洗濯洗剤と柔軟剤の組み合わせランキング!相性が一番いいのは?

Sponsored Link

柔軟剤を選ぶとき、同じメーカーの組みあわせで出ている柔軟剤をよく選びます。

一方で、お気に入りの柔軟剤や洗濯洗剤がある時、それらに効果的で相性がいい組み合わせの物を探している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、洗濯洗剤と柔軟剤で相性がいい、おすすめの組み合わせをランキングで紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 【洗濯洗剤と柔軟剤の相性がいい組み合わせランキング】

 

お気に入りの洗濯洗剤と柔軟剤を使用していて、その効果が今一つだと感じたことはないでしょうか?

 

このように、洗濯用洗剤と柔軟剤の組み合わせを変えたら、匂いがひどくなったというケースもあるようです。

その様な場合、その洗濯洗剤と柔軟剤が互いに効果を打ち消し合ってしまっているかもしれません。

洗剤と柔軟剤の相性をいい組み合わせにすることで、その効果をさらに高めることができるので、その効果を活かせるような組み合わせにしたいものです。

 

そこで、相性がいい組み合わせと言われている物を、ランキングで紹介していきたいと思います。

 

5位 香り続くトップ+ソフランアロマリッチ

こちらは同じメーカー(ライオン)の組み合わせとなっています。

洗剤と柔軟剤共に香りがありますが、同じメーカーのものなので、香りがぶつかり合う事がなく相性が良いと評判です。

同じ系統の香りと組み合わせて使用する事をおすすめします。

 

4位 ファーファ液体洗剤香り引き立つ無香料+レノアオードリュクス

お気に入りの柔軟剤の香りにこだわった組み合わせとなります。

ファーファ香り引き立つ無香料は、洗浄力が高く嫌な匂いも落とし、かつ無香料となっています。

ここでは、香りが良いと定評のレノアオードリュクスが上がっていますが、それ以外でも、お気に入りの柔軟剤を使用する事で、その香りを楽しむことができます。

 

3位 arau.+ハミングNeo

こちらは、異なるメーカーの物になりますが、仕上がりのふわふわ感や肌触りにこだわった組み合わせになります。

特にarauに関しては、この洗濯洗剤だけでもふんわり感が出せますが、そこに合わせるハミングのふわふわ感とほどよい香が人気となっているようです。

また、arauは無添加の商品なので、敏感肌や赤ちゃんの衣類にも安心して使用できるという点も評価されています。

 

2位 ナノックス+香りとデオドラントのソフラン

同メーカー(ライオン)の物になります。

ソフランは香りが数種類ありますが、特に人気が高いのは、アロマソープとフローラルアロマの様です。

ナノックスの高い洗浄力で匂い汚れも落とすので、そこに防臭効果が高くいい香りを保つソフランの組み合わせが、とても相性がよくなっています。

 

 

1位 アタックNeo+ハミングNeo

同字メーカー(花王)の商品です。

お馴染みの組み合わせとなりますが、洗剤の洗浄・除菌力とハミングのふわふわ感・静電気防止・香りが、とても相性が良い組み合わせになっているようです。

 

 

ランキングを見てみると、やはり同じメーカー同士の組み合わせが安定して人気があるようです。

メーカーも洗濯洗剤と柔軟剤の相性も考慮したうえで、商品を作っているので納得がいく結果となります。

 

ただここでポイントになるのは、柔軟剤の香りにこだわりたい方は、洗濯洗剤は、洗浄力が高くて匂い汚れもしっかり落としてくれる“無香料”の物が選ばれている事だと思います。

汚れ(匂い)をしっかり落とすことで事と無香料である事から、柔軟剤の香りを効果的に持続させることができるのです。

 

また、仕上がりのふわふわ感や肌触りにこだわり、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類に使用する方は、3位に上がっているような、仕上がり(肌触り)や成分を重視した洗濯洗剤を選び、肌にやさしい柔軟剤を組み合わせて使用するのがお勧めです。

 

【洗濯洗剤と柔軟剤の使い方】

何気なくほぼ毎日洗濯を行っていますが、正しく洗濯洗剤と柔軟剤を使用する事で、その効果を発揮することができます。

組み合わせの効果があまり感じられないという方も、使い方を変えることで、効果が発揮されることがあるかもしれませんので、それを紹介していきたいと思います。

 

*洗濯洗剤と柔軟剤は一緒に入れない。

つい洗濯洗剤と柔軟剤を一緒に入れてしまいがちですが、柔軟剤と洗濯洗剤を同時に入れてしまうと、柔軟剤の効果が発揮されません。

全自動洗濯機の場合、柔軟剤専用の投入口があるので、開始時にそこに柔軟剤を入れておけば、適切なタイミングで使用されます。

また、手で入れる場合は直接衣類にかけず、すすぎの水に溶かすように入れます。直接衣類にかけると、シミの原因になってしまいます。

最近はすすぎが1回で良いという洗濯洗剤も出ていますが、そのような洗剤でも1回のすすぎでは、洗剤成分が若干残ってしまい、柔軟剤の効果が発揮できない事があるようです。よって、すすぎは2回行う事をおすすめします。

 

*洗濯洗剤と柔軟剤は適切な量で使用する

柔軟剤は、規定の量を超えて使用した場合、洗濯物の黒ずみの原因になったり、吸水性が低下したりします。

つまり、柔軟剤自体がその成分による汚れの原因となってしまうのです。

また、洗濯洗剤も規定の量より多く使用しても汚れの落ち方は変わりません。返って、すすぎで洗剤成分が残ってしまい、柔軟剤の効果が発揮できず嫌なにおいの原因になってしまいます。

よって、洗濯洗剤と柔軟剤は容器に表示されている正しい量で使用するのが、最も効果的な使い方です。

 

*洗濯物を入れすぎない

洗濯物を多く入れすぎると、洗濯機が効率的に回らないため、汚れがきちんと落ません。洗濯機の容量より、やや少なめの量で洗濯するのがおすすめです。

正しい洗剤と柔軟剤の使い方を紹介してきましたが、普段何気に行っていることが間違っていたという方もいるのではないでしょうか。

これを参考にして頂き、洗剤や柔軟剤の使い方や洗濯の仕方を見直して、正しく行っていく事で、洗剤と柔軟剤の効果を最大に発揮できるようになると思います。

 

まとめ

これまで、洗濯洗剤と柔軟剤の相性がいい組み合わせについてランキングで紹介してきました。

ランキングでも上位にあるように、同じメーカーの同系列の香りで組み合わせた方が、香りがぶつからずお互いの香りを活かすことができるので、そのような組み合わせをしていく事がおすすめです。

柔軟剤の香りにこだわりたい方は、洗濯洗剤を洗浄力が高く、無香料の物にすると一層香りを楽しむことができると思います。

また、あまり洗濯洗剤や柔軟剤の効果を感じられなかった方も、洗濯洗剤や柔軟剤の使用量を守って正しく洗濯を行う事で、その効果が発揮されることがあると思います。

これらを参考にし、自分のお気に入りの洗濯洗剤や柔軟剤を正しく使用して、毎日の洗濯を清々しく行って頂けたらいいと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ