マイナンバーで副業がばれる理由!抜け道対策や拒否の罰則はある?

Sponsored Link

2016年1月1日から、「マイナンバー制度」が始まりますね。

FXや株で収入がある方、アフィリエイトなどのインターネットビジネスを利用していて収入がある方、その他の様々な副業で本業とは別に収入を得ているOLさんやサラリーマンにとっては、「副業がばれたらどうしよう!?」と、毎日胸を騒がす不安の種ともなっているようです。

このマイナンバー制度は、国が税金や社会保障、災害時の対策として行政手続きを円滑にまわしたいという目的のため作られたものです。

 

給料を支払う会社側法人は、給与所得者全員のマイナンバーを知って管理し、それを、しっかり源泉徴収票に記載して税務署に届けなければなりません。

今回はこのマイナンバー制度で副業がバレる理由と抜け道対策・拒否した際の罰則に関してまとめてみました!

Sponsored Link

マイナンバーで副業がばれる理由とは?

マイナンバー制度導入で『副業がばれる!ばれる!』と世間では囁かれていますが、ではどうして、これまで副業をしてもその収入がばれなかったのでしょうか。

 

まず一つ目は、そもそも確定申告をしない人が圧倒的に多いからです。

本業で税金を払っているのだから、副業分まで課税されたくない!と思う方がほとんどでしょう。

 

二つ目は確定申告をしている場合ですが、これは住民税徴収の仕組みによるものです。会社から自動的に天引きされる特別徴収を選ぶか、自分で納付する普通徴収を選ぶかによって、副業収入の存在がばれるのかばれないのかは変わってきます。確定申告をする時に、「普通徴収を希望する」の○をつけると、本業の会社には副業収入がばれることはありません。

 

しかしマイナンバー制度が始まると、副業がばれてしまうケースが少なからず出てくる可能性はあります。

 

では、副業がばれる理由をみてみます。

 

給与を支払う会社側は必ず一人一人の従業員のマイナンバーを控えて、税務署に申告しなければなりません。

ということは、副業分の給与を支払っている会社もマイナンバーと金額をともに、税務署に提出することになります。

この時に、税務署は、マイナンバーを照会すれば「○○さんは、二つの会社から収入を得ている。しかし、副業分の収入に対して税金計算がされていない」という事実を汁ことになるわけです。

ですから、本業の会社に副業収入の存在がばれなくても、税務署にはばれる可能性が高くなるということです。

これがマイナンバー制度導入で副業がばれてしまう理由なんです。

 

今、副業で稼いでいてばれたくないから『抜け道対策はないのか?』『マイナンバーを拒否したら罰則はあるのか?』

と思う方もいらっしゃると思うので次はそれに関して見ていきますね。

 

抜け道や対策は?マイナンバー拒否の罰則はあるのか?

 

副業で得た収入を税務署にばれないようにする方法や対策としては、そもそも副業の会社が支払い調書や源泉徴収票を提出しないケースや、年間の収入が50万円以下の場合は、ばれない可能性は高いです。

しかし、自分が自主的に行う抜け道対策や方法は、今のところないようです。

 

マイナンバーを会社に教えたくない場合は、拒否してもいいようです。

現在のところは罰則など特にありません。しかし、それでは、給与を支払う側の会社側が困ることは間違いありませんから、そのうちにマイナンバーを教えないという人に対してそれを罰していく法律もできるだろうという案は浮上してくる可能性は非常にあります。

なので現在のところこれといった抜け道対策はまだないようなのですが、会社にマイナンバーを教えないというある種の抜け道対策はできます。

でも明らかに拒否し続けたら会社から怪しい目で見られるでしょうし、そこはなんとも言えないところですね。

 

まとめ

副業での収入がある人は、「自分から言わなければ、副業のお金はばれないだろう」と思っていた方も多いことでしょう。

しかし今までも、特別徴収か普通徴収かという徴収のやり方によって、ばれるかばれないかが分かれていただけであって、副業であっても市町村や税務署はしっかりと金額を把握していることも多かったのです。

一番いいのは、本業分も副収入分もしっかりと確定申告をして、しっかりと税金を納めることです。

それをどうしてもしたくない!という方は、給与をくれる会社に迷惑をかけることになるので、どちらを選ぶかは、自分次第ということになりますね。

マイナンバー制度が始まって、しばらくは混乱するかもしれませんが、時間が経って落ち着いた頃に税務署から連絡が来た!なんてことにならないようにしたいですね。

今回はマイナンバー制度の導入にあたり、『会社に副業がばれるのか?』そして『抜け道対策やマイナンバー拒否の際の罰則』についてまとめてみました!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ