2015秋の衣替え時期はいつ?暑さはいつまで続くのか?

Sponsored Link

連日猛暑が続いていますが、この暑さはいつまで続くのでしょうか?

やっと梅雨があけて夏がやってくる!!

と喜んでいたのにいざ夏を迎えると『暑い・・暑い・・いつまでこの暑さが続くんだ・・』

日に日に夏の暑さにに対しての嫌悪感が増す一方ですよね(笑)

 

洋服を見に行けば夏のセールと共に秋物や冬物が出始めていますが、『いやいやまだ衣替えは早いでしょ』と言わんばかりに暑さが引く兆しがありません。

個人的には早く衣替えして涼しい秋になって欲しいのですが・・・

 

というわけで早くこの暑さから逃れたい!!一心でこの記事を書く事にしました(笑)

・2015年 秋の衣替え時期はいつなのか?

・この暑さはいつまで続くのか?

を掘り下げていこうと思います!!

Sponsored Link

暑さはいつまで続くのか?

 

連日ニュースは猛暑日が続くので十分に熱中症対策を行なって下さいと言ってる一方で、今年は例年に比べ『冷夏』とまで報道されています。

・・・冷夏!?

 

いやいやこの暑さで冷夏なんてとんでもない。

例年通り暑いですよ!!と言ってやりたいくらいです。

 

人が『暑い』と感じる気温は25℃だそうで大体それくらいか、それ以下だと涼しいと感じるようになります。

 

>>>2015年の暑さはいつまで続く?

では2015年の夏から秋に変わるタイミングはいつくらいなのでしょうか?

スマホアプリ『AccuWeather』で9月中旬まで東京の天気を調べたところ・・・

8月中旬までは30℃前後の日が続きます。

なのでお盆はまだ暑いと見ていいでしょう。逆に言えばお盆が暑さのピークとなり、このお盆が過ぎれば比較的に暑さは落ち着いてきます。

 

実際に8/20には最高気温は26℃となり大分気温が下がってくることが予想されます。

そこから8月末までは大体この気温が続き、9月頭にまた27℃〜29℃まで気温が上がり『残暑』になります。

 

といっても30℃は切っているので、そこまで暑さは感じることなく、長袖を着始める人も多くなると思います。

そして9/10に25℃まで下がり、9/13には24℃になります。

そこから25℃以上になることはなく、秋の気温に向かっていくと予想されます。

 

結論『2015年の暑さがいつまで続くのか?』は9/10前後になります。

 

秋の衣替え時期はいつ?

 

涼しくなると秋物の洋服を準備しなければなりません。

夏の時もそうですが、ここ数年は急な気温変化があり、慌てて衣替えした記憶があります。

ですので今から『秋の衣替え準備』をしておくのが望ましいでしょう!

 

夏から秋の気温変化で人が涼しさを感じるのが25℃とされています。

そう考えるならばカーディガンや薄手の羽織ものが必要となるのはお盆明けになってくるでしょう。

大阪や九州などは暑さが続く傾向があるので、完璧な衣替えとなるとやはり9月の10日前後の平均気温が25℃になるあたりでしょうね。

 

東京でも9月の中旬まで残暑の暑さが残り、27℃前後まで気温が上がる日もあるので、夏物はまだ出しておいた方がいいですね。

 

結論『2015年の秋の衣替え時期はいつ?』

2015年の秋の衣替え時期は全国的には9/10前後を目処に考えてください。

また残暑もありますから、秋服を用意しながらも夏服はまだ残しておいたほうがいいでしょう。

 

まとめ

今回は『2015年の暑さはいつまで続くのか』『秋の衣替えはいつ?』についてまとめてみました!

個人的には2015年の秋の衣替え時期は例年に比べ早いなぁといった印象です。

いつか忘れましたけど、10月くらいまで暑かった時期があったのでそれにくらべると冷夏といってもいいのかもしれませんね。

 

この暑さが続くのももうすぐ終わるので、十分な熱中症対策をしてこの夏を乗り切りましょう!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ