USJのハリポタエリアは雨でも楽しめる?必須の持ち物はある?

Sponsored Link

USJは雨でも楽しめるテーマパークとして人気があります。

さすがに台風の時や大雨、暴風の時には、外のアトラクションはほぼ中止となりますが、もし外のアトラクションが中止になっても、まだまだ楽しめるアトラクションが沢山あるのがUSJです。

USJは雨の日が少ない事も特徴ですが、そんなもしも雨の日には、普段とは混み具合も変わり、いつもだったら絶対に空いていないようなアトラクションにすんなりと行けたり、普段だったら間近で見られないようなキャラクター達を間近で見る事が出来たりと、雨の日ならではの楽しみがたっぷりとあるのもUSJの特徴の一つです。

 

そんな雨の日でもたっぷりと楽しめるエリアのひとつに、ハリポタエリアがあります。

ハリポタエリアは常に大人気で、とっても混雑している程ですが、雨の日ではどのように楽しむ事が出来、普段の晴れの時とどのような違いが出てくるのでしょうか。

今回は雨の日でもハリポタエリアで楽しめるのかを調べまとめてみましたので、もしUSJへ行く日が雨の予報だった時には、是非雨の日のハリポタエリアについて知ってから行ってみて下さい。

Sponsored Link

雨でも楽しめる?USJのハリポタエリアについて!

 

ハリポタエリアは晴れの日でも雨の日でも一番おすすめともいえるエリアとなっています。

そんなハリポタエリアは目玉となる人気アトラクションが2つ、ショップが8つ、レストランが2つあるエリアです。

大人気の2つのアトラクションは「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」と「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」というアトラクションです。

 

「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」は屋内アトラクションで、最新技術の4K映像で大迫力のハリーの世界を楽しめるアトラクションとなっています。

その為、晴れの日でも雨の日でも人気があり、長時間の待ち時間となります。

スパイダーマンのアトラクションの人気も超える程の大人気屋内アトラクションです。

 

もう一つのアトラクションの、「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」は屋外アトラクションで、子供から大人まで楽しめるジェットコースターです。

ジェットコースターと言っても、身長が92cm以上の方から乗れるアトラクションなので、3歳くらいのお子さんから家族皆で楽しめる楽しいジェットコースターです。

屋外アトラクションである為、大雨や風の強い時には運行を中止している時があります。

 

しかし、小雨であったり風も強くない時には運行している時もあるので、最初から諦めないでくださいね。

雨の日でもアトラクションが運行している時には、普段よりも少ない待ち時間でアトラクションを体験する事が出来るかもしれません。

 

しかし、雨なのでどうしても濡れてしまいます。

濡れてしまっても大丈夫という方が乗って楽しんで下さいね。

「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」は夜はライトアップされるため、昼と夜とでは見られる景色も異なります。

雨の日でも濡れても大丈夫という人は、運行している時は、昼間でも夜でも是非乗ってみて下さい。

 

アトラクションはハリポタエリアには2つしかないので、雨の日でも待ち時間は他のアトラクションと比べるとどうしても長い時間となっているかもしれません。

しかし、晴れの日と比べると、「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」は確実に待ち時間が少なくなるためお勧めです。

反対に屋内アトラクションでとても人気のある、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」は雨の日はより一層待ち時間が長くなることが予想されるので、絶対に行きたい人は、朝早くから狙う事をお勧めします。

 

雨の日の持ち物にはこれがおすすめ!これがあればたっぷり楽しめる!

 

雨の日でも楽しめるUSJとして人気ですが、持ち物を工夫すると雨の日でもより楽しむ事が出来るポイントがあります。

雨の日には皆傘を差しますが、雨の日のUSJでは傘を差している人でいっぱいになり、混雑している所では、傘を差して歩くことが辛いです。

 

そんな時に役に立つのが、レインコートやポンチョです。

傘を差さない事で、周りの人への傘の配慮がなくなり、晴れの日と同じようにスタスタと歩くことも出来ます。

晴れの日と同じようにスタスタと歩けるためにもう一つあると良い物は、レインブーツです。

レインブーツであれば靴が濡れる心配もありませんし、替えの靴を持っていく必要もなくなります。

 

雨の日でも可愛いレインコートや可愛いレインブーツでUSJへ行けば、また違ったスタイルで思いっきり楽しむ事が出来ます。

そして、かばんや携帯なども濡れても良いようにビニールをかぶせたり、防水機能のある袋に携帯を入れて使用したりと、持ち物の細部まで雨対策をしておく事で、晴れの日と同じようなスタイルで行動が出来、USJを楽しむ事が出来る為おすすめです。

 

まとめ

雨の日のUSJでもたっぷりと楽しむ事が出来、また大人気のハリポタエリアでも晴れの日のように楽しむ事が出来る事を知って頂けたでしょうか。

雨の日でも思いっきり楽しむ為には、レインコートやレインブーツなどのちょっとした持ち物やアイテムも大切なポイントになってくる事が良く分かりました。

衣類や持ち物が雨に濡れたり、行動しにくいという煩わしさを吹っ飛ばして、雨に負けない対策をして、雨の日のUSJを堪能してみて下さい!

 

➡︎【USJ初心者攻略法】人気グッズ・アトラクションを120%楽しむ完全保存マップへ戻る!

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ