クロールのタイムを上げる泳ぎ方のコツやおすすめの練習方法は?

Sponsored Link

クロールが泳げるようになったら、タイムを上げる事を考える方が多いのではないでしょうか。

 

しかし中々タイムが伸び悩み、そのコツがつかめない事も多いと思います。

そこで、クロールのタイムを上げるための泳ぎ方や、おすすめの練習方法につて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

【タイムを上げるためのコツ】

 

クロールでタイムを上げていくためには、以下の3点を確認していく事が必要です。

 

1.息継ぎの姿勢と回数
まずは、クロールで泳ぐときの息継ぎのタイミングとコツを確実にマスターしましょう。

次に、息継ぎの姿勢が重要です。息継ぎの姿勢が上手くいかないと体のバランスが崩れて腰の方から沈んでしまい、タイムが遅くなってしまいます。
息継ぎの回数は泳ぐ距離に合わせて、リズムよく息継ぎが出来る回数を決めていきましょう。

この息継ぎの回数を自身に合った回数にして、タイムが上がる方は結構多いそうです。

 

2.フォームを確認す
息継ぎの回数を整えてもタイムが今一つ上がらなかった場合、フォームを再確認してみましょう。

 

それは正しいフォームで泳げていないと正しい息継ぎの回数も、誤ったものになってしまう事があるからです。

正しい水かきやキックを行う事で、水の抵抗がかなり軽減されてきますので、無駄に体力を消耗することなくタイムを上げることが出来ます。

そうする事ことで、自身に合った正確な息継ぎの回数を再確認することができ、後半もばててタイムが落ちてしまうという事が、なくなっていくと思います。

 

3.プル(水かき)の練習
クロールにはいくつかのプルがありますが、まずは最も基本的な“ストレートプル”を確実にマスターしましょう。

というのは、これがきちんとできないと他のプルが正しくできないからです。

上級者であってもタイムを上げて行くときには、プルの基本を確認すると言われています。

 

よって、まずは基本のプルを確実にマスターしてから、他のプル(C字・S字)と、順を追って練習していきましょう。

以上がタイムを上げていくためのコツになりますが、結局“基本の息継ぎ・フォーム・プル”を確実にマスターしていく事が、タイムを上げる一番のコツになります。

 

【おすすめの練習方法】

 

上記で紹介したコツを習得するためには、どのように練習したらいいのでしょうか。次にその練習方法について紹介していきたいと思います。

 

1.基礎の泳ぎ方の反復練習
クロールを繰り返し練習していくと、良点・弱点が見えてくると思います。その弱点部分を修正するためには、基礎に戻って練習していく事が大切です。

そうすることで、何が悪いのかが見えてくると思います。よって、まずは基礎の泳ぎを反復練習し、弱点を見直していきましょう。

 

2.プル・キックの練習
キック(バタ足)は水中でどれだけ早く・力強くできるかが大切です。

特に距離が短い場合はタイムに大きく差が出ます。
プル(水かき)は手の平が水面にしっかりあたっている事・それを後方へしっかりと押し出している事が大切になります。

ただ腕を回すスピードが速くても、プルがしっかりできていないと意味がありません。

プルがきちんとできていれば、キックが無くてもある程度早く泳げます。この二つの動作を反復練習していく事で、さらにタイムを上げることが出来ると思います。

 

3.フォームの確認
フォームをきちんと確認しながら練習しましょう

。クロールでは体をまっすぐに伸ばした姿勢を保つことが大切です。

 

顔が沈みすぎていたり、腰が下がってしまったりしてバランスが崩れると、水の抵抗が強くなり、結果的にタイムが悪くなってしまいます。
また、腕の入水の仕方も大切です。闇雲に腕を入手させて回していても、かえってバランスが崩れたり、体力の消耗につながったりします。よって、腕の入水はできるだけ力を入れず、滑り込ませるように意識して、練習していくようにしましょう。

 

4.体力や筋力を鍛えましょう。
泳ぎをする上でこれがないと、練習自体がきつくなってきます。水泳の練習と同時に体力や筋力の向上に努めましょう。

 

まとめ

これまで、クロールのタイムを上げるコツや練習方法について紹介してきました。ク

ロールのタイムが上がると嬉しいですよね。そして、色々なテクニックを試してみたくなります。しかし、これまで紹介してきたように、クロールのタイムを上げる一番のコツは、クロールの基礎(フォーム・息継ぎ・プル・キック)をきちんとマスターする事です。
水泳の上級者であっても、行き詰った時には基礎の泳ぎ方で再確認をして、基礎の反復練習をすると言われます。

なので、しっかり体力をつけて基礎の泳ぎ方の反復練習をしていく事が、タイムを上げる一番のコツになると思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ