ラブライブサンシャイン1話のネタバレやあらすじ!感想まとめ!

Sponsored Link

雑誌の企画から始まりTVアニメ、更には劇場版映画も好評を博した「ラブライブ!」プロジェクト。その後を受けて始まった新プロジェクト「ラブライブ!サンシャイン!!」のTVアニメが2016年夏に放送開始されます。どんな映像を見せてくれるか、期待が高まりますね。

ここでは下に書いてある全体のあらすじと、今まで見て来た「ラブライブ!」への印象から、(放送前だからネタバレにあたる?)「ラブライブ!サンシャイン!!」第1話のあらすじを予想して書いてみました。

Sponsored Link

「ラブライブ!サンシャイン!!」あらすじ

 

『静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。

 

駿河湾のかたすみにある小さな高校で、2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。

 

それは、キラキラと輝く“スクールアイドル”になること!

 

諦めなければきっと夢は叶う―。

いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けて行こう!

ここから彼女たちの「みんなで叶える物語~スクールアイドルプロジェクト~」が始まった!』

 

ネタバレ注意?「ラブライブ!サンシャイン!!」第1話 想像あらすじ

 

第1話Aパート

朝日が昇る浜辺を走る一人の女の子。彼女の名前は高海千歌

その恰好は、どこか見覚えのあるコーディネイトだ。

そう、スクールアイドル『μ‘s』の練習着に似ている。

口元も、何かを口ずさんでいる様。

しばらく走っていたがスマホのアラームに気づき「ああっ!遅れちゃう~」と言うと、浜辺から防波堤横の道路に上がり、そのまま帰宅。

帰宅途中にはダイビングショップが実家の、年上の幼馴染・松浦果南に日課のあいさつ。

 

浦の星女学院。静岡県は駿河湾の片隅にある私立の高校。

その校門前では…遅刻をしない様にと慌ただしく走ってきた千歌が、当校の生徒会長である黒澤ダイヤに説教されていた。

(あ~ん、よりによって、なんで今日の当番、生徒会長なの~?会長こわいんだもん…)

そんなしょぼくれている千歌を、おどおどしながらもまぶしく見つめる視線があった。

視線の主は黒澤ダイヤの妹・黒澤ルビィ。ルビィは、千歌が毎朝走っているのを知っており走る時の服装から、彼女が自分と同じものへの憧れを持っている事を感じ取っていた。

 

「あ~ん、もうダメ~」

教室に入った途端、机に突っ伏す千歌に話しかけるのは渡辺曜。千歌のクラスメイトだ。

「オッハヨ~。『アイドルになるにはまず体力』と言ってたけど、よく続くね、千歌」

「おはよう、曜ちゃん。ん、『μ‘s』のみんなは石段を昇り降りして、体力つけたって聞いたからね。でも羨ましいなぁ、曜ちゃん、体力はもうアイドル級なんだもん」

「おや?それは『体力だけ』って事かなぁ~?」

「ち、違うよ。曜ちゃん、可愛いからアイドルに向いていると思うんだけどな…」

「あはは、アリガトッ。でも、私には向いてないよ」「そうかなぁ…」

 

そんな彼女達のクラスに、東京・秋葉原から桜内梨子が転校してきた。

秋葉原と言えば、『μ‘s』他スクールアイドルが熱く踊った聖地!

まるで条件反射の様に、さっそく梨子に近づく千歌。

どちらかと言えばインドア派の梨子は、強引な千歌に驚くが、その熱いスクールアイドルへの思いは理解した。最も、千歌はその容姿等から梨子もスクールアイドルを目指していると勘違いをしているのだが…。

 

第1話Bパート

「そう言えばさ、そろそろ集まりそう?スクールアイドルのメンバーは」

「えっ?集めてるんですか?」

「ん~ん、反応無し。どうしてかなぁ~、楽しいと思うだけどな…」

「ポスターとかは?」

「…1枚だけ…」

「?…それじゃ集まらないよ」

「そうかなぁ?」

「校内全部の掲示板とかに貼らなきゃ。生徒みんなが、校内全部を歩き回らないだろ?」

「…そうだね!」

(現代ならSNSなど使用するのも有りとは思うが、あえてアナログに)

 

意外にも生徒会長の認可が下り、昼休みに校内の掲示板すべてに『スクールアイドル募集』のポスターが張られた。最も黒澤ダイヤは初めから集まる筈がないと高をくくっているのだが…。

そのポスターを輝く瞳で見つめるのは、黒澤ルビィ。親友の国木田花丸が嬉しそうに話しかける。

「驚いたなルビィちゃん。まさかオラたちの学校でスクールアイドルなんてね」

「花ちゃん、前に話したよね。この学校にはアイドルを目指す人がきっといるって。今まで詳しく分からなかったけど、これで、近づけるかなぁ…」

「ルビィちゃんなら大丈夫ずら。自信持っていいずらよ」

「ありがとう、花ちゃん。そうだ、花ちゃんも一緒に行こうよ」

「ええっ、オラは無理ずらよ~」

「花ちゃん、歌が得意だもん。大丈夫だよ」

「う~ん…(でも、ルビィちゃんの事は放っとけないし…)分かったずら。でも、一緒に行くだけずらよ」

「ありがとう、花ちゃん。放課後、大丈夫かなぁ…」

 

ルビィと花丸が立ち去った後、募集ポスターを見つめる新たな人影。

「遂に・・・遂に来た!この“堕天使ヨハネ”の輝ける舞台が!みんなを恋の地獄に落とす時が!ありがとう、高海千歌。ここは私が支配してあげるわ…!」

何やら物騒な事を口に…しないで思っている彼女は津島善子

やや(と言うよりはかなり)中二病を患っている可愛い生徒である。

 

違う場所の掲示板前でも興味を持つ生徒が2人、ポスターを見ていた。

1人は、松浦果南。何やら千歌の行動を改めて確認しているかの様に頷いている。

もう1人は小原鞠莉。彼女に果南が話しかける。

「こんにちは。興味、あるのかな?」

「あなたは?」

「私は松浦果南。このスクールアイドルを募集している高海千歌の幼馴染なの」

「私は小原鞠莉。スクールアイドルって珍しいなって思って見てただけですよ」

「ふうん…ねえ、その金髪とてもキレイね」

「ありがと、自慢なの」

「きっとステージ映えするだろうなぁ…」

「…幼馴染の手助けですか?微笑ましいけど、ゴメンね」

鞠莉が立ち去った後、申し訳ない表情を浮かべる果南。

(あちゃ~…千歌、ゴメンね、メンバー1人逃しちゃった…)

 

放課後。帰り支度を整え、教室を出ようとする千歌、梨子に声がかかる。(曜は部活で不在)

声の主は花丸とルビィ。最もルビィは緊張で声は小さかったけれど。

「…!千歌ちゃん、これって…!」

「…!もしかして…!」

 

そして、もう1人の姿。しかし、教室はもぬけの殻だった。

千歌たち4人が下校した数分後に、善子は来たのだ。

「そ、そんな…せっかく、ステキなあいさつでみんなを私の虜にしようと思っていたのに…!そう、決まってこういう大事な時に限って私は・・・不運・・・!」

ガックリと肩を落とす善子であった。

 

ファストフード店で談笑する千歌、梨子、ルビィ、花丸。

ここに、輝きを目指す少女たちの物語の第一歩が記された。

 

「ラブライブ!サンシャイン!!」第1話あらすじ 終

 

関連記事:ラブライブサンシャインのキャラの性格や身長は?誕生日も紹介!

 

 

まとめ

 

ラブライブサンシャイン1話のネタバレやあらすじ!について予想ですが、まとめてみました。

「パターンだなぁ」と言う感想や、「詰め込み過ぎじゃない?」と言った感想などが有りそうですね。「これなら、自分の方が上手に書ける」と言った感想もあるかも?

近頃の深夜アニメは1クール(全13話もしくは全12話)が一般的なので基本情報を盛ってみました。

ここでのネタバレはキャラクター9人が初回で全員顔見せをすると言った所でしょうか。

先に見た人が、後で見る人のために“ネタバレ注意”と書く…でしょうかね?

TV、劇場版「ラブライブ!」でもネタバレ注意と言われる名場面が多く、様々な感想をもたらした「ラブライブ!」。

ともあれ、本物の「ラブライブ!サンシャイン!!」のスタートが待ち遠しいですね。

自分でも、どんな感想を持つのか楽しみです。

 

⇒[完全版]ラブライブ最強まとめページへ戻る

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ