読書感想文に向いている本人気ランキング!書き出しもスラスラ書ける

Sponsored Link

さて、もうすぐ楽しい夏休みがやってきます。

けれど、学生の皆さんにとっては楽しい事ばかりではありませんよね。

“夏休みの宿題”という壁があり、その中には、多くの子供たちが苦戦する“読書感想文”があります。

読書感想文というと、“普段読まないような本を読んで、更に普段の話し言葉ではない文章で本の感想を長々と書かなくてはならない…。”“そんなにスラスラ書ける事が無い”、“書き出しが難しい”などと苦手意識が先に出てきてしまいがちに。

毎年夏休みには、親子ともに読書感想文の課題に頭を悩まされる家庭も多いと思います。

しかし、読書感想文はあるコツで比較的スムーズに乗り切ることが出来ますし、課題であっても折角書くのであれば、少しでも興味を持って、楽しく取り組むことが出来れば、気持ちも楽ですよね。

今回は、小学生におすすめの、読書感想文に向いている本の人気ランキングを紹介したいと思います。

Sponsored Link

 これが人気!読書感想文に向いている本の人気ランキング!

 

第5位 十五少年漂流記

こちらの本は冒険系の物語の本で、小学生のお子様には読みやすく、読書感想文に向いている人気の本だと思います。

これから待ち構えている困難や大きな壁を、全力で解決していく事の重要性がよく理解できるおすすめの本です。また、“努力や頑張り”の大切さや意味を実感できるとも思います。

 

第4位 セロ弾きのゴーシュ

誰もが一度は聞いたことのある本であり、読書感想文に向いている本のランキングにはよく登場してくると思います。

この本は、有名な宮沢賢治の童話で、話の中には動物たちが登場してきます。

この本で得られることは、周りの友達や周囲の人々の大切さの意味を教えてもらえる事だと思います。

人間一人では完全には何も出来なくて、やはり、周囲の人々の支えがあってこそ、物事を成し遂げる事が出来るのだと実感する内容だと思います。小学生にも人気な理由の一つですね。

親子で読んで、大切な事を学んでほしい一冊です。

 

第3位 十二歳

小学5,6年生のどちらかといえば女の子が読みやすい人気の作品です。

十二歳というと思春期の少し前でもあり、子供から大人への変わり目のようなそんな境目の時期です。

主人公の女の子が少しずつ、毎日の生活が変わって感じられる日々を過ごしていき、周りの人や環境などの見え方やとらえ方に変化が出てくる様子のお話です。現実の世界観がにじみ出ている内容で、同じ年頃のお子様にはぜひ読んでもらいたい本です。

きっと主人公の少女の気持ちと共感できる場面が多く感想文も書き出しからスラスラと書けると思います。

 

第2位 わたしの心の中

小学校低学年のお子様には、少し難しいかもしれませんが、小学校中学年から高学年のお子様におすすめの読書感想文に向いている本です。

障害を持つ少女が主人公のお話ですが、“障害を持つという事”や“一人一人の人間”という事を理解することの意味や大切さがとてもよく分かる内容です。

自分の知らない世界や現実を知る事が出来、読書感想文を書きながら、自分も一回り成長できるおすすめの一冊です。

 

第1位 盲導犬クイールの一生

こちらの本は本当に今までもこれからもずっと人気ランキングの最上位に居続ける本だと思っている程、とても読みやすく、大切な事を学べ、感動し、本の内容に最初からのめり込めるお話です。

タイトルにあるように盲導犬の事を学ぶことが出来、そして盲導犬のクイールとその周りの人の生活の中から、支えあって生きていくことの意味や、信頼しあうという事の意味を心にぐっと刻みながら教えてくれるお話です。

親子で一緒に読むとまた、お互いの気持ちや感想が聞けて、感想文も沢山書きたい事が出てくると思います。

 

書き出しもスラスラ書ける!とは?

もちろん自分の興味や関心の持った本を読書感想文の対象にしたら、書き出しもスラスラと書きやすくなりますよね。まずは、興味・関心の持てる本を選ぶことがポイントです。

自分自身が本の世界へのめり込める内容の本を選びましょう。

 

そして、読んでいる時に皆に伝えたい・自分の心に響いた・大切だと感じたなどの印象に残った部分に付箋を貼っておくと、後で読書感想文を書くときに大変役に立ちますし、“あの内容はどこに書いてあったかな”と探す手間も省け、最初の書き出しから最後まで、感想文をスラスラと書ける準備にもなります。

 

人気ランキングで紹介した本は、内容にのめり込め、“これを伝えたい!”という場面が多く登場します。そのため、感想文の書き出しもスラスラ書ける本となっています。

 

まとめ

いかがでしたか?読書感想文に向いている本の人気ランキング上位に挙がってくる本には、“ノンフィクション”関連の本のリアルなストーリーが、自分たちの心に響きやすく、本の内容と自分の感じた感想の二つの感想を書くことが出来るので、読書感想文の規定文字数もあっという間に埋まってしまうくらいだと思います。

それから、学年やプライドにとらわれずに、自分の興味がそそられた本や、関心の持てる本を選ぶことによって書き出しからスラスラ書けるポイントにもなると思います。

まずは、自分が惹かれる本を探し、その本の世界にのめり込めたら、読書感想文の課題ももう楽勝間違いないです。

あとは、“親子で読む”と一つの本を二つの見方で見ることが出来、感想文の内容にも膨らみが出てくると思うので、それもまた読書感想文がスラスラ書ける1つのポイントでもあると思います。ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ