お盆休みの海外旅行でオススメの国ランキング![完全保存版]

Sponsored Link

お盆休みと言えば、暑い夏の時期ですね。海外旅行を検討中の方には、この暑い夏だからこそオススメしたい国が沢山あります。

8月は北半球の気候が夏となり、アメリカやカナダなどへの旅行がオススメな時期となります。

夏でしたら服装も軽装となり、荷物の量も減るのでその分お土産も沢山買えちゃいますね。

また、ヨーロッパ地方では、スペイン・イタリア・フランス・ドイツなどの国もこのお盆休みの時期がベストシーズンとなります。暑い夏を楽しく快適に過ごせる、お盆休みの海外旅行にオススメの国をランキング形式で紹介したいと思います。

お盆休みの海外旅行先の国を、是非このランキングを参考に検討してみて下さい。行ったことのない国や都市が見つかるかもしれません。

Sponsored Link

お盆休みの海外旅行にオススメの国ランキングBEST10!

 

第10位 イギリス(湖水地方) フライト時間:約14時間

 

イギリス観光をするにオススメの時期は、やはり夏がオススメです。

イギリスは湿気があまり無くカラッとした天気で、気温も25℃前後という最高の気候となっています。

また日本とは違い雨量も少ない時期で、日照時間も長いため、素敵なイギリスを丸々一日楽しむ事が出来ます。

そして、今回のランキングでオススメの湖水地方は、現地の方たちにも人気のあるバカンスの場所であり、他にも沢山の湖があるためとても素敵な景観を眺める事が出来、夏に人気のオススメの場所です。

 

第9位 カナダ(ナイアガラ) フライト時間:約12時間

 

船で滝に近づくためにはもちろん夏がオススメです。

ナイアガラの滝はカナダとアメリカの国境にある、世界三大瀑布のひとつで、水量は最大と言われています。

船で滝に近づくクルーズは有名ですが、運行している時期は、滝が凍結しない5~10月の夏季のみとなっています。

ナイアガラの滝に近づけるチャンスはお盆休みの夏の時期がオススメとなるので、ぜひ大迫力のナイアガラへ行ってみましょう。

 

第8位 アイルランド(ダブリン) フライト時間:約15時間

 

お盆休みの夏は、ヨーロッパではベストシーズンを迎える時期となります。

特に緯度が高い国ほど日中の時間は長くなるため、観光時間が十分に確保出来るという大きなメリットがあります。

ダブリンはイギリスの隣にあるけれどイギリスとはまた異なったケルトの文化や雄大な自然を堪能できるという、いつもと一味違うアイルランドを味わうことが出来るためオススメです。

 

第7位 サムイ島(タイ) フライト時間:約8時間

 

現在のサムイ島は高級リゾートが並ぶタイ屈指のリゾートアイランドと言われています。

プーケットとは異なり、自然に溶け込んだリゾート開発がされている所がサムイ島の魅力です。

タイというと一般的な雨季は4月末から9月ですが、サムイ島では、タイの多くの場所とシーズンが逆となっており、サムイ島では空が青く晴れ渡る天気が期待できる所となっています。

 

 

第6位 スイス(マッターホルン) フライト時間:約14時間

 

夏限定の大自然が見せてくれる絶景に出会える所と言えば、マッターホルン。アルプスを間近に見られるハイキングは特に最高です。

スキーが目的でスイスへ訪れる方が多いイメージがありますが、スキーだけではなく、高山植物が咲き乱れ、美しい景色と季節を堪能出来るスイス・アルプスのベストシーズンは6月から8月の夏なのです!

また、人気の2大特急の「氷河特急」と「ペルニナ特急」の車窓からの風景も最高ですのでとてもオススメです。

 

第5位 バリ島(インドネシア) フライト時間:約7時間

 

伝統芸能やショッピングも楽しめる、不動の人気を誇るバリ島。夏のバリ島は乾季で、綺麗な青空を見渡せるオススメのシーズンです。

バリ島は、観光も沢山したい!という方にお勧めで、退屈知らずの国でもあり人気の海外旅行先ランキングでは常に上位を占めている程です。

 

第4位 クロアチア(ドブロブニーク) フライト時間:約16時間

 

近年、日本でも海外旅行先ランキングで人気上昇中のヨーロッパの小国「クロアチア」のドブロブニークは世界遺産都市です。

アドリア海に面し、中世の面影を残すドブロブニークは「アドリア海の真珠」と呼ばれ、年々訪れる日本人も増えてきています。

アニメの「紅の豚」のモデルになったといわれるオレンジ色の屋根が連なる旧市街と、その向こうに青く広がるアドリア海を見るには夏が絶好の季節であり、どこから見ても素敵なアドリア海の光景はオススメの観光スポットです。

ドブロブニークは、クルーズ船が続々と寄港するヨーロッパ随一の観光リゾート地で、高級ホテルやリゾートホテルも多く、とてもゆったりと滞在出来ます。雲一つない青空が広がる夏のアドリア海にぜひ訪れてみて下さい。

 

第3位 オーストラリア(ケアンズ) フライト時間:約7.5時間

 

オーストラリアのケアンズという小さな都市は、自然を満喫したい人にとって最高の場所です。

ケアンズは熱帯と亜熱帯の境目にあり、周辺には美しい海と熱帯雨林という2つの世界自然遺産があるためです。

また、観光のベストシーズンはお盆休みの夏、5月から11月の乾季がオススメです。

世界最大のサンゴ礁が広がるグレートバリアリーフでは、ウミガメや熱帯魚たちと一緒に泳げるチャンスです。

陸地側に続く世界最古の熱帯雨林もここでしか見られない世界自然遺産なので、本当に豊富な自然で囲まれている姿を実感出来ます。

 

第2位 タヒチ フライト時間:約11.5時間

 

タヒチの人気都市には、「パペーテ」「ボラボラ」「モーレア島」があります。

パペーテはフランス領ボリネシアの首都でもあり、楽園タヒチへの玄関口です。南国らしいカラフルで可愛い街並みやショッピングを楽しめます。

また、「ランギロア島」というタヒチきっての古い歴史のある島があります。巨大な環礁にあり、ダイビングが盛んです。マンタやバラクーダといった大型の魚にも遭遇出来る可能性が高い場所でとてもオススメです。

 

第1位 ハワイ フライト時間:約7時間

 

ハワイは海外旅行でオススメの国ランキングで、ほぼ1位を獲得するほど安定の人気を誇っています。

“夏と言えばハワイ”という程、リピーターの観光客も多く、日本人にとっても優しい国でとても親しまれています。

綺麗な海で楽しむことも出来、ショッピングも存分に楽しめ、グルメも豊富で、すべてが揃っている最高の国です。

その中でもハワイで1番人気の観光地と言えばオアフ島です。

絶景スポットやビーチ、ショッピングモールや歴史を感じる記念館などオススメスポットが盛り沢山です。

オススメの国ランキングで不動の1位を誇る理由を実感できる程、ハワイは本当に素敵な南国リゾートです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もちろんこのランキングには載っていなくてもオススメの国が本当に沢山あります。

今回は、お盆休みの海外旅行でオススメの国ランキングのため、やはり、夏を快適に過ごせる南国リゾート地がランキング内に登場してきました。

そして、海や空・山・街並みといった素敵な景色・景観を見られる国・都市がお盆休みの海外旅行先の人気の理由の一つであることも分かります。美しい自然と触れ、非日常の至福の時間をぜひ素敵な海外の国で過ごしてみてください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ