赤ちゃんとプールでの安全で正しい遊び方は?これで安心!

Sponsored Link

暑い夏、赤ちゃんと一緒にプールで水遊びをしたいですよね。

だた、オムツが外れていないとか、まだしっかり歩けないといった理由で躊躇されている方も多いのではないでしょうか。そこで、その様な方も初めて水遊びをするという方でも、安全に赤ちゃんと水遊びができるように、正しい遊び方のポイントを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんとプールでの安全で正しい遊び方

 

【安全】

 

赤ちゃんと水遊びをするうえで、最も大事な事は“安全”です。

赤ちゃんは、水深10cmでも溺れてしまいます。体温が下がってきても、その感覚が分からなかったり、遊びに熱中したりして、大人が気付かないと低体温になってしまいます。

さらに視界が狭く周囲の環境も当然見ることができないので、大人が赤ちゃんの周りの環境を、目を離さずにきちんと見てあげる(付き添う)必要があります。

 

とにかく、赤ちゃんは水で遊ぶ事以外は“何もできない”という事をしっかり念頭に入れて目を離さないようにしましょう。

 

そうなると、「赤ちゃんの内はやっぱりやめておこうか…」と思ってしまうかもしれませんが、以下の事に気を付けていけば大丈夫なので、是非参考にしてください。

 

・赤ちゃんが自分でしっかりお座りする事ができるか。

・水の深さは極力浅く(赤ちゃんがお座りして太ももがつかるくらい)。

・気温(25度以上で風が少ない日)と水温(温めのお風呂位)は保たれているか。

・遊び時間は長くても30分以内。

・赤ちゃんの体温の様子(手足が冷えすぎていないか、唇の色等)。

・周囲に危険な物がないか

 

以上の点を抑えて絶対に赤ちゃんから目を離さない様にしてください。また屋外へ行ったときは、赤ちゃんの手や体を絶対に話さないようにしてください。

 

*上がった後

水遊びが終わったら、まずは体をきちんと拭いて体が冷えないようにし、同時に皮膚の状態(日焼けやケガをしていないかなど)を見て下さい。また、赤ちゃんは体力が消耗しやすく、水分も奪われやすいので、必ず水分補給を行いゆっくり休ませましょう。

 

 

【マナー】

 

屋外の施設(公園の水遊び場、施設のプールなど)で赤ちゃんを遊ばせたい時、自分の子供以外の子達も当然遊んでいます。

お互いに楽しく遊ぶためには、お互いのマナーが大切です。そこで、マナーを守った正しい方法で、皆が楽しめるように以下の事に気を付けていきましょう。

 

施設や公共の水遊び場では、できればオムツが外れてからいく事をおすすめします。

入水前にオムツの確認をしたり、トイレに行ったりしても、水に入れば体が冷えておしっこをしたくなります。今は水遊び用の紙おむつがありますが、尿に関しては吸収しないので、そのまま水に流れてしまいます(便は漏れにくいそうです)。するとお互いにあまりきれいではありませんよね。

どうしてもというときは、せめて足を水につける、又は大人が手を持って軽く水の中を歩かせてあげるという程度にしておいた方がいいと思います。

 

・お友達や他の子と接する時は、誤って相手に水をかけてしまったり、おもちゃを捕ってしまったり、ぶつけてしまったりといった、トラブルも起きがちです。そのような時は、保護者が相手の子供と親御さんにきちんと誤るようにしましょう(子供もその様子をよく見ているので、そういうときの対応は大切です)。

逆に、こっちがそのような目に合って、子供が泣いてしまっても、相手を責めるのではなくその場からいったん離れて、子供の様子を見てみましょう。また、相手が誤ってきたら素直に受け入れてあげて下さい。

 

・保護者の方も足だけは入れるように、タオルやサンダルを用意しておいた方がいいです。

 

 

 

まとめ

まずは自宅でビニールプール等を使用して、水に慣らしていきましょう。そして、水遊びのおもちゃを使用するとより楽しむことができます。

公共の場では、お互いに気持ちよく、そして楽しく遊べるように、お互いにマナーを守って遊べるように、大人同士も配慮していく様にしましょう。

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ