手持ち花火の後始末の方法!安全で楽しく遊ぶためのマナーとルール 

Sponsored Link

花火は日本の夏には欠かせませんね。
つぎつぎと美しい打ち上げ花火が上がる花火大会を毎年楽しみにしている人も多いでしょう。
花火の上がる音が遠くに聞こえると「今日はどこの花火大会だろう?2階のベランダから見えるかな」なんて思って、急いで2階に行ってみたり…。はるかに見えたら何か得した気分になります。

わざわざ花火大会に出かけなくても我が家から打ち上げ花火が見られるならいいですね。で

も、そんなラッキーな人はあまり多くないでしょう。「我が家で花火」で手っ取り早いのは、手持ち花火です。おもちゃ花火とも呼ばれます。

だから子供は大好き。大人は誰しも家族や友達と楽しんだ手持ち花火の思い出を持っているものです。

Sponsored Link

最近は手持ち花火をする場所もなかなか難しい…

昔はおもちゃ屋さんだけでなく駄菓子屋さんでも花火を売っていました。

今では駄菓子屋さんはなくなり、商店街のおもちゃ屋さんすら見かけなくなってしまいました。でも、手持ち花火は健在。今ではスーパーやホームセンター、コンビニでも簡単に手に入ります。

大人になると手持ち花火を楽しむことも少なくなりますが、今も昔も子供は大好き。

でも、花火は火を使う遊び。子供だけの花火は厳禁です。必ず大人と一緒でなければなりません。

 

危険である反面、子供に火の怖さと火の取り扱い方を教える良い機会でもあります。大人が安全な手持ち花火の遊び方と遊ぶときのマナーやルールを子供に見せてあげることが重要です。

そして、正しい後始末の方法も教えてあげましょう。

最近では花火をどこでするかもなかなか問題のようです。

広い一戸建ての家で、庭が広いのなら悩む必要もありませんが、戸建てでも住宅密集地で庭と言えば猫の額ほどだったり、マンション住まいだったりすると花火をする場所もなかなか見つかりません。

 

住宅地の児童公園でもロケット花火や大きな音の出る花火は禁止されているところがほとんどようです。公園内のルールや注意書きを確認しましょう。音の大きくない手持ち花火ならOKというところでも、夜遅くまでするのはマナー違反。ご近所の迷惑になります。ほどほどで切り上げましょう。

 

楽しんだ後には後始末にも気を抜かずに

もちろん、遊んでいるときも十分に安全を確保する必要がありますが、花火は後始末にも十分に気を付けましょう。後始末の方法を確認してみましょう。

まず、花火を始める前に水の入ったバケツなどを用意するのは基本の「キ」です。火の消えた花火は必ずこのバケツに入れること。子供と花火をするときにはこのルールを徹底する必要があります。

 

湿気の多い日本の夏には花火も湿気を含んでなかなか火がつかないこともあります。途中で消えてしまうこともあります。そんな花火も油断せずに水に浸しましょう。

花火だけではなく、花火の点火に使ったロウソクや蚊取り線香も確実に火が消えていることを確認しましょう。

バケツの水は、燃えカスの花火を取り除いてから、普通に捨てて大丈夫です。燃えカスの花火も可燃ごみで捨てることができます。花火の包装紙やビニールなどのごみが散らかっていないことも忘れずに確認しましょう。

 

花火が残った場合はどうしたらいいでしょうか。花火は、一般的に10年くらいは品質上問題なく保存できるそうです。では保管する場合はどうしたらいいでしょうか。

 

次の点に気を付けましょう。

 

●湿気の多い場所や火に近い場所には保管しない。
●上から物が落ちてくるような場所や他の物の下敷きになるような場所には保管しない。
●温度が上がる可能性のある場所(直射日光が当たる場所など)では保管しない。

 

いつ買ったのかわからないような古い花火が家にあったというような場合は、使ってしまうと危険な場合もあります。残念ですが、処分しましょう。

処分するとなった場合には、決してそのまま可燃ごみとして出してはいけません。水の入ったバケツなどに1日から数日浸けて、水が浸透してからごみとして出しましょう。

 

まとめ

自宅の庭や近所の公園だけでなく、旅行先の海水浴場やキャンプ場で花火を楽しむこともあります。

燃えカスをきちんと始末して火事などにならないようにすることはもちろん、ごみを散らかしたままにして、せっかくの素敵な場所を台無しにすることがないようにしたいですね。

 

繰り返しになりますが、花火は火を使う遊びです。十分に安全に配慮することが必要です。特に燃えカスの後始末には気を付けましょう。

花火は1年中いつでもするというものではありません。何年かぶりということもあります。今年の夏の花火をする前に、もう一度、安全に楽しむためのルールとマナー、そして、楽しんだ後の後始末の方法を確認しましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ