読書感想文を早く終わらせる方法!書き方のコツやルールは?

Sponsored Link

ついに夏がやってきました。皆さん、夏休みのご予定はいかがですか?

楽しい夏休みには、必ず宿題という壁が立ちはだかります。

特に夏休みの宿題で大変なの物の1つは「読書感想文」ではないかなと思います。

 

小学校、中学校、高校といつになっても夏休みには読書感想文が付き物です。

プリントやドリルなどは答えが決まっているので、頑張ればできると思います。ですが、読書感想文とは自分で考えて、文章を作らなくてはいけません。

 

これが苦手な人には難しく、書き方やコツ、ルールなどを知らずに始めてしまうと、いつまでたっても終わりません。

「本の感想」というオリジナルな文章を考えなければなりません。

今回は、読書感想文を早く終わらせる方法を、書き方、コツ、ルールなどなどまとめてお伝えしていきます。

Sponsored Link

読書感想文を早く終わらせる方法!本選びから書き終えるまでの流れをご紹介!

 

読書感想文を早く終わらようとしたら、とにかく早く本を読んで文章を書き始めたりしていないでしょうか?

実は本を選ぶ段階から、早く終わるか、そうでないかが決まってきます、

すでに読む本を決めている人は大丈夫ですが、まだの方は本選びからしっかり進めていきましょう。

 

①本選び

読書感想文というと、有名な本を選ぶことが多いと思います。

ですが、文章を読んだり、書いたりするのに苦手意識がある場合、いきなり難しい本を読むのは大変です。

 

ポイントとしては、ストーリー物だったり、主人公など登場キャラクターに共感しやすそうな本がおすすめです。

目的は、読んだ本の感想を書く事ですから、感想を抱き安い本の方が書きやすくなります。

まずは面白そうな本を手にとってあらすじなど読んでみましょう。

 

少しでも興味、関心を持てたらオッケーです。

あらすじだけでも感想を書けそうだなと思ったら、その本を選んで良いと思います。

 

②本を読む

それでは実際に本を読んでいきましょう。

コツとしては一気に読み切ってはいけません。

読みながら、共感、感想を持った部分をメモ書きするか、付箋などを貼りながら読んでいきましょう。

 

読みながら作業するのが面倒くさいかもしれませんが、読み終わったら、最初の頃の内容など抜けてしまいがちです。

途中で感想などを短文でも書いていけば、読み終えた頃にはかなりの分量になっています。

登場人物の行動やセリフに対しての印象、考え方をまとめたり、今後の展開で気になった部分を書いてみたり、それを繋げていくと、ストーリーに沿った見事な読書感想文が作れるでしょう。

 

読書感想文のポイントとして、しっかりストーリーを理解できているかがあります。

なので、ストーリーごとの感想をまとめていけば、自ずと評価もあがっていくことでしょう。

ここでのコツは余り難しく考えないことです。

あくまでメモの段階なので、うまく書こうとせず、感じたことをそのまま書けば大丈夫です。

 

③文章書いていく(繋いでいく)

それでは本番に取り掛かりましょう。

基本的には、メモにまとめた感想を繋いでいくイメージです。

ですが、ただ繋ぐといっても難しいと思うので、基本的な構想を考えてから書きましょう。

 

ポイント起承転結を意識することです。

例えば2000文字の読書感想文を書くとしましょう。

 

・タイトル

・起(あらすじなど全体の流れと感想を書く)200~400文字

・承(前半の内容と感想まとめ)500~700文字

・転(後半の内容と感想まとめ)500~700文字

・結(全体の感想まとめ、作品に対する自分なりに感じたこと)200~400文字

 

上記のように、全体のイメージができていれば書きやすくなると思います。

全体の構成がしっかりしていれば、自分の感じたことをそのまま書くだけで、良い読書感想文ができると思います。

 

読書感想文を早く終わらせる方法まとめ

 

今回は夏休みの課題である早く終わらせる方法をご紹介しました。

読書感想文の、書き方やコツ、ルールなどを理解した上で取り掛かれば、思った以上に楽しくできると思います。

やはり、読書感想文を書くとなると憂鬱な気分になってしまうかもしれませんが、やり方さえわかってしまえば怖いものではありません。

もしかしたらとても印象に残る名作と出会えるかもしれません。

しっかり課題をこなして、夏休みを楽しんでくださいね。

Sponsored Link

Sponsored Link

One Response to “読書感想文を早く終わらせる方法!書き方のコツやルールは?”

  1. のんたん より:

    小6のわかさで野菊の墓を書きました

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ