6年生の夏休みの自由研究テーマ8選!ネタに困らない完全保存版!

Sponsored Link

夏休みの自由研究は「何をやったら良いか分からない…。」「簡単で上手くできるものが良い…。」親にとっても子供にとっても頭を悩ませるイベントですよね。

普段からお子さんがどんなことに興味を持っているのか、一生懸命に取り組める事は何なのかなど、親御さんが引き出してあげることによって子供も楽しんで取り組んでくれますよ。

 

最後までやり遂げることによって子供の「自信」にもつながるので一人でもできるくらい簡単にできる「テーマ」を選んであげることがポイントです。

 

6年生にもなるといろんなことができるようになり親も驚くような作品を作ってしまう子もいます。しかし遊びに夢中で気が付けば夏休みももう終わりということも…。
できるだけ簡単に短時間でできるテーマを集めてみました!

Sponsored Link

工作編!

 

・スマホ用プロジェクター

スクリーンショット 2016-06-20 16.15.32

 

材料
段ボール箱、スマートフォン、ガムテープ、虫メガネ、大きめのカッター、ハサミ

1.段ボールの小さい側面を虫メガネの円の形に切り取ります。

2.穴を開けたほうとは反対の小さい側面のふたを切り取りスマホの支えになるように折り曲げ段ボールの中で固定します。

3.虫メガネを先ほど開けた穴で固定し、スマホの設定をスクリーンが横向きに固定されるようにします。

4.スマホを段ボールの中に入れて上のふたを閉じて完成です!

部屋の電気を暗くしてみんなで上映会を楽しみましょう。

 

・石鹸作り

スクリーンショット 2016-06-20 16.16.54

 

材料
無添加の白い石鹸、クッキーの型抜き、アロマエッセンス、ボウル、割りばし、お湯

1.石鹸を細かく刻みます。(包丁かおろし金)

2.刻んだ石鹸50gに対してお湯を10CC入れ、アロマエッセンスもいれて混ぜてこねます。

3.粘土のような硬さになったら型抜きに入れそのまま丸1日陰干しします。

4.型から出したら割った割りばしの上にのせ丸1日陰干しします。

5.乾燥したら完成です!
実用的ですし可愛い袋に入れればプレゼントとしても良さそうです!

 

 

・おうちで陶芸 マグカップ

スクリーンショット 2016-06-20 16.17.54

 

材料
オーブン陶土セット、ビニール袋、パレットナイフ、板とのし棒、ガーゼ、作りたいマグカップの型となるコップ

 

1.ビニール袋に粘土と水を入れ柔らかくなるまで手でこねます。柔らかくなったら板の上に粘土を置いてのし棒で延ばします。(カップの側面となる部分と底となる部分の2つ)

2.作りたいマグカップの型となるコップにガーゼを巻き(粘土と型がくっつかないように)その上から延ばした粘土を型の側面に巻き付けます。

3.余分なところを切り、型の底にも粘土をはり、余分なところを切ります。

4.水で薄めた陶土をノリ代わりに側面と底の部分をしっかりつなげ付けます。

5.カップの上になる部分をキレイに切り取り取っ手は好きな形に作り接着します。

6.カップの側面にパレットナイフで好きなデザインに模様付けします。

7.形ができたら3〜7日ほど乾燥させ、途中でひび割れるようであれば水で薄めた陶土で塗り馴染ませましょう。

8.160〜190℃のオーブンで焼き上げて専用のコート剤を塗り、絵付けなどをすれば完成です。

 

 

不思議!実験編!

 

ドライアイス実験
スーパーなどで持ち帰り用に提供されているので簡単に手に入ります。ドライアイスを触るときは危険なので軍手をはめましょう。

 

・ドライアイスの鉄砲

材料
フィルムケース、ドライアイス

 

1.ドライアイスをフィルムケースの中に入れてふたをします。(絶対に覗きこまないようにしましょう)

2.大きな音とともにふたが飛びます。

ドライアイスは個体から一気に気体に変わります。その際、体積が約750倍に変化するため耐えられなくなりふたが飛ぶのです。

 

 

・ドライアイスの上のシャボン玉

 

材料
水槽、シャボン玉セット

 

1.ドライアイスを細かく砕き水槽の中に入れます。

2.その上にシャボン玉を飛ばします。

3.ドライアイスの上にシャボン玉が浮かび、さらに放っておくと凍ったシャボン玉が見られます。
二酸化炭素(ドライアイス)は空気より重いのでシャボン玉は沈まずドライアイスの上で浮かびます。

 

 

・ハンカチ、Tシャツ染め

スクリーンショット 2016-06-20 16.19.21

 

 

材料
染めたい布(綿、麻が染まりやすい)、紅茶(ティーパック)布と同じ量〜倍の量、ミョウバン、大きな鍋、さいばし

1.30〜40度のお湯に布を浸しておきます。ミョウバンを布の重さの20〜30倍の量の水に溶かしておきます。

2.ミョウバンを溶かした水を火にかけ30度になったらぬるま湯に浸しておいた布を入れます。70度前後の温度でさいばしでゆらしながら30〜1時間煮ます。

3.火を止めて30度くらいになるまで放置します。お湯が冷めたら布を取り出し脱水します(1番液)

4.鍋に紅茶と水を加えて火にかけ沸騰したら弱火で20分煮出します。(2番液)

5.1番液と2番液を合わせて火にかけ30度になったら布を入れます。80度前後で30〜1時間ムラにならないようにさいばしでゆらしながら煮ます。

6.火を止めたら30度くらいになるまで放置します。お湯が冷めたら布を取り出してぬるま湯ですすいで脱水します。

7.しっかり乾いたら完成です!

布を染め液で煮る前に輪ゴムやひもで縛って煮ると丸い輪の模様ができてオシャレになりますよ。自分なりにデザインを工夫してみても良いですね。

 

社会編!

・家族や自分の年表作り
名前の由来、将来どんな仕事をしたいか(したかったか)、何が好きで何が嫌いか、どんなことを頑張ったかなど思い出の写真をプリントして貼り付けると分かりやすいです。

巻物みたいに横長にすると面白い作品に仕上がります。

・自分が住んでいる町の歴史調べ
昔から今の町の様子になるまでを調べてまとめてみましょう。

町の名前の由来、町の歴史に関わった人たち、歴代の市長や町長、その時代にあった出来事や事件、町の特産品の歴史など大まかな歴史を調べるといろいろと新しい発見があるものですよ。

実際、自分の足で町を歩いて古い建物や看板、像や記念碑を見つけてみるのも楽しいと思います。

 

まとめ

一見簡単ですが奥が深いテーマもあります。6年生なので少し複雑なテーマに挑戦してみても面白いと思いますよ。
夏休みは長いようで短いのであっという間に終わってしまいます。ギリギリになって焦らないように早めに終わらせておきましょうね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ