クロールで前に進まない時の原因や対策は?上手くなるコツを伝授!

Sponsored Link

クロールを練習しているときに、中々前に進まない事はよくあります。

息継ぎの次に待ち構えている難関ともいえるのではないでしょうか。

クロールでは息継ぎだけではなく、腕や足の動きも大切です。

 

特により前に進むためには、手と足の動かし方がポイントになってくると思います。そこで、今回は前に進まない原因と、前に進むための動きのコツについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

【なぜ前に進まないのか?】

 

クロールで前に進まない原因は「足の動き」と「手の動き」の2つが大きく上げられます。そこで、それぞれの動きについてその原因をあげていきます。

 

1.足の動き
クロールでは「キック」というバタ足の動作を、いかに上手に行うかが必要になってきます。そこでキックを行っても前に進まない原因を挙げていきます。

 

・膝や足首を曲げている
バタ足を行うとき、よく膝から下をバタバタしている方は多いと思います。

一生懸命に足を動かしているのに中々前に進まない事がよくあります。

これは膝や足首が曲がっている事により水の抵抗が増したり、体を水平に保てず下半身が沈んでしまったりして、前に進まないのです。

 

・力が入りすぎている
手足を一生懸命に動かしても中々前に進まず、力が入ってしまいます。その事により水しぶきが大きく上がり、それが返って水の抵抗を生んでしまい、前に進みにくくなってしまい、さらに力が入るという悪循環になってしまいます。

 

2.手の動き
もう1つ、クロールでは欠かせない手(腕)の動きを「プル」と言いますが、これが上手くできず、水を掻けていない事が原因になります。

ただやみくもに腕を回していたり、手首が曲がってしまったりすると、体力を無駄に消費し、効果的に水を掻くことが出来ません。

 

【前に進むための対策】

 

*正しいキックの方法を練習しましょう。

正しいキックのポイントは以下のようになります。

 

・もも:キックは太ももを動かして行う動作になります。よって、足の付け根から太ももを動かすことを意識していく事が大切です。

 

・膝:膝はまっすぐに伸ばした状態にすることが大切です。よくバタ足をしていて、やたらと水しぶきが多く出ている事があります。これは膝が曲がった状態で、ひざ下だけでバタ足を行うからです。キックを行う際は膝をまっすぐにするという事を意識して練習していきましょう。

 

・足首:不要に力を入れず、自然な状態で伸ばしているといいと思います。

正しいキックとは、膝から下を不要に曲げず、膝と足首は極力伸ばした状態を保つことが大切です。

つまり“足の付け根から太ももを動かす”という事を意識してキックを行う事がコツになります。そうすることで、自然と体を水平に保つことが出来、水しぶきも少なくなるので、水の抵抗が軽減されて前に進みやすくなります。

 

*正しいプル(水掻き)の練習をしましょう。

クロールはキックだけではなく、プルを正しく行う事で、前に進んでいく種目です。よって、正しいプルの方法を繰り返し練習していくことが必要になります。

正しいプルとは以下のようになります。

 

①指をまっすぐにして、滑りこませるように水中に入れる。
この時、できるだけ遠くに入れることを意識して行う事がポイントで、このように意識する事で必然的に腕がまっすぐ伸びた状態になります。

 

②水を掻いて体を押し出す。
手が水面に着いたら、手の平の側面が体に添うように意識して(肘は高くし、脇を閉じない様にするといいそうです)、腕を動かして水を掻きます。

そして、水中で身体を押し出すように、手の平から肘がまっすぐ伸びた状態で、後ろへ持っていきます。この動きが正しくできると、手が水中から出る時に自然と手の平が上を向いていることになります。

 

③腕が水中から出たら、手の平を下に向け、極力低い位置で腕を前に持っていきます。

これらの事をイメージしてプルの練習をしていく事が大切です。はじめは中々上手くできず前に進む実感がないかもしれませんが、繰り返して練習を行う事で、身体を押し出すコツがつかめてくると思います。
よって、クロールではキックだけではなく、プル方法を正しく行っていく事が、前に進むためのコツになると思います。

 

まとめ

これまで、クロールで前に進まない原因とその対策(練習方法)について紹介してきました。

クロールでは息継ぎと同様に、キックとプルの方法が正しくできていないと、前に進んでいく事が出来ません。
泳ぎ方の癖や誤った動かし方により、上手く前に進まないという方は多いと思います。

よって、まずは自分の泳ぎ方を再確認し、上記で紹介した事を意識して、足の動かし方や腕の動かし方を、繰り返し練習して改善していく事で、前に進めるようになっていくと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ