夏休みの幼稚園の預かり保育の料金はいくら?メリットとデメリット

Sponsored Link

今年も夏休みの季節がやってきました。

幼稚園に通っているお子様がいらっしゃる方々にとっては、夏休みの期間中をどう過ごされるか考えている方も多いのでないでしょうか。

 

子供が幼稚園に入ってからの夏休みは悩みを抱える方が多いです。

幼稚園に行かせて後は外で元気よく遊んでもらっていたのに、急に長期間、家で過ごすというと、どう過ごしたらよいか悩んでしまいますよね。

 

そんな幼稚園が大好きで、土日も幼稚園に行きたいといい休みを持て余している程なのに、夏休みという長期休暇で子供とどのように毎日を過ごせばいいか悩んでしまいます。

 

久しぶりに子供と一緒にいる時間をつくるもよし。

また習い事などさせてもよいですし、預かり保育を使って夏休みも外に行かせるのもいいでしょう。

 

今回は、夏休みの幼稚園の預かり保育のメリット、デメリットをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

Sponsored Link

 夏休みの幼稚園の預かり保育のメリットは?

 

夏休みの幼稚園の預かり保育の一番のメリットは、日中の子育ての手間がなくなる事ですね。

やはりご両親も毎日、毎日ずっと育児ばかりでは大変だと思います。

 

平日の日中など、少しだけでも育児の手が離れるというのはとてもリラックスできると思います。

必要な時だけ通わすことができるので、気軽に利用できるのもメリットですね。

 

特に、幼稚園の預かり保育はいつも預けている幼稚園なので安心かと思います。

期間も短期間から長期間と選べますし、平日、週末だけといった事もできます。

子供と過ごすときは一緒に過ごして、ちょっと育児離れしたい時は預かり保育を活用するなどがいいでしょう。

 

幼稚園の先生も普段より幼児が少なくて手が空くので、子供と一緒に遊んでくれる場合が多いです。

夏なので運動場やプールで遊んで、後は室内で絵本を読んだりして遊んで過ごすというのが一般的です。

疲れたらお昼寝して一日を過ごすという感じですね。

 

余りお勉強などをする幼稚園は少ないようです。

夏休みにお勉強をさせてしまうと他の園児との差がひらいてしまうという事がありますので、基本は楽しく過ごせます。

 

 夏休みの幼稚園の預かり保育のデメリットは?

 

夏休みに頼もしい幼稚園の預かり保育ですが、預かり保育に頼りすぎるのもよくないかもしれません。

まず、普段のお友達が幼稚園の預かり保育に来ない場合、お友達がいなくてさみしい思いをさせてしまうかもしれません。

 

いつもはお友達がいっぱいいる幼稚園が、普段よりは人が少ないので、子供からすると不安かもしれないです。

事前にママ友に声かけをして、預かり保育を使うスケジュールを合わせてあげるとよいかもしれないですね。

また夏休みまで幼稚園に通わしてしまうと、両親と過ごしたり、他のお稽古などする機会は減ってしまいます。

 

幼稚園以外のコミュニティに通うことがなくなると、せっかくの幼少期が勿体無いかもしれませんね。

もちろん、夏休みの幼稚園でも、園児が飽きないように色々な工夫はしてくれていますので、幼稚園がつまらないというわけではないですね。

幼稚園の預かり保育は、お弁当持参、幼稚園までの送迎が必要な場合が多いです。

 

なので、いつもよりは少し手間が多いケースが多いので、そちらも注意しましょう。

預かり保育とはいえ夏休みですので、できる部分はご両親でやってあげる必要がありますね。

 

 夏休みの幼稚園の預かり保育の料金は?

 

うまく活用すれば、幼稚園の預かり保育はとても便利です。

 料金も1日1,000円~1,500円くらいが一般的と言われています。

 

1日1,000円ほどで、日中の手が空くというのは忙しいご両親には嬉しいですね。

とはいえ、普段の料金に上乗せされるので出費であることにはかわりません。

使いすぎず、必要な時だけしっかりと利用するようにしましょう。

 

 夏休みの幼稚園の預かり保育のメリットとデメリットのまとめ

 

幼稚園の預かり保育は忙しいご両親、またお子様が外にでる機会が増えるのでおすすめです。

ですが、せっかくの夏休みなので、幼稚園以外にもいろんな場所にお子様を連れて行ってあげるのも良いでしょう。

貴重な幼少期ですので、色々な経験をさせてあげてくださいね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ