お盆休み明けで仕事に行きたくない時にやる気を出す対処法!

Sponsored Link

連休であるお盆休み。実家へ帰省したり、何もせずに家でのんびり過ごしたり、家族で旅行へ行ったり等々、楽しくてあっという間に過ぎてしまう連休ですよね。

そんなお盆休み明けに待っているのは、いつも通りの仕事…。まだまだ暑いし、やる気も出ないし、仕事に行きたくないし、どうやってやる気を出そうかと憂鬱にもなりやすい時期ですよね。

お盆休み明けで仕事に行きたくない時にやる気を出す対処法をいくつか紹介しますので、ぜひこの対処法を試しながら辛いお盆休み明けの仕事を乗り切ってみて下さい!

Sponsored Link

お盆休み明け、仕事に行きたくない時にやる気を出す対処法はこれ!

 

①連休明けの直前に次の休みの計画を立てる!

 

楽しいお盆休み後に何の楽しみも無いとただただ仕事に行きたくないと憂鬱になるだけですが、「次の休みには~に行くんだ」「次の休みにあれを買うんだ」などと楽しい事を準備しておくことで、気持ちの切り替えもしやすいかと思います。

 

お盆休み明けには「楽しいお盆休みだったけど、次は旅行の予定が待っているから楽しみだなあ!」と前向きな気持ちでいつもの仕事モードになり、やる気を出す良い方法になると思います。

 

 

②連休中もいつもと変わらない生活をする!

 

休みの日は何もせず一日家で寝ていたいタイプの方もいると思いますし、自分の好みの休暇時の過ごし方をした方が、お盆休み明けで仕事に行きたくない気持ちが軽減するという方もいらっしゃると思います。

 

しかし、自分の好きなようにゆったりと連休を過ごしたのにお盆休み明けの時には、やっぱり仕事に行きたくない、やる気が出ないとなる方が多いのではないでしょうか。

楽しい連休の後の仕事なのだから仕事に行きたくない気持ちは当然と言えば当然なのですが、少なからず体内リズムの関係も、“仕事に行きたくない時に、やる気を出す対処法”に関わりがあると考えられます。

体内リズムは日々の生活リズムによって形成され、仕事の日も休日の日もあまり変化のない生活リズムを送られている方の方が、休み明けで仕事に行きたくないという憂鬱な気持ちが軽減される事がよく知られています。

起床時間と就寝時間・食事の回数や内容によって、体内リズムや体の調子が大きく変化してきます。

そのため、普段と違う環境や旅行先の一日でも、起床時間や就寝時間を一定リズムにする事だけでも、休み明けに仕事に行きたくないと憂鬱になりにくく、やる気も出やすいです。

出来るだけ、日々の体内リズムにあった生活を送る事がお盆休み明けで仕事に行きたくない時にやる気を出す対処法へと繋がります。

 

 

③あまり気合を入れすぎずに仕事への気持ちに切り替える

 

子供の頃の自分の誕生日やクリスマス・お正月などの楽しい出来事は、楽しみにしていればしている程、その日を意識しすぎて、次の日から「また普通の日になっちゃった。」と少ししょんぼりしていた時はありませんでしたか?

その時と同じ事で、お盆休み明けに「明日からバリバリ仕事を頑張るぞ!」と気合を入れれば入れるほど、いつもよりも疲れて帰ってきた…。などという経験をした方もいるはずです。

 

休み明けの仕事が憂鬱なもの。だけど、いつも通りの仕事を今まで通りのやる気で普通の気持ちでこなそうという、一定の気持ちで仕事を迎えた方が、「意外と思っていたよりも、やる気が出て仕事が出来た。また明日から仕事をしやすいぞ。」という事が多いかと思います。

「仕事だ!」と意気込まず、「嫌、嫌」と考えずに仕事に行く事が、案外良いやる気を出す対処法となります。

 

④お盆休み明け1日目に楽しい予定をあらかじめ入れておく

 

連休を楽しんだからまた今日からずっと仕事…。となると仕事に益々行きたくはありません。しかし、連休明け1日目だからこそ、可能な範囲で仕事後に楽しみな予定を入れておけば、朝仕事へ行きたくない時にやる気を出す良い対処法となります。

仕事が終わった後にデート。仕事が終わった後に飲みに行く。など気持ちがルンルンになる予定が仕事後にあるか無いかで、気持ちのモチベーションが大きく変わるかと思います。

 

まとめ

今回はお盆休み明けで仕事に行きたくない時にやる気を出す対処法についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

誰だって休み明けの仕事には行きたくないですし、なんとかしてやる気を出す対処法を探して、仕事に行かなくてはと頑張っていると思います。

 

出来れば、あの憂鬱な気持ちにはならずにいつも通りの気持ちと心構えで仕事へ行きたいものです。やはり、一番のやる気を出す対処法は「連休明けは鬱になるという事を意識しすぎないこと」「気合を入れすぎない事」「楽しみを作っておく事」だと思います。

折角楽しんだお盆休みが無駄にならないよう、お盆休み明けで仕事に行きたくない時にこそ、小さな日々の楽しみや次の連休の大きな楽しみを沢山作っておき、その楽しみの為に頑張ろう!と前向きな考えや予定でやる気を出して乗り越えていきましょう!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ