夏休みの宿題を1日で終わらせる最強の方法を伝授!残りを楽しく満喫

Sponsored Link

暑くて楽しい夏がやってきました!

平日の昼間でも、子供たちが街中で遊んでいるのを見ると、夏休みだなって気がしてきます。

外で遊ぶ子もいれば、携帯ゲームやスマホで遊んでいる子供たちも見られますよね。

遊び方は変わってきても、子どもたちは遊ぶことが好きなのは変わらなそうですね。

 

ただ、子どもたちも遊んでばかりだけでよいという訳ではありません。

そう、夏休みには遊びと同じくらい頭を悩ませる、宿題が待っています。

プリント、日記に図画工作。やることはたくさんありますからね。

早く終わらせてしまえばあとは楽しむだけなのに、中々そうもいきません。

 

もしも夏休みの宿題を1日で終わらせる方法があったのなら・・

 

そんな事を考えてしまう事もあるのではないでしょうか?

 

今回は、夏休みの宿題を1日で終わらせる方法をご紹介します!

Sponsored Link

 夏休みの宿題を1日で終わらせる方法とは?

 

夏休みの宿題には色々な種類があります。

 

一つ一つ具体的にさくっと片付ける方法を確認していきましょう。

 

 【夏休みの計画表(夏休みの日記)】

 

これは毎日続けていかないと片付かない宿題です。

ですが、夏休みの最終日に真っ白という事もありえますよね。

今回のテーマは、夏休みの宿題を1日で終わらせる方法なので、毎日きちんと書き続ける方法以外で考えましょう。

 

 

まず、夏休みに遊んだお友達、家族などにいつ、どこで、何をしたか聞きまくりましょう!

楽しい思い出が思い起こされると思うので、それを計画、日記ともにひたすら埋めていきます。

 

これで、計画通りに夏休みを楽しんだ優等生の誕生です!

それ以外の日は、勉強したか、家でお手伝いしたかなどで埋めていきます。

天気などはネットで確認してまとめていきましょう。

 

 

【ドリル、プリントなど】

 

年上の兄弟やご両親にお力を借りるのが一番です。

 

ちゃんと事情を話して協力を要請しましょう。

 

簡単な問題は電卓などの文明の力も活用してサクサク進めていきます。

ただ、普段の勉強が苦手なのに全問正解してはおかしいので、どう考えてもわからない問題は空白にした方が自然ですね。

 

 

【自由研究、工作など】

 

これは一から作るのはかなり厳しいです。

オリジナルにこだわると何時間でも時間をかけられてしまいます。

 

こんな時は市販の工作グッズを活用します。

丁寧に作り方まで書いてありますので、その通りに作って完成させましょう。

 

 

【読書感想文】

 

これは大きな課題です。

本を選ぶ、そして一冊読み切る、読み返しながら感想をまとめていく。

これを1日でやりきるのは厳しいです。

 

 

まず本ですが、読書感想文に推奨されている本の中でも読みやすそうな本を選びましょう。

そして、本を読んでから書くのではなく、本を読みながら書きましょう。

 

 

おすすめは自分の感想や意見だけでなく、本の中のストーリーも記事に書いていくということです。

「○○に感動しました」だけでは一言になってしまいますので、本の中のストーリーをあらすじ風にまとめましょう。

あらすじを踏まえて具体的に感動したという方が、読み手にも伝わりやすいですし、文量も稼げます。

ひたすら感想を書いていくと文量が足りず、後半で手が止まってしまいます。

 

なので、本文を活用しながら文章を書いていくというのが、夏休みの宿題を1日で終わらせる方法として重要です。

 

 

【裏技 どうしても終わらない場合】

 

これは兄弟や両親に助けてもらうよりも、さらに人任せな方法なので裏技として考えてください。

世論の是非は置いておくと、宿題代行業者という方々が存在します!

読書感想文、工作など、一人では大変な宿題を変わりにやってくれるというサービスです。

 

 

確かにありがたいですが、これはいいのか?という気持ちもあるのですが、あるものはすべて活用する!というのが今回のテーマですからね。

もちろんサービスなので費用がかかります。

おおよその相場としては、小学生の読書感想文1200字ほどで10,000円ほどでやってくれます。

 

できたら自分で宿題をやって、このお金で夏休みを遊ぶのが一番かもしれませんね!

 

 夏休みの宿題を1日で終わらせる方法のまとめ

 

夏休みの宿題を1日で終わらせる方法はいかがでしたでしょうか?

得意、苦手もあると思いますが、できるだけ早い時期から宿題をやっていくのがいいですね。

 

ですが、宿題を忘れて憂鬱なまま学校にいくのは辛いと思います。

どうしても終わらない場合はお友達やご家族に力を貸してもらって何とかやりきりましょう。

 

そこで人に支えられている感謝の気持ちも芽生えるかもしれません。

裏技として業者を活用する前に、身近な人たちの力を借りてみるのもいいかもしれませんね。

 

夏休みの宿題に負けず、楽しく充実した夏休みを過ごしてくださいね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ