[夏休みの工作]高学年の男の子女の子向けの超簡単おすすめアイデア

Sponsored Link

 

楽しい夏休みの季節がやってきました。

家族で旅行にアウトドアに、楽しみなイベントを予定しているご家族も多いのではないでしょうか?

楽しみなイベントの前には夏休みの宿題!特に夏休みにご両親がお手伝いするものといえば、夏休みの工作があると思います。

 

男の子、女の子共に、高学年にもなれば少し凝った物も作れる年齢ですね。

今回は高学年の男の子、女の子向けの簡単に作れる夏休みの工作のアイデアをまとめていきます。

 

材料もお金をかけず、家にあるような物をうまく活用して簡単に作れる物を厳選しました!

Sponsored Link

 夏休みの工作のオススメ3位!ペットボトルを使ったおすすめアイデア!

 

夏休みの工作のおすすめアイデアの第3位はペットボトルです!

 

夏場は特に大量に出るペットボトルを使って簡単に工作ができます。

ペットボトルはそのままの形も活かせますし、熱を加えれば変形させるのも簡単です。

 今回は”ペンケース”の簡単な作り方をご紹介します。

 

 

必要な物は500mlのペットボトル2本です。

 

①それぞれフタの部分と胴体の部分をお好きなサイズに切ります

 

②つなぎ合わせる部分に穴を開けてファスナーを縫い付けます

 

これだけで簡易的な筆箱、ペンケースとして使えてしまいます。

 

 

とても簡単ですが、ペットボトルなので中のペンもよく見えますし、ファスナーの色やデザインを凝ればかなり可愛らしいものができあがります!

 

 

夏休みの工作のオススメ2位!紙パックを使ったおすすめアイデア!

 

牛乳や果汁ジュースなど、紙パックの飲料水も多いですね。

飲んだあとに出てくる紙パックもうまく活用すれば夏休みの工作の材料にぴったりです。

 

今回は”鉛筆立て”の簡単な作り方をご紹介します。

 

ちょっとおしゃれに言うと”カルトナージュ鉛筆立て”です。

 

カルトナージュはフランスの伝統的な手芸です。

紙パックと布を活用して気軽に作ることができます。

 

必要な物は紙パック1つ、お好きな布と画用紙、ハサミとボンドがあればできます。

 

①紙パックの飲み口部分をハサミでカットして、四角い箱を作ります。

 

②紙パックの文字が見えないように画用紙を貼り付け、その表面に布を貼り付けます。

 

この時、外側と内側の布を変えるとおしゃれに見えますね!

これだけで簡易的な鉛筆立てとして使えてしまいます。

 

 

夏休みの工作のオススメ1位!新聞紙を使ったおすすめアイデア!

 

毎朝目にする新聞紙、ほおっておくとどんどん溜まってしまいますが、こちらも夏休みの工作としては理想的です。

 

今回は”新聞紙バック”の簡単な作り方をご紹介します。

 

新聞紙を読んでいて、お気に入りの写真やページもあると思います。

その部分を切り抜いておいて作ると、楽しみも倍増すると思います!

 

英字新聞とかを活用してもいいと思います。

 

 

必要な物は新聞紙2枚、のりとハサミがあればできます。

 

①新聞紙を横に広げ、上下に約2cmほど”のりしろ”部分としておっておきます。

 

②くるっと丸めてバックの底部分が空いている状態を作りのりづけします。

 

③新聞紙の底をつくるために新聞紙を内側に織り込んでのりづけします。

 

これで本体は完成です。

 

最後に、もう1枚の新聞紙を10cmくらいに折ってくるくるまき、本体にとりつけ手提げ部分にします。

これだけで簡易的なバッグとして使えてしまいます。

 

 

夏休みの工作、高学年男の子女の子向けまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

夏休みの宿題はどうしても後回しにしてしまいがちですが、男の子でも女の子でも簡単につくれる夏休みの工作であれば、家族で楽しく作れると思います。

 

わざわざ材料を集めたりなども大変なので、家にある物で簡単に作れるおすすめの夏休み工作をまとめてみました。

小学校の高学年とはいえ、ハサミやボンドなどを使うので、工作の際は、ちゃんと見ていてあげてくださいね。

 

ぜひ、男の子、女の子問わず楽しく工作をしてみてください!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ