モスバーガーの添加物はヤバい?マクドナルドと比較してどう?

Sponsored Link

突然ですが、皆さんはモスバーガーとマクドナルドはどちらがお好きですか?

 

よく耳にするのが、「モスバーガーの方が高いし、材料も良いものを使っていそう。

とか「マクドナルドはよくニュースになるしあまりよくないイメージ。」などの声が聞こえます。

双方の商品の値段を比較してみても、確かにモスバーガーの方が値段も高いですし、正直美味しさも個人的には、モスバーガーの方が美味しいと思います。

マクドナルドは安くて美味しい所が魅力でもあり、美味しいには美味しいのですが、やはり値段が安い分、使われている添加物の事や原材料の事がとても気になってしまいます。

 

そこで、分かる範囲内ではありますが、双方の商品の添加物等を比較して、どのような違いがあるのかを調べてみましたので、これからモスバーガーやマクドナルドを利用する際には少し思い出してみて下さい。

Sponsored Link

モスバーガーはマクドナルドより良いの?使われている添加物はどうなの?

 

結果論からいえば、やはりマクドナルドよりはモスバーガーの方が比較的安全なファストフードであるようです。

モスバーガーとマクドナルドのバンズパンなどに使用されている添加物の比較をしてみましたが、添加物の数だけを見てみると、両者ともにあまり変わらない数の添加物を使用している事が分かりました。

 

スーパーなどで普段購入しているような比較的安価な食パンや既製品、お菓子、その他の食品の原材料欄によく見られる、“乳化剤、イーストフード、ビタミンC、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、香料、加工でんぷん、酸味料”などの添加物が両者の商品に使われていることが分かりました。

そしてモスバーガーとマクドナルドのバンズパンには両者ともに食品添加物である“ショートニング”が使われていました。

 

ショートニングはクッキーやパンなどによく使われていて、「サクサク、ポロポロ」にしてくれる働きを持つトランス脂肪酸ですが、大量長期摂取により心臓疾患になる確率が高くなるとも言われている食品添加物です。

日本では規制はされていませんが、海外ではトランス脂肪酸の大量摂取を防ぐために規制が設けられている所もあるほどです。

 

また、モスバーガーには使われていなくてマクドナルドには使われている食品添加物がありました。

 

それは、保存料とリン酸塩と着色料です。

マクドナルドのバンズパンやビーフパティ・ポテトが三年放置してもほぼカビが生えないと報告している方もいるほどですので、このマクドナルドが使用している保存料の威力はとても大きいものであることが分かります。

そもそもマクドナルドはビーフ100%のビーフパティを作っていると言っているのに、三年たっても腐っていないなんてビーフ100%では無いことが明らかとなってしまいます。

 

やはり、ファストフードや加工食品には自分たちには分からない、何らかの食品添加物が含まれていると思っていた方が良いと思います。

食品添加物は100%危険なものという訳ではありませんが、毎日毎食のように加工食品や既製品、ファストフードを食している方は知らず知らずのうちに様々な食品添加物を大量長期摂取していることになるため、生活習慣病や肥満、心疾患、動脈硬化等の病気の原因となってしまうこともあり得てしまいます。

 

ファストフードにとっては食品添加物は無くてはならない存在かもしれません。

やはり、低コストで美味しい商品を多くの人に愛されるためには、食品添加物を上手く取り入れ、削れる所は削り、低コストかつ美味な商品を売るしかないのです。

食品添加物に頼らない場合は各家庭での手作り料理と一緒の事なので、消費期限・賞味期限も限られますし、同じ味を家庭で再現しようと思っても、やはり食品添加物の力にはなかなか勝てません。

 

モスバーガーに多い食品添加物である「~エキス」が含まれれば含まれるほど、たくさんの旨味を感じる事が出来ます。

添加物の「~エキス」を使用しないとなると、あの味を作る事はほぼ不可能となってしまいます。

それなのでモスバーガーはマクドナルドとは異なり、保存料や着色料、リン酸塩といった危険な添加物というほど、ヤバい添加物は含まれていませんので、頻繁に食すわけではないのなら何も問題はないと思われます。

 

マクドナルドの商品に使用されている食品添加物では保存料とリン酸塩と着色料が発がん性があるなどの危険な食品添加物ですので、マクドナルドとモスバーガーで迷った際には、値段は上がりますが、体の事を考えてモスバーガーの商品を購入してほしいと思います。

 

まとめ

モスバーガーの商品はマクドナルドの商品に比べて、比較的安全であり、品質管理も整っていて、良いファストフードであると思います。

モスバーガーの商品で使用されている食品添加物はほとんどが旨味を表現するものと、低コストにするためのものが多いと感じました。

食品添加物は意味があって使用されているのですが、消費者の信頼と安心を得てもらうためには、それぞれの食品添加物を使用する理由を添えて明記されてあるとより信頼できる商品となりますよね。

基本的には、外食産業は成分表示が免除されている為、本当に使用されている物は全くもって分からない事が現状なのですが、消費者の立場に立って商品・料理が作られている良心的なお店を見抜くことが、危険な食品添加物の摂取を減らしてくれるのではないかと感じます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ