絶対に朝起きれる方法7選!朝が弱い人に効果が絶大のやり方とは?

Sponsored Link

毎朝起きるのが辛い・いつも寝坊する・朝が弱いなど、朝の起床が辛い人は本当に多いですよね。

現代はライフスタイルが多様化し、人間関係や仕事のストレスを抱える人が多かったり、不規則な生活リズムによって、朝が弱い人が増えてきたような気がします。

お子さんのいる家庭でも、休日は半日近く寝てしまっている・夜も遅くまで起きているなど、「休みだから」と普段のライフスタイルが崩れてしまう事が習慣化していませんか?

時々なら問題ではないですが、やはり習慣化してしまうと平日の朝の起床がとても辛いものとなってしまいがちです。

また、普段の何気ない生活が実は“朝が弱い人”になってしまう生活の仕方かもしれません。

今回は朝が弱い人に効果のある、絶対に朝起きれる方法を紹介します。

Sponsored Link

 絶対に朝起きれる方法7選!朝が弱い人にお勧めです!

 

①アルコールとカフェインを避ける

質が良く、しっかりと熟睡出来るような睡眠にするためにも、寝る前の過度のアルコール摂取とカフェイン飲料の摂取は控えましょう。

アルコールやカフェインは刺激物ですので、過度に摂取する事で神経を高ぶらせ眠りにつきにくくさせます。

コーヒーやエナジードリンク・アルコールの摂取は、せめて寝る1時間前には終えておくと眠りやすく朝起きやすいです。

 

②寝床を窓際のような太陽の光が当たる場所にする

暗くなると眠くなり、周りが明るいと自然と目が覚めやすいですよね。

特に太陽の光を浴びた方が体内リズムの機能も整い、それが習慣化してくると目覚ましなしでもしっかり起きられるようになります。

朝の太陽の光が入りやすいように、カーテンの色をオレンジなどの明るい色にしてみたりする方法も効果的ですので試してみて下さい。

 

③目覚まし時計を近くに置かない

寝た状態の姿勢で手に届くような場所に目覚まし時計を置いてしまうと、目覚まし時計の音に反応して、無意識のうちに止めてしまったりする事もあります。

それを防ぐためにも、目をしっかりと覚ます為にも、起き上がって止めに行かないといけないような場所に、目覚まし時計を置く方法も効果があります。

例えば、隣の部屋に置いておくだけでも、寝床から出て止めに行かなくてはならないので必然的に目が覚めます。

この方法は朝が弱い人に大きな効果が出やすいので是非試してみて下さいね。

 

④目覚まし時計のスヌーズ機能は使わない

どうしてもスヌーズ機能があると、「また10分後に起きればいいや」「最後のスヌーズで起きよう」などと、スヌーズ機能に甘えてしまいます。

何度も目覚ましを止めながら何度も質の悪い睡眠を繰り返してしまい、結局最終的にギリギリの時間に寝床から出るという事になりがちです。

起きたい時間にセットし、自分で起きて止めるまで鳴りやまないような目覚まし時計にし、スヌーズ機能は使わないようにセットしてみましょう。

少し、焦りの気持ちがありながら起床する事も、絶対に朝起きれる効果のある刺激となりますよ。

 

⑤寝る直前に携帯やテレビなどを見ない

これは絶対に朝起きれるようにするためにも、質の良い睡眠にするためにも大切な事です。

液晶画面のような目に刺激を与えるものは神経にも刺激を与え、リラックスして眠りにつくはずであるのに、神経を高ぶらせ、眠りにつきにくくさせてしまいます。

寝る直前はなるべく見ないように心掛け、身体や神経がリラックス出来るような環境を作りましょう。

どうしても携帯の画面などを見る時は、一番弱い光の明るさにするなど、大きな刺激を与えないような工夫をしてみて下さい。

 

⑥体内時計の機能を整える

体内時計さえ整っていれば、朝が弱い人になりませんし、絶対に朝起きれる事間違いなしです。体内時計は普段の食生活のリズムによって作られていきますので、一日三食の食事の時間や起床・就寝の時間が大体一定であればとても機能の良い体内時計となります。

朝、太陽の光を浴び、食事をし、仕事や運動などをして体を動かし、空腹を感じてお昼ご飯を食べ、また活動をし、空腹を感じて夕食を食べるなどといった刺激で、体にも一日の生活のリズムを感じさせます。

毎日同じような生活リズムにすることで体の調子も整いますし、何より絶対に朝起きれます。その日のスケジュールに合わせて出来る範囲内で行ってみると、意外と気持ちよく一日を過ごす事が出来ますよ。

 

⑦早めに就寝する

絶対に朝起きれる方法で一番効果があるのが、やはり早めに就寝することです。

就寝時間を早めにする事で、今までよりも沢山寝られます。

起床時間は決まっている為、就寝時間を早める事が沢山睡眠をとる事が出来て、すっきりとして朝起きられる方法となります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外にも朝が弱い人になるような生活の仕方をしていた方もいるかと思います。

今回紹介した絶対に朝起きれる方法を試してみて、自分に合った方法で毎朝すっきりと起きられるようになったら嬉しいです。

また、日々の生活のリズムを見直してみると、意外と改善点が見つかります。

それは体内時計の機能を向上させる良い機会となりますので、是非行ってみて下さい。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ