2年生の夏休みの自由研究テーマ7選!ネタに困らない完全保存版!

Sponsored Link

夏休みの自由研究は「何をやったら良いか分からない…。」「簡単で上手くできるものが良い…。」親にとっても子供にとっても頭を悩ませるイベントですよね。

普段からお子さんがどんなことに興味を持っているのか、一生懸命に取り組める事は何なのか、など親御さんが引き出してあげることによって子供も楽しんで取り組んでくれますよ。

最後までやり遂げることによって子供の「自信」にもつながるので一人でもできるくらい簡単な「テーマ」を選んであげることがポイントです。
簡単に楽しくできるテーマを集めたので紹介していきます。

Sponsored Link

1日ですぐにできる工作!家にあるものが楽しいおもちゃに!

 

・動く紙コップのおもちゃ

スクリーンショット 2016-06-10 20.03.50

 

材料
紙コップ、粘土、輪ゴム

1.紙コップの口の部分の近い所に穴を2つ一直線にあけます。

2.大きめの粘土を丸めてつけた輪ゴムを通し、外側で結び目を作って抜けないようにすれば出来上がりです!
粘土は少し大きめのほうが後ろに引っ張るときに楽ですよ。

紙コップには好きなキャラクターや動物をデザインしましょう。後ろに引っ張って手を放すと歩き出すので可愛いです。

 

・ボウリング

スクリーンショット 2016-06-10 20.05.00

 

材料
500mlのペットボトル10本、新聞紙、テープ(ビニールテープ、キラキラテープなど)

1.新聞紙を潰すようにギューっと丸めてテープでとめます。

2.ペットボトルにキラキラテープで好きなようにデザインして完成です!
とっても簡単で誰もが楽しめるのでオススメですよ!ペットボトルの中に水を入れて重くすると倒れにくくなるので難易度が上がります。

 

・牛乳パックで鉛筆立て

スクリーンショット 2016-06-10 20.06.18

 

材料
パック(牛乳、ジュースのパック)包装紙

1.パックの真ん中からカットします。

2.パックの残り部分を使って対角線の長さに2枚カットします。(仕切りになります)

3.互い違いになるように切り込みを入れて2つを合わせ、パックの中に入れてセロハンテープで固定します。

4.外装に包装紙でなどで可愛く飾れば出来上がりです!

実用的で簡単ですし、これでお勉強もはかどるかも?

 

・おみくじ

スクリーンショット 2016-06-10 20.08.00

 

材料
牛乳パック、画用紙、割りばし

1.カッターナイフで牛乳パックの底に割りばしが通るくらいの穴を開けます。(カッターを使う時は代わってあげましょう)

2.両面テープでフタの部分を閉じます。

3.画用紙に「おみくじ」と書いて外装は好きなようにアレンジしましょう。

4.パックの中に入れた時に割りばしがつっかえないように少し短くします。(2cm程カットします)

5.割りばしの先に大吉、吉、末吉、凶、大凶と書きます。分かりやすく「良い」「まあまあ」など変えてみても良いと思います。

6.パックに割りばしを入れ、振って出せたら完成です。(出ずらい場合は穴を調整します)

割りばしの本数を増やしたりオリジナルの文字を書いて楽しみましょう!

 

・水力船

スクリーンショット 2016-06-10 20.09.45

 

材料
牛乳パック(1,000ml)、デザートカップ(高さが低めのカップ)、ストロー

1.牛乳パックを縦半分に切り取り、パックの底にストローを通す穴を開けます。

2.デザートカップの底から1.5cmくらいの穴を開けます。

3.デザートカップを船体(牛乳パック)に接着剤で固定します。

4.ストローの先を斜めに切ってカップと牛乳パックの2つの穴に通します。

5.穴とストローの隙間から水が漏れないようにボンドで隙間をうめたら完成です。

水面においてカップに水を注ぐとゆっくりと舟が進みます。お風呂タイムも楽しくなりそうですね!

 

女の子にオススメ!

 

・マヨネーズ作り

スクリーンショット 2016-06-10 20.11.08

 

材料
卵黄1個、酢大さじ1、塩少々、サラダ油150〜200ml

道具
泡だて器、ボウル

1.室温に戻した卵黄をボウルに入れ、酢、塩も入れて泡だて器でよく泡立てます。

2.サラダ油を数滴入れ、泡だて器で混ぜ少しずつ油を加えながら混ぜ合わせます。

3.よく混ぜもったりとしたクリーム状のマヨネーズが出来上がります。

材料、作り方、食べた感想などを書いてレシピを作りましょう。

自分で作ることでマヨネーズが苦手だった子も好きになるかもしれませんよ。

 

・グミ作り

スクリーンショット 2016-06-10 20.12.06

 

材料
ジュース(好きなもの)100ml、グラニュー糖大さじ2、粉ゼラチン10g、冷水大さじ2

道具
シリコン製の型、小さめの耐熱用ボウル、大きめのボウル、ゴムベラ、計量カップ、おたま

1.耐熱ボウルに冷水を入れゼラチンをふり入れて5分程置きます。

2.大きいボウルにジュース、グラニュー糖を入れて泡立てないように静かに混ぜます。

3.1を電子レンジ500Wで20秒加熱して溶かします。取り出したらそこへ2を大さじ2程加えよく混ぜます。

4.2に3を入れて混ぜます。

5.4を型に注ぎ入れ冷蔵庫で一時間程冷やし固めたら出来上がりです。

ジュースはぶどう、りんご、サイダー、スポーツドリンクなど何でも美味しく作れますよ。

お子さんも大好きなグミを自分で作れたら喜ぶこと間違い無しです!

 

まとめ

料理の調味料の分量や電子レンジなど難しいところはしっかりサポートしてあげてお子さんと一緒に楽しみましょう。
身近なものを上手に使えば意外と買わなくてもできちゃうものですよ。
夏休みギリギリでも大丈夫!楽しく自由研究を終わらせちゃいましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ