録されています。

 

Aqoursはまだシングル2枚しかリリースしていませんが、今後ベストアルバムなどをリリースすることが予想されます。現時点でμ`sと比較をしてみても、CD売り上げならAqoursの方が大きく伸ばすと私は予想します。

 

しかし、ライブなどの観客動員数を今から比較した場合、μ’sの方が勝るのではないかと思います。1万人以上入るアリーナでのコンサートもほとんどが超満員札止め状態だったと話題になっています。

 

ラブライブ効果もあり「期待の新星」として大きく注目されているラブライブサンシャイン。果たして、ラブライブサンシャインではどんなストーリー展開が待っているのでしょうか。

そして、μ’sに憧れたAqoursは、μ’sを超えることが出来るのでしょうか。

 

今後もラブライブサンシャインに期待ですね!

 

もし宜しければ、下記にコメント欄があるので自由に書いていただけると助かります☆

ラブライブサンシャインのこのキャラが好き!こんな展開に期待!!などなど

などなどラブライブorラブライブサンシャインに関することなら何でもOKですのでお待ちしております!

(お名前やメールアドレスは必要ないのでお気軽にコメントくださいね)

 

⇒[完全版]ラブライブ最強まとめページへ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

2 Responses to “ラブライブサンシャインのCD売り上げは?μ’sと比較してみた!”

  1. つっちー隊長 より:

    μ‘sが6年かけて地道に築き、名声を築いてからの「ラブライブ」。
    サンシャインは絶対に成功させなければならない!
    ある意味非常に大きなプレッシャーを受けながら始まった。
    ここまではとりあえず順調に見える、が、μ‘sとaqoursの大きな違いが見えてきた。
    歌唱力の違いである。
    μ‘sは踊りながら歌ってそれなりの歌唱力(聞けるレベル)があった。
    Aqoursは体力的についていけていない。歌の後半は息が上がり、
    音程もバラバラ。笑顔も作れていない。
    今後サンシャインが大きくなれるか否かは、メンバーの努力次第。
    相当体力的に上げなければライブで20曲とか4時間とか無理でしょう。
    メンバーが途中でリタイアってこともあり得る。
    アニメの話の流れはとても良い方向に進んでいるので、
    2期ありきとして考えても声優メンバーのさらなる努力に期待する。

  2. アニオタの神 より:

    ラブライブサンシャインに関して言えば、私も映画までいくのではないかと期待しています。今年9月後半沼津に行ってきましたが、早くも経済効果も出てきているのではないかと感じられるくらいサンシャインも人気なってきているのではと思いましたね。これからもサンシャインを応援したいと思っています。

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ