夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳4選!最悪の事態に備えよう!

Sponsored Link

夏休みといえば海に旅行にアウトドア!

やりたい事が多すぎてワクワクしてしまうイベントですね。

夏休みは長いと思っていても、遊んでいるとすぐに終わってしまいます。

そして思い出したくないものといえば、夏休みの宿題があると思います。

早く終わらせちゃえばいいものの、なぜか終わらない・・

夏休みが終わりに近づいてきても、夏休みの宿題は終わらない。

 

そんな時はどうしたらいいでしょうか?

終わらない夏休みの宿題を前に、言い訳を考えてみましょう!どうしてもダメであれば、諦めて正直に謝るのも大切です。

あくまで言い訳は、夏休みの宿題が終わらない時の最後の手段として活用してみてくださいね。

Sponsored Link

夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳4選!

 

夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳4位「持ってくるのを忘れました」

 

王道かつ効果的な言い訳です!

宿題は終わっているけれども、物理的に手元にないと伝えましょう。

 

これなら夏休みの宿題が終わっていないということは証明できないので、その日は何とか凌げます。

家が近い場合、昼休みにとってきなさいと言われる可能性があるので、近場の人は注意です。

電車、少なくとも自転車通勤の方にはオススメの言い訳ですね。

翌日には持って来ないといけなくなるので、初日に真面目な友達や、ご家族に協力をお願いするのを忘れないようにしましょう。

二回使うとさすがに疑われてしまいますからね。

 

夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳3位「近所の犬にかじられてしまいました」

 

夏休みの宿題といえばプリントが多いと思います。

実際にある話ですが、犬や猫を飼っているご家庭だと、せっかくのプリントがかじられて解読不能になる場合があります。

また、夏休みの宿題で終わらないものには観察日記や工作など1日では難しい課題が多いです。

これを登校中や完成後に壊されてしまったなら、ショックでやり直すことは難しいでしょう。

 

きっと先生も気持ちを察してくれます。

あくまでもせっかくやったのに・・という悔しい気持ちで伝えるのがポイントです。

さらに精度をあげるのであれば、ぐちゃぐちゃなプリントなども用意しておきましょう。

 

夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳2位「プールに落としてしまいました」

 

夏休みならではの理由ですね。

図書館で宿題をやって帰りに友達とプールにいきまして、課題ごとプールにドボン。

せっかくの楽しいプールが悲劇に包まれてしまい、もうどうしようもなかったと伝えましょう。

当然、残骸がでるので、文字が滲むくらい濡らしたプリントを持参するか、もう捨ててしまったと合わせて伝えるようにしましょう。

夏休みというありそうなシチュエーションを伝えることで言い訳に信ぴょう性がでるでしょう。

 

 夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳1位「お盆で遠方の親戚の家に行った時に課題を置き忘れてしまいました」

 

こちらは4位でご紹介した「持ってくるのを忘れました」の上級テクニックになります。

家に忘れたのであれば、翌日には手元に戻ってきます。

ですが、遠方の親戚の家に忘れてしまった場合はどうでしょう?

 

帰り道に宿題を取りに行くのが難しいです。しばらく時間を稼ぐことができるでしょう。

できるだけ遠い親戚の家などを確認しておいて、どうしても取りに行けなかった事を伝えましょう。

余り遠方だと、ご両親やご親戚に取りに行ってもらう。もしくは送ってもらうように先生が伝えようとしてくれるかもしれません。

 

そうなると対処のしようがなくなるので、「次の週末には取りに行ける予定です」など、期日をこちらで区切って伝えると効果的だと思います。

夏休みであれば親戚や両親の実家に行く機会はあるので、自然、かつ効果的な言い訳といえるでしょう。

 

 夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳まとめ

 

夏休みの宿題が終わらない時に使う言い訳4選をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

夏休みの宿題が終わらないという悩みはいつの時代にもあると思います。

 

言い訳は、最終手段であり、あくまで一時的な猶予を頂くという事なので、言い訳をする前提で夏休みの宿題を放棄してはいけませんからね。

とはいえ人間は完璧ではありません。

どうしても間に合わないという時は、素直に先生に謝る。

これが一番の対応方法かもしれませんね。

皆さんも宿題に負けず、楽しい夏休みを過ごしてくださいね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ