添加物の少ないお菓子のおすすめランキング!子育てに大事!

Sponsored Link

大切なお子さんを持つ親御さんは、子どもが食すものは気を遣ってなるべく良いものを与えたいと思う方が多いと思います。

私自身も2歳と0歳の子どもがいますが、食べるものにはなるべく添加物がないものを選んでいます。

普段の食事は家庭料理が多いと思うので、食事の面ではあまり添加物の多い少ないを考える事は無いと思いますが、購入するお菓子を食すとなると沢山の食品添加物であふれかえっています。

 

カロリーや味の濃い薄い、月齢に合っているお菓子かどうかだけではなく、小さいうちから日々食べるお菓子もなるべく素材の味で出来たものを親子で食べていけたら体にとっても、味覚の発達にとっても絶対に良いと思います。

子育ては時間に追われ日々大変な毎日ですが、売られているお菓子で添加物の少ないお菓子を見極められるように、添加物の少ないお菓子のおすすめランキングを作ったので、是非、日々食べるお菓子の選択肢の参考にしてみて下さい。

Sponsored Link

 これだけでも素敵な子育てに!?これがおすすめ!添加物の少ないお菓子ランキング!

 

赤ちゃん用・子ども向け用のお菓子は沢山売られていて、子ども用に作られているので安心と思い、原材料も見る事無くそのお菓子を与えている方も少なくないと思います。

しかし、そこが落とし穴。

よく周りの子も食べていてよくお店でも目にする赤ちゃん向けの商品でも危険添加物のショートニングなどが含まれているお菓子が多いです。

また、マンナや動物ビスケット、ビスコにもショートニングは含まれています。

絶対に食べてはいけないとは言いませんが、頻繁には食べない方が体にとって良いと思います。

ショートニングや赤色何号などの着色料、ソルビン酸Kなどの保存料、ソルビトールやスクラロースといった甘味料が含まれていなくて、必要素材で出来ているお菓子がランキング内で上位に登場します。

 

第6位 小魚アーモンド

よく給食で出た事があると思います。カルシウムも摂れ、甘さもあり、食べごたえもあるので、健康的なおやつになると思います。

 

第5位 ベジップス(さつまいもとかぼちゃ・さといも にんじん ごぼう)

ポテトチップスが大好きな方には特におすすめのフライ菓子です。原材料はさつまいもなどの野菜と植物油だけです。普通のポテトチップスには多くの添加物が入っていますが、家で作ったのと同じように食材と油しか使っていないお菓子でかつ皆が好きなフライ菓子なのでおすすめです。

 

第4位 アンパンマンのお菓子

みんな大好きアンパンマン。

ですので、安心感がありますが、すべてのアンパンマン商品が食品添加物ゼロというわけではありません。

ショートニングやマーガリンが含まれていなくても、甘味料のスクラロースや乳化剤が入っていたりします。

それでもアンパンマンの商品ですので、添加物の少ないお菓子が多いとはいえると思います。

アンパンマンのお菓子の中で無添加商品としておすすめお菓子はベビーせんべいです。

 

第3位 たまごボーロ

これはアレルギーさえなければ皆に人気かつ子育て中のママには定番のお菓子ですね。

色々な種類の卵ボーロが出回っていますが、必要最低限の原材料は馬鈴薯澱粉(片栗粉)・砂糖・卵黄のみです。

原材料名の欄にカタカナ表記の物があったら大体が食品添加物名なのでこの三つの食材以外にいくつもの材料が明記されてある場合は避けた方が良いと思います。

しまじろうの卵ボーロと野菜ボーロは無添加でおすすめです。

 

第2位 亀田製菓のハイハイン

これはほとんどのお子様が食べたことがあるお菓子ではないでしょうか。

7大アレルギー物質は使わず、国産米100%、国産野菜100%の優しいお菓子です。

適齢期も7か月頃からと離乳食期のお子様から食べる事が出来、親御さんにとっても安心のお菓子です。

 

第1位 キューピーのベビーお菓子

添加物の少ないお菓子のおすすめランキング1位を誇るのは、キューピーのベビーフードのお菓子です。

キューピーのお菓子は必要最低原材料で作られている商品ばかりで、とても安心して食べられます。

ベビーから大人まで美味しく頂けるお菓子ばかりです。

どうしても他のお菓子と比べるとお値段は上がりますがその分安心度は100%です。また、お菓子の種類もいくつかあり、味も楽しめます。

 

まとめ

 

ランキング内に登場していないお菓子でも添加物の少ないお菓子はまだまだあると思います。

やはり、大人でも気になる食品添加物は小さなお子様には尚更与えたくはありませんよね。

食品添加物は味覚の発達にも大きく影響を与えるものでもあります。

 

しかし、子育てで忙しい毎日なのに無添加で安心だからと言って手作りお菓子を作り続けるのは大変です。

それに売っているお菓子だって食べたいですし、持ち歩きも出来、親御さんにとっても売られているお菓子は有難い存在となりますよね。

食べない方が良い・摂取する必要のない食品添加物を見極め、不必要で危険な食品添加物は極力避けるようにし、体にも優しいお菓子を選び、家族皆で楽しくお菓子を楽しめたら最高ですね。

良い子育ては良いお菓子選びからと言っても過言ではありません。子供たち自身が小さいうちから良いものを選べる力を培っていく事にもつながるので、是非今回のランキングを参考にお子様に与えるお菓子選択の参考にしてもらえると嬉しいです。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ