年末年始の天気20152016の東京・大阪は?沖縄や北海道も!

Sponsored Link

年末年始にかけて仕事納めや正月の準備、また冬休みの旅行など色々計画することがありますよね。

年末年始はお盆と同じく、大型連休になるのでアウトドアに出かける方もかなり多いと思います。

国内・海外問わず、年末年始の旅行バブルは毎年あるので、行かれる方は結構大変ですよね。

 

準備はもちろんのことなのですが、やっぱり一番気になってしまうのが『天気予報』ですよね!

『今年の年末年始休暇は結構あるし、旅行に行こうか!!』

↓(当日になると…)

『え、大雨…アウトドアできない』

みたいにせっかく楽しい予定を立てても、天気によってすべて台無しにされることってしばしばありますよね。

 

『予め天気が分かっていれば…』と公開する前に。ある程度の天気予報を事前にしっておけば損することはないですよね!

なので今回は『年末年始の天気予報(東京・大阪・北海道・沖縄)』についてまとめてみました!

Sponsored Link

ますは例年の各地の天気予報を知っておこう!

あくまで『天気』は自然に委ねられるので、確実に『晴れ』とか『雨』とは言い切れません。

ですので、例年の各地(東京・大阪・北海道・沖縄)の天気データをまとめてみました。

『末年始(2015-2016)の天気は全国各地晴れですよ!!』

って天気予報で言っていたとしても平気で雨になったりしますからね(汗)

今回は昨年2014年の年末〜2015年の年始(12/29~1/3)の天気を振り返ってみます。

 

□東京の過去の年末年始の天気はどんな感じ?

東京3 東京4

東京5

東京6 7 8

 

東京の年末年始20142015の天気は29日は雨でしたが、30日〜3日までは天気がよく、非常に過ごしやすい年末年始だったようですね。

気温差に関しては年末と年始ではかなり激しく、年末の12℃から年始は一気に冷え込み10℃を割っているので、防寒対策は必要となるでしょう。

 

□大阪の過去の年末年始の天気はどんな感じ?

1 2 3 4 5 最後

大阪も東京と同じく、年末に少し、天気が悪くなっていましたね。

しかし年始の天気も同じで、三ヶ日は晴れということで過ごしやすい休暇になったようです。

また年末と年始の気温差は東京以上に激しく、31日が13℃に対して1日が5℃と半分以下にまで気温が下がっています。

年末に少し暖かいと思っても元旦に一気に寒波が押し寄せてくるので要注意ですね、

 

□沖縄の過去の年末年始の天気はどんな感じ?

1 2 3 4 6 最後

年末年始の沖縄の天気はよくもなく、わるくもないという具合でした。

年末は東京・大阪と違い晴れの火が多かったのですが、逆に年始は雲り空。

雨は降らなかったものの、曇りの日が続きどんよりとした年始でした。

 

□北海道の過去の年末年始の天気はどんな感じ?

12345
6

北海道(道央)の昨年の年末年始の天気は寒波の一週間でした。

年末に爆弾低気圧が発生し、気温も例年よりもずっと低くなりましたね。

飛行機の遅延などの交通災害まで発生し、大変な騒ぎになっていました。

 

年末年始20152016の天気は?

>>>2015年末の東京の天気はどうなる?

2015年12月27日〜31日までの東京の天気予報をまとめていきます。

 

26日まで平均気温が11℃以上あったにもかかわらず、27日を境に一気に冷え込みます。

27日の最高気温は5℃

28日〜31日で少し上がりますが7℃〜9℃の間になるので、27日からは完全に寒波が訪れるので防寒対策はしっかりしてください。

特に31日の大晦日は初詣に行かれる方が多いと思いますので、風を引かないようにマフラーやニット帽などで暖かくしてくださいね。

 

さて年末の天気ですが、27日以降は幸いに晴れ模様になるでしょう。

時折、曇ったりしますが、天気が崩れる予報はまだ出ていないので、安心してお出かけください。

 

2016年1月1日〜3日の天気予報を見ていきましょう!

元旦から3日間は少しだけ気温は上がり最高11℃くらいまで戻る予報です。

といっても寒波はありますから、防寒は必須です。

降水確率も1日は0%、2日、3日は3%と晴れの予報が出ていますので、縁起のいい年始になりそうです。

 

>>>2015年末の大阪の天気はどうなる?

2015年12月27日〜31日までの大阪の天気予報をまとめていきます。

 

大阪も東京同様に27日に一気に冷え込みます。

5℃まで落ちて、完全に冬モードか!?と思われますが、28日〜31日はまた10℃まで回復するようです。

天気の方は30日まで比較的良く、降水確率も平均6%くらいなのですが、残念ながら31日は56%と雨の予報が出ています。

 

せっかくの大晦日なのに初詣に行かれる方にとっては最悪ですよね。

できれば夕方までには雨が上がることを祈ります。

 

2016年の年始の天気予報はというと

元旦は大晦日の影響で雨の可能性が大です(降水確率55%)

東京では晴れでいいスタートを切れそうなのですが、関西では難しいかもしれませんね。

しかし2日は曇りですが雨は上がるようで、3日はおおむね晴れと出ています。

 

 

>>>年末年始の沖縄(那覇)の天気予報もチェック!!

 

年末の沖縄の天気は比較的雨が続きそうです。

27日は晴れなのですが28日〜30日は平均降水確率も60%以上で雨の予報です。

しかし、31日の大晦日はうってかわって回復し、晴れのち曇りの予報が出ています。

元旦まで好天は続きますが、2日3日とまた天気は崩れる模様で、降水確率も50%なので、1日雨かもしれませんね。

 

>>>年末年始の北海道(札幌)の天気予報もチェック!!

27日〜31日までの平均気温は−3℃で降水確率も50%以上の予報です。

吹雪はないようですが、氷結雨や霧氷の可能性もあるので、旅行なので行かれる方は気をつけてくださいね。

年始の三が日の気温はまとまって−1℃、元旦と3日は降水確立が平均60%ですが、2日は2%なので外出に適しているのは2日ですね。

 

元旦と3日はにわか雪程度だそうなので、全然外出できない訳ではないので安心してください。

 

まとめ

偏ってはいますが2015年の年末〜2016年の年始の天気予報をまとめてみました!

年末年始は国内旅行者も多くなるますし、地方によって全然天気予報が異なるので、予めチェックして予定を立ててくださいね!!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ