夏休みの子連れ旅行で必須の持ち物リストまとめ!国内・海外別に紹介

Sponsored Link

子連れ旅行というと用意するのも、何を持っていけば良いのかなど、大人がうーんと悩まされる「持ち物」…。

国内旅行でも海外旅行でもやはり外出先で困りたくないという思いから、あれもこれもと持ち物を用意してしまいがちです。

赤ちゃんに必須のおむつとおしりふきは月齢によって必要な数は異なりますが、おむつという持ち物があるかないかでは、旅行の際の荷物量が大きく異なりますよね。

 

最近では、国内旅行や海外旅行をする子連れの家族のためのサービスが、各宿泊施設で充実しています。

おむつを必要とする赤ちゃんと一緒の旅行でも、宿泊施設でのサービスや購入によっておむつが手に入ったり、海外の旅行先でも購入する事が出来たりと、必ずしも全ての持ち物を用意していかなければならないという事は少なくなりました。

 

最低限の子連れ旅行で必須の持ち物には何があるのか、国内旅行・海外旅行別に子連れ旅行で必須の持ち物リストをまとめてみたので、夏休みに子連れ旅行を計画されている方のお役に立てたらと思います。

Sponsored Link

 子連れでの夏休みの国内旅行~これだけは絶対に!必須の持ち物リスト

 

☆赤ちゃんのための必須の持ち物リスト

 

・母子手帳・保険証・乳幼児医療受給者証・診察券(旅行先で万が一体調不良になってしまった時には特に重要です。)

・おむつ・おしりふき・ビニール袋(使用済みおむつを入れたり、汚れた衣類等を入れるのに大活躍かつ絶対に欠かせません。)

・ベビーカー(旅行先によっては貸し出しベビーカーの利用を検討するのも一つの方法です。)

・抱っこひも(上の子がいる場合には尚更持って行って損はありません。)

・授乳グッズ(授乳用ケープや授乳用ストラップ)

・ミルクグッズ(粉ミルク・哺乳瓶・お湯)

・離乳食グッズ(離乳食・マグ・スプーン・エプロン・タオル・ウエットティッシュ)

・着替え・ティッシュ・タオル(汗を沢山かくので肌着をたっぷりと。ジッパー付きの袋に圧縮収納をして持ち歩くと持ち物のかさが減り、より多くの肌着・洋服を持ち歩けます。)

・おもちゃ・お茶・お菓子(赤ちゃんが退屈したりぐずったりした時用に。)

・体温計(日々の体調の変化を見逃さないように常日頃の携帯を。)

・ベビーローション(暑い夏でも乾燥しがちの肌をしっかり潤すことが肌トラブルになる心配がなくなります。)

☆赤ちゃん以外の子供のための必須の持ち物リスト

・保険証や診察券

・常備薬や酔い止め薬等必要な薬や、熱さまシート(暑い夏には熱でなくてもあると便利。ケガをしてしまった時に冷やすことにも使えます。)

・お茶(夏という事もあり、熱中症予防にも多めに持っていくと安心です。また、夏休みのため、急な大渋滞に見舞われた時のためにも欠かせません。)

・子供のお気に入りの音楽やDVD(子供たちの退屈しのぎには必須です。)

・赤ちゃんも大きなお子様にも必須の帽子(夏休みの旅行には欠かせません。)

・歯ブラシやおねしょシート

・雨具(急な雨や悪天候の際に助かります。)

・子供用の日焼け止め・携帯虫除け(子供たちの肌は大変敏感ですので、夏休み旅行には欠かせません。)

 

子連れでの夏休みの海外旅行~これだけは忘れないで!必須の持ち物リスト

 

・パスポート・航空券(航空券引換書)

・クレジットカード・現金(日本円と現地の通貨の両方を用意しましょう。両替は空港でも出来ますが、事前に両方の通貨を持っていることで旅行がスムーズになります。銀行へ行かなくても自宅へ届けてくれる“外貨両替宅配サービス”を利用することも一つの方法です。)

・海外旅行保険証券(海外旅行での病気・ケガ盗難などの万が一に備え用意しましょう。)

・ホテルや鉄道パスの予約の書類または重要書類のコピー(ホテルの場所や鉄道の時間などが随時確認出来るように用意しましょう。)

・爪切り(長期間の海外旅行では使い慣れたものがあると安心です。)

・子供用のシャンプーやボディーソープ類(慣れない場所での生活によって敏感な肌が荒れないよう普段と同じものがあると安心です。)

あとは国内旅行の時と一緒の物が、子連れ旅行に必須の持ち物リストとなります。

その他に子連れ旅行であって良かった、意外と役に立ったという持ち物リストです。

・スーツケースベルトまたはワンポイント(空港を利用する際には、国内旅行・海外旅行関係なく、自分のスーツケースが探しやすくなるように目印をつけると便利です。)

・洗濯用品(旅行先で購入出来たりしますが、赤ちゃんや敏感な子供の為には普段と同じ洗濯洗剤等を使うとママたちの不安も減ります。)

 

まとめ

 

子連れでの国内旅行・海外旅行で必須の持ち物は両者で大きくは変わりませんでした。

海外旅行の場合には、パスポートや航空券等、必須の持ち物がここだけ大きく違うので、それらの持ち物さえ忘れなければ、子連れの海外旅行でも安心して行くことが出来ます。

夏休みということもあり、旅行先では混雑・渋滞が予想されます。

そのような時は子供たちが退屈してぐずぐずしてしまう事が多く、親もイライラ…となってしまいがちなので、子供たちの退屈しのぎになる物や食べ物を常備しておくと快適な夏休み旅行になりやすいかと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ